人生の日の出Ⅱ「りんくう校」編

「すべては、こどもたちのために!」
我々の行動理念です。みんなの夢を実現させたいという思いです!

入歯が合わん!・・・

2012-03-30 01:23:54 | 日記・エッセイ・コラム

 入歯が合わないようです。・・・

口内炎のように一部なっていて痛いんです~。・・・

次回の歯医者検診で看て貰います。・・・何しろ上はともかく、下は20年間何も無かったわけですから、別になくても良い訳で、さすがに上は大きく空いてますから昨日も話しましたが、色々と問題があります。明日は、上だけつける事にします。下は看て貰ってからにします~。・・・

なんだかね~・・・色々不自由ですな~。・・・

ところで今日も親御さんからお手紙が・・・

「家庭での勉強法をアドバイスして下さい!全然不十分です!」・・・

どうやら、家で何もしていない様子。・・・我らの指導方法や宿題が少ない事に不安を抱いているようです。・・・

要は、家でもガリガリ勉強し始めてほしいようです。・・・

だから、返信しました。・・・

「段階を踏んで行かないと、いきなり入試問題をこなしても出来る訳がありません。まずは、新3年生の予習を行いますので、随時家庭学習も増えて来ます。夏までをめどに3年生を終わらせて、その後は総復習、偏差値50の問題から60、70と上げて行き、過去問をこなして貰います。出来ない所は復習、更に応用問題、難解問題、とこなして貰い何回か模試試験も行い、自分のレベルを知って貰います。その間、学校の定期テストの対策も行いますので、ゆっくりできるのは今だけです。・・・」と、こんな感じです。・・・

どうやら、親御さんが焦って心配している訳です。・・・

前に聞いた事がありますが、高校を合格した生徒にアンケートを行った結果。・・・

3年間で、一番つらかったのは何ですか?・・・に対して、答えが一番多かったのが・・・

「親がうるさい!」・・・「計画を立てているのに、口を開けば勉強、勉強とうるさい!」・・・「今やろうとしてたのに~その言葉で一気にテンション下がった~」・・・などなど・・・

本人たちも、追い詰められてキリキリしてるんですな~。・・・

このままではいけませんので、お母ん対策を講じます。・・・

みなさん本当に心配なんですね~。・・・本人たちはどこ吹く風ですがね。・・・

さて!今日はこの辺で・・・

明日に、期待!・・・

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日から入歯?・・・ | トップ | 31日。春休み前半終了!・・・ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして。娘が4月から中学生になります。 (のんのん)
2012-03-30 17:15:28
少し前の記事から読ませて頂きましたが、娘が補習の塾として
通っていた大手の個別指導塾も色々思い当たることがあり、
営業心見え見えの教室長に「本当に娘のことを考えてくれているのか」と悲しくなることしばしばでした。
私立中学も無事に合格したので、本来なら大学受験まで面倒をみるという塾でしたが、考えた末に退塾しました。
退塾前の最後の数週間に中学準備で、英語をやりましたが、習ってない英単語ばかり並べたテストを教室長が作って毎回娘にやらせたり・・・と、急に豹変してしまい私にとっても娘にとっても一番嫌な終わり方になってしまいました。

今まで公文の先生もお習字の先生も一言「がんばってよ」と最後に一言言って送り出してくださったのに、大手の塾ってこんなものなのかな・・・と少々気落ちしております。

のんのん様、コメントありがとうございます! (いちゆう)
2012-03-31 00:17:39
大手の塾は、ほとんどが直営ではなく、雇われ教室長が多いそうです。他の公文や学研などでは、オーナーが自腹でやってます。大手の中にも自腹をきって、「大手」の看板を出している方もいますが、なかなか大手の看板は出せません。運転資金に2000万以上かかるんです。しかも、御月謝がべらぼうに高額。これじゃ一体何のためにやっているのか疑問ですよね。おっしゃる通り、私利私欲だけに思えます。それでも、成績の良い一部の子供には良いようです。けど、本当に塾を必要としているのは、トップ20%の子供ではなく、その他の80%の子供たちですよね。行きたくても行けない。行かせられない。
我々の合言葉は、「すべては、子供たちの為に!」です。これは、イオングループの合言葉を真似ました~。
子供たちの将来を真剣に考えて、今何が必要かをいつも考えるようにしています。真の個別指導とはこういう事だと思います。
こんな事を知ったのも教室を立ち上げようと思ってからです。
何しろ、去年の今頃は、必死で「就活」してたのですから・・・
ではまたコメントお待ちしております。
                  いちゆう

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事