日々好日・・いちよう

仕事のあいまに・ちょっと一息

垣根涼介著「光秀の定理」

2017-01-20 | 読書
年末から今年に掛けて読んだ一冊

垣根涼介著「光秀の定理」角川文庫刊



好きな作家の一人垣根涼介の時代物
どちらかと言えば時代小説は積極的には読む方ではないが
あのギャング少年や「君たちに明日は無い」の若者の著書が多い作家が
本能寺の変の謎をどう捉えるか? 興味があった。

読み始めて驚いた。
室町時代と安土桃山時代の狭間の京が荒れに荒れていた時代
相国寺の近くの辻きりでお金を巻き上げどうにか生きている若い侍
その侍に付きまとう得体の知れぬ坊主・・2人が主人公
坊主は簡単そうに見える賭け事で糊口を凌いでいたが
凄腕の若侍にはまやかしでない賭けの謎が解けない。

とある夜、目を付けた武士が明智光秀
何故か切り合いにならず、見逃したお礼に光秀が2人をとある屋敷に招く
そこから、時代が動きだし、光秀の真っ当で生真面目な叡智が絡みあう。

侍と坊主の2人も、暮らしに困らぬほどの居場所を見つけ
光秀の息抜きと発想の源になる。

とあるきっかけから信長の家臣に取り上げられて
出世街道を駆け上る。

見目麗しい若武者だった光秀が、老け込み本能寺の変が起こる。


坊主の賭け事の謎をいち早く溶いたのは光秀の妻
光秀も解き、信長も理解したようだが、
賭けの謎が本題深くに関わり進むが、凄腕の侍同様早々とギブアップした。

時は秀吉に移り、京も安泰となった時代
坊主が引退を(?)決め、田舎に向かう
坊主が繰り広げる謎の推測
そうかも・・思える「光秀の定理』でした。

私も窮屈な世の中は勘弁して欲しい・・

グイグイ引込まれて、読み終えるのが惜しまれる一冊です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平和もいろいろ

2017-01-19 | 仕事・建物
今年始めての新宿西口公園

昨年夏の公園とは違って静か

ポケモンをする人は一人だけで、後は暇そうな若者
大陸からのお客さん、行き場の無い人位だけど
中学の制服の女の子にインタビューされた。
「日本は平和だと思いますか」「はい」
「世界は平和だと思いますか」「いいえ」
それぞれの理由を聞かれたが、
こんな簡単な質問で何を知ろうとしていたのだろうか?

    

新宿西口の高層ビル街
ミルフィーユのように重なっているが
ホテルあり、オフィスあり、学校あり
同じ高層ビルでも中身はいろいろ

平和もいろいろ、不幸もいろいろ、
戦争も色々だが、人や物を壊す事は一緒。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遠慮勝ちな公園の早春

2017-01-18 | 自然・風景
今日は区役所の耐震相談会の半日
寒かった〜〜
最初は良かったが段々と冷え込んで、
マフラーを首に掛け、オーバーコートを着込み
絶えきれずに、自販機のホット紅茶を飲んで凌いだ。

そんな厳寒の今日この頃なのに
公園では



ホトケノザが花をつけていた。
よく見れば葉っぱも花も産毛が生えて、寒さ対策はなされていた。



原っぱ公園は草が枯れずに、遠慮勝ちな緑の絨毯。

吹雪に見舞われている地域には申し訳ない・・が
それでも、ウンと寒いと思う杉並の今日この頃です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上野の冬桜

2017-01-17 | 自然・風景
また風邪を引いてしまった。
昨日は帰るなりお布団に入り、お夕飯後また寝てしまった。
我ながら感心するほどに良く眠れる。

土曜日、上野の都美術館に行って来た。

公園の広場を歩いていると、この冬空にお花の気配(?)
もしや桜では??



