日々好日・・いちよう

仕事のあいまに・ちょっと一息

谷中の家の不思議な体験

2017-02-27 | 趣味・遊び
昨日は女性グループの例会があった。

会場は谷中商店街と西日暮里駅の間の路地裏
谷中の家、築50年超の家を改築した住まい兼ギャラリー

    

ガルバリュームのサイディングと木製格子に覆われた家
住まい手は辰野金吾さんのお孫さんが改築設計をしてくれたと嬉しそう。
谷中の家 の1階の中央にテーブルを並べて



まずは会食



近所のお弁当屋さんから取り寄せた彩り豊かな折詰め
「これはなに?」などと言いあいながら、美味しく完食

お腹が落ち着いた所でDVDによる映画鑑賞
松井久子監督作品「不思議なクニの憲法」
会員と映画目的の方々の総勢20名超
いつになく盛況です。

途中から松井久子監督がお出でになり
映画の説明と質疑応答が行なわれたが
後日に記する事として・・

松井久子監督作品は3年前に銀座で見た映画「レオニー」イサム・ノグチの母だった事を知りビックリ

外でウロウロしていると例会幹事さんと監督さんと一緒に帰る事になり
ヒョンなきっかけで名刺交換をし、
友人の提案で谷中商店街を目指し歩く事になった。

映画監督さんと連れ立って歩くなんて我ながらビックリだが
松井さんは私たちと同年代、違和感なく普通に会話をしながらブラブラ・・
途中幾つかの店に立ち寄り、
幾つかのお店で一緒にお買い物
(お肉屋さんで牛肉、パン屋さんでパンを購入)
監督さんの日常生活を垣間見た気がした。

帰り着いて、現場監督ならぬ映画監督さんとショッピングをしたんだ
それも感動的な「レーニー」の監督さん!
改めて心震える思いでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

刻々と変わる新宿

2017-02-25 | 趣味・遊び
昨日は地下鉄西新宿駅より都庁前を通り甲州街道まで行った。

都庁の前の歩道の花壇に嬉しい花が



マンサク、マンズ咲くと春一番の花だが
近くでは紅梅白梅が満開だった。

夕方、ドトールで一休み
ドトールの喫煙席は硝子の壁とドアで仕切られていて
今まで入ったカフェよりは一歩先を行っていた。

    
    カボチャケーキ&コーヒー

刻々と暗くなる時間帯
街の色が変わるのが面白くて短い時間でも飽きなかった。
(文庫本のせいでもあるが・・)

時間によっても変貌し、季節に寄っても変わる新宿でもある。
(タイトルは大げさでした)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しいフライパン

2017-02-24 | 生活
フライパンを買い替えた。
元のテフロン加工のフライパンは徐々に劣化して、
焦げがこびりつくようになっていた。



何時かテレビで人気商品とうたっていた。
ツルッと滑り落ちて焦げ付け無し・・らしい

先日鳥モモに小麦粉をまぶし、横でジャガイモのスライスを焼いてみた。
油を敷かずに食品を並べる。

鳥からしみ出す油がジャガイモに焼き色を付け
ほっこり美味しく焼けた。
(写真は忘れました)
汚れも着かず、軽く布で拭くだけで綺麗になった。

1年保証付きだが、来年には焦付!なんて事無く使いたい。

次は餃子で試したいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

保育施設工事急ピッチ

2017-02-23 | 仕事・建物
2月のこの季節、子供を抱えるママ達は大変な思いをしている。
昨年の「保育園落ちた!」騒動は今年も変わらない様子。
「働きたいのにどうしていいか分からない」声を聞いた。

一時募集が終って二次募集の今
近くの元和田堀会舘の工事が急ピッチ



住まいの理事会や総会に長い事利用していたが
昨年は保育施設に造り変えるので使用出来なかった。

一向に工事が始まる様子がなくヤキモキ(勝手に)していたが
今年になって進み出していた。

    
    2月初旬

通りがかりに中を覗くと(写真上)、ボードは張り終え、クロスを貼るだけ
今は外構工事に着手している。
ギリギリ間に合わせるみたい。

周辺は住宅街、お隣や近所のクレームがなかったのだろうか?
理解ある周辺住民に感謝しなくては・・

ダメと諦めていたママは、まさかの合格に
「ホントですか!」と泣いてしまったとか。

悲喜こもごもの保育園事情だが
ママや子ども達に罪はない、
社会状況に早めに対応出来ていない政府や地方自治体
「最優先課題」掛け声だけでなく、
あらゆる手を使って場所の確保、
保育士さんの確保を実現して
嬉し泣きをするママ達をドンドン増やしてもらいたいものだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春野菜

