日々好日・・いちよう

仕事のあいまに・ちょっと一息

ポンピドゥー・センター傑作展

2016-09-19 | 趣味・遊び
土曜日に行って来た都美術館の「ポンピドゥー・センター傑作展」



行く前に友人を誘ったら
「ポンピドゥー・センターには行ったことがあるし
 現代アートは興味が無いし、・・」断られた。

しかし、友人が行ったのは40年以上前の事
当時は現代アートだったのが、今では古典(?)

斬新な空間構成で話題の通り素敵な色使い。
弧を描く壁面の色が印象的だったが
往復の人の流れを作るのに係員の声かけがされていた。

1916年から1年に一作品が展示され
絵の横に作者のコメントがあったのがとても良かった。

例えばレイモン・デュシャン=ヴィヨン(1914年)の
「動くものを動かなくするかわりに、動かないものを動かす
 これが彫刻の真の目的である」
「馬」の彫刻だったが、凡人には馬と見るのは難しかった!

高校生の頃一世を風靡していたシャガール(1917年)は
「私を空想的だと言わないで、私はレアリストです」
甘ったるい絵が嫌いだったけれど、
作品「ワイングラスを掲げる2人の肖像」は長年の思いを払拭させてくれた。

あのコルビジェの作品(1922年)
「建物と機械は・・・
 そこには数学的な秩序があるからだ」

1945年の作品は無く、白い壁からピアフの歌が聞こえてきていた。

いつになく熱心に(一文を)見て回り
出口のミュージアムショップでお買い物



手荷物入れのトートバック
各ページに作品が印刷されている一筆箋
絵葉書はシャガールとフロイントリッヒ

かなりの作品が古典となり、現代アートも健在なポンピドー傑作展
土曜日の午後にもかかわらず、混みすぎず見られて良かった。

22日まで
(一文が間違っていたらゴメンなさい)
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都美術館 | トップ | 最先端銀座界隈 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

趣味・遊び」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。