近寄ると、やはり桜



大宮八幡で見る10月桜とは違い、染井吉野の系統
札を見ると、冬桜とある

冬に咲く桜もいろんな種類があるようだ。

ちなみに、大宮八幡の10月桜

   

花弁が長くてより可憐


お施主さんの展覧会の絵はいつ見ても素敵
特徴あるブルーが冴えていた。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大宮八幡

2017-01-16 | 趣味・遊び
ようやくの事で昨日大宮八幡に初詣に行けた。





元日の行列は嘘のよう、ほんの少し待ってお詣りが出来た。

15日どんど焼きが終って、消防隊の人達が消火作業をしていた。



最後に消防隊の人が長靴にお水を掛けて、終了
お札の並ぶ脇に



火付けの道具が並び、ニギニギしく着火された様子。
(来年は見たい)

境内の鳥小屋を覗くと



頭の位置が分からないほど丸まって
目出たい鳥の勇姿は見られない。

引いたお神籤は「大吉」
いい事があって欲しいものだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

威圧感

2017-01-14 | 仕事・建物
昨日は京王線の八幡山まで行って来た。

帰りは夕焼け
高架のホームに上がると、目の前に
低層の周囲とかけ離れたビル



加圧トレーニングの看板が見え
パン屋さんやレストランもある雑居ビル

とすると、見える場所は集合住宅?
最上階はオーナーの住まい?

それにしてもこの威圧感は?
見慣れてしまえば気にならないのかもしれないが・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

常夏のベランダ

2017-01-13 | 生活
このところの晴天続きでベランダは春模様



1年中花を付けるゼラニュームは次々と咲き
年末に買ったラナンキュラスも蕾が一斉に開き
サクラソウも見ほれるほどの可憐さ

師走に種をまいた野菜は



ギッシリと生え揃い、ヒヨドリの野菜畑になりそうだった。
気付いて、無粋な網をかぶせて防御した。
週末には収穫をして隙間を明けねば・・

毎朝起き抜けに常夏のベランダを見るのが楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クレーンの掃出す雲?

2017-01-12 | 自然・風景
今日は千歳船橋まで行った。

思いがけずに早く終えて、駅に戻ると

    

クレーンの掃出す雲(ではないが)



家に戻れば、夕焼け
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

文庫本買い取り

2017-01-11 | 読書
昨日、たまった本をBookoffに引き取ってもらった。



年末にようやく本棚の整理をして、



書棚は少しだけスッキリとした。

引き上げて行って後から精算に行くと
87冊 ¥2,275円也

以前と違って1冊ごとの価格が打ち込まれたレシートを貰った。
ズラズラと87冊分

高額ベスト4
港かなえの「山女日記」¥150-
池井戸潤「七つの会議」¥130-
村上春樹「女のいない男たち」¥100-
池井戸潤「かばん屋の相続」¥100-

残りは80円から5円まで様々
売れ筋ごとに価格設定されているのだろうが
売れっ子作家の東野圭吾や以前愛読していた堂場瞬一(今では売れっ子)も
容赦なく10円!

ある意味、本を読んでいるより面白い
作家自慢の一冊だろうに
心がちくりとしながらも目が離せなくなるレシートです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

残念なランチ

2017-01-10 | つぶやき
連休中お墓参りに出掛けた。
母が亡くなって満16年になった。

雨の予報が降らずに済んで、立川で会食
何回か行って好評だった中華のお店

隣りの姉と同じ定食膳を頼んだのに、
メインのお肉が同じ物とは思えない出来栄え。
(ネギばっかり見えた)
同じ物と確かめて「同じにして下さい」と注文を付けた。



戻って来たお膳はお肉が同じになっていて
「両方同じでしたよ」と返された。

良く見るとお肉をひっくり返した後、
お皿の汚れも拭かずに戻って来ていた。
きっと厨房では「マッタクもう・・」と言っていたのだろう。

他が綺麗に出来ているだけに残念!
小龍包と小担々麺を美味しく頂きつつ
「みんな辛いね、コックさんが替わったのかしら」

デザートは



マンゴープリンでなく、マンゴー杏仁、美味しかった。

が、細やかな気遣いの無いお店にはもう行かない!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原田マハ著「太陽の棘」

2017-01-09 | 読書
昨日と今日で読み終えた一冊
原田マハ著「太陽の棘」文春文庫刊



インパクトの強い肖像画と帯の一文
 原田マハにしか書けない。アートと沖縄の物語
 事実をもとにした感動作

敗戦後直ぐに沖縄に赴任した24才の軍人の精神科医エド
アメリカの親にねだって真っ赤なポンティアックを送ってもらった。
那覇基地を出て焦土と化した塀の外に乗り出す。
子どもたちにばらまく為に飴を忍ばせ、
ノー天気に飴を差し出すが、手酷い拒絶にあい狼狽する。

戦後70年の今でも、
沖縄に駐屯していたと親近感を持って話すアメリカ人
苦々しく聞く日本の私たち。
戦後の沖縄はアメリカの植民地そのもの
身内や友人知人を殺され、我が物顔にしたい放題のアメリカ兵
余りにも鈍感だった。

だが、茶色い景色の中に緑の繁る集落では人々は違った。
沖縄出身の画家達が本土から帰って集団で暮らしている芸術家村だった。
芸術を理解する若者達に分け隔てなく接していた。

アメリカ人の精神科医の視点で物語は進むが
うっかりすると、作者がアメリカ人と勘違いして読み進んでしまう
占領されている人よりの視点につい心が弾む
いやいや、「作者は日本人」心で確かめながらページを繰る。

いつしか一緒にスケッチをし、自画像(表紙の絵では無い)にアドバイスを貰い作成する。
基地の内側と占領されている人々の違いをあからさまにしつつ
事件は起こり、エドは本国に強制送還され、
感動的な場面で物語は終る。

巻末の作者の謝辞には、
サンフランシスコの精神科医に会って取材をし
精神科医のコレクションが沖縄に里帰りし、展覧会が開かれた。
(見たかったなあ〜〜)

佐藤優氏の解説にある 山口獏の詩の一節
 梯梧の花の咲かない沖縄
 那覇の港に山原船のない沖縄

梯梧はデイゴだろうし
山原船はヤンバルだろうし
沖縄の言葉を漢字で書かずにカタカナにするのはなぜだろう

沖縄の人が常々感じているだろう他人事の日本
戦後(江戸時代から)ず〜〜と続いている違和感

ますます強まる意識を感じつつ
皆さんに是非ともお勧めしたい一冊です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金沢のきんつば

2017-01-07 | 生活
今日は朝早くから西新宿にいた。

仕事を終えてはるばる(?)東口の伊勢丹まで向かう。
目的は初売りのチラシに載っていた中田屋のきんつば

どちらかと言うと甘い物は苦手
子供の頃の一番の苦手は洋館・間違い、羊羹とお汁粉だった。
大人になってお汁粉も羊羹も食べられる様になったが
遠路はるばる買いに行くようになるとは、我ながらビックリ

以前、嫌いなのにな〜〜と、無理矢理食べさせられて
きんつばの美味しさに目覚めた(おおげさ)

だけどその後ウンと美味しいきんつばには出会えない

それで金沢なら美味しいだろう・・
(楽天のきんつばランキング1位)

伊勢丹の中田屋に直行、買って来ました。



食べてみました。

う〜〜〜ん、美味しいけれど
チョット甘過ぎ?

きんつばの道のりはまだ遠い??
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小さな巨人

2017-01-06 | 趣味・遊び
久能山東照宮

中頃に手形があった。



私の手よりも小さい家康公の手形
38才 本能寺の変の2年前のこと、戦に明け暮れているには、
太り気味、身長155㎝ 体重60㎏
背は私より小さく、体重は私より重い

シゲシゲと見ていると、
通りがかりの人も