2017-02-22 | 自然・風景
今日は芯から冷える空気
今日明日は久し振りにデスクワーク日

生協から届いた野菜は春



バリバリ固かったキャベツは柔らかそうになって
春菊と伊予柑は旬、トマトは追塾をしなくては・・

ベランダ野菜は洗っておくとピンシャンと立ち上がる



春野菜を食べて、春満喫中??
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊洲界隈

2017-02-22 | 仕事・建物
昨日は豊洲に行って来た。

豊洲は四半世紀前に行ったっきり、
友人は「この辺りには一戸建てはないの」と言っていたっけ



地下鉄の駅周辺は建築ラッシュ
何故か、タワーマンションは視界に二戸づつが目立つ
確かに一戸建ては皆無だ。



お訪ねした先からは運河が目の前
あの豊洲市場予定地は何処?



知り合いが「部屋から市場が見えるの」と言って、写真を見せてくれたが・・
調べて見ると市場予定地はもっと海よりだった。

      

運河には屋形船が繋留されて、夜を待っていたが
出勤(?)なのか何処からか出て来て、何処かへ進んで行った。

その他ゴミ運搬船らしきものやボート
練習中のレガッタがオールを並べてぎこちなく通り過ぎたり
見ていても飽きない運河風景でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高井戸テニスクラブ

2017-02-20 | 自然・風景
今日の午前中は高井戸まで行って来た。

鼻水がタラタラ流れる中(失礼!)
路地を曲がると



幕構造の建物、高井戸○○テニスクラブ
近寄ると
 


横手に回ると

     

井の頭線高井戸駅前の焼却炉の煙突がクッキリ

仕事を終えて帰りは強風の嵐、髪の毛は逆巻き、
風に乗り飛ぶ花粉で、涙と鼻水は止めようもなく悲惨。
駅に着くと空は鈍色、雲行きが怪しい

ヤレヤレな午前の仕事でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和田堀池 改修

2017-02-18 | 自然・風景
先週土曜日、和田堀池まで足を延ばすと



何時も一周する和田堀池にゲート
井の頭公園で実施した外来種の駆除かと思い
工事案内板を見ると、池の改修工事は簡単なものだった。
朽ちかけている池の仕切りの丸杭の取替え工事(たぶん)
和田堀池のも外来種は多い、みどり亀やウシガエルがわんさか生息ている。
池の水を抜くほどの工期はなく、3月中には終えるらしい。



勝手に名付けた「妖精の道」も風情はないけれど
しばらく姿がなかったゴイサギ二羽お休み中
浅いカ所が干上がり、小鳥達が大騒ぎ
干上がった場所の虫をついばんでいた。

建国記念日の祭日も、善福寺川では工事が進められていた。
遠くから聞こえるかすかな音

     

お花見で賑わう和田堀池界隈
今年も入れない場所があることでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野菜がノビノビ

2017-02-17 | 生活
今日は朝から暖かい
窓を開けると障子がガタガタ、春一番か?

ベランダの野菜はプランターからあふれ出し



食べ頃、こんなになるとサラダだけでは食べきれそうもない



茹でておひたしか、具沢山のお味噌汁かにしなくては・・

毎年チェックに現れるヒヨドリのつがい
今年は早々とあきらめてくれて
野菜ものびのび育った。

その分お花は咲ききって散りそうになっている。
あちらよければこちらは、今一・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

池袋 巨大な飾り

2017-02-16 | 仕事・建物
先日、池袋東口の裏通りを歩いていてビックリ!



トラックの荷物を積み降ろしをしている先に巨大な壁飾り

共同住宅と思われるベランダも波打つ飾り
以前建築見学に訪れた建物では?
だが、確信はない。

    

東側はスッキリとしている。(南側に比べて)
(写真のアングルを確かめる暇もなく通り過ぎました)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京都庁

2017-02-15 | 仕事・建物
都庁のトップが変わって、数ヶ月
知事がテレビに出ない日はない。

先日近くを通りかかると



中央広場から明かりが射して、
いえ、広場に日が当たって透けて見えた。

伏魔殿とも言われた都庁、明るい兆しが出ているのだろうか?
週三日出勤の元知事を引きずり出して、豊洲問題を突きつけるらしいが
納得させられる、回答が得られるとも思えない
一日も早い方向性をだす事が求められているのでは?

