日々好日・・いちよう

仕事のあいまに・ちょっと一息

親子三人「靭猿」

2016-12-06 | 趣味・遊び
日曜日の夕方、国立能楽堂へ行った。



5時近くの能楽堂はヒッソリと沈んでいた。

2年生の親子三人で出演する「靭猿」(うつぼざる)
見やすい正面席に陣取って前の演目から拝見する。



父親が太郎冠者 母親が猿使い、二年生がお猿、主人が狂言のお友達
そもそも、狂言が趣味の人が居るなんて知らなかったが
二年生と知り合ってからお呼ばれされるようになった。

猿使いの猿を取り上げて矢の入れ物(靭)にしようとする
無理難題をお猿の無垢な仕草にほだされあきらめる主人
お猿と主人の舞いに合わせて入るプロの「謡」
一気に目出たい気分になる。

最後は猿使いがお猿をおんぶして去って行く。

仲の良い家族と、家族揃っての趣味
何時も感心しているが
その姿が具現されたかのような「靭猿」(wiki)
一緒に悲しみ、一緒に嬉しくなった狂言の夜でした。
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とんだ失策 | トップ | コンビニおでん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

趣味・遊び」カテゴリの最新記事