オリンピック会場にしても、曖昧にしたまま進めたツケが噴き出しているようだ。
元の過ちはキッチリと清算しなければいけないが
待った無しの状況もどうにかせねば・・

今の都知事のテレビ映りは好きではないが、希望の星ではある。

豊島区の友人は「元の選挙区はここなのよ」
自慢げに、親しげに話していたっけ・・

独裁者にならずに頑張って欲しいものだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビックリ!ビックロ

2017-02-14 | 仕事・建物
今日13時、新宿の仕事が無事終えた。

地下道を歩きながらランチの場所を模索
初めて入る讃岐うどんのお店(名前は?)
入口でおうどんの水切りをしているお姉さんに「1番」と注文
横にずれながらトレーを棚に載せて、注文のおうどんを待つ
トッピングしたい物を乗せ(トッピング無し)
横にずれてお金を払う(¥699円、レシートも無し)
お水を注ぎ(自分で)揚げ玉を入れて完了



カウンターですする
おうどんが粉っぽい(?)は、初めだけだったが
野菜はともかく、おうどんは冷凍うどんの方がまし・・

席が空く間もなくお客は詰めかけていたが
何時も行くカウンターカレーの方が良かった!


東口に回り、予約の歌舞伎座のチケットを出力し
紀伊国屋をウロウロ、文庫本3冊と文芸春秋を買い、外に出ると



元三越が「ビックロ」に!
一部に家電以外のお店あったはずだが
改装中なのか白いラッピング状態
ビックリ!です。

デパートは絶滅危惧種?
銀座でしか生息出来ないのかも??
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カメリア

2017-02-13 | 自然・風景
土曜日の公園



乙女椿



侘助?
薮椿?

これから盛になることでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「エゴン・シーレ死と乙女」

2017-02-12 | 趣味・遊び
新聞広告でエゴン・シーレの映画が上映される事を知った。

映画「エゴン・シーレ死と乙女」R15+

エゴン・シーレは世紀末(100年前)の天才画家
ウイーンのクリムトの弟子にして、スペイン風邪で亡くなった早世の画家
20代にクリムトを知りwikiエゴン・シーレを知って好きになった。
自由奔放に生き、その天才性をクリムトに認められ
さあこれから、とうい28才で死んだ。

今では知る人ぞ知る画家と思っていると
映画館は8割もの入り,不思議に思うと水曜日はサービスデイだった。



ヒューマントラストシネマ有楽町は初めて


映画公式サイト

エゴン・シーレの人となりは、
芸術家特有の歪んだ?性格の持ち主と勝手に思っていたし

  

残された写真も自画像も個性がにじみ出ているが

   

エゴンシーレ役の役者さんは育ちの良さそうなハンサムだった。
Cast&Staff

100年前の世紀末の戦争と弾圧は芸術家にとって大変だったが、自由な部分もあった。
今の芸術家は個性を発揮するにはきつい世相
誰かの盗作や真似っこの批判にさらされる。

いつの世も芸術家にとっては大変そう・・

そう言う私も昔の記憶に頼って生きているのかも??
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

花見一番乗り

2017-02-11 | 自然・風景
いそがしかった1週間の終りは祭日

河津桜の開化ニュースにつられて
善福寺川の河津桜を見に出掛けた。

昨年植えられた5〜6本の桜公園
遠目にもピンク色、咲いていました!



早くも敷物を敷いて座るおばさま2人
「お花見ですか?」
「遠くへ行かなくてももここで見られます」
おしゃべりの花も咲かせていました。

だけど、この寒さ花も凍えて咲きっぷりは今一つ



この枝だけは寒さにもめげず、ピンク色

川向こうには、梅



いい香りに思わず一言
「う〜〜ん、幸せ」

幸せ者は私だけでなく、ウグイスが3羽
ピョンピョン枝から枝へ
コンパクトカメラでは捉えきれない幸せ指数(?)

    

空だって嬉しそう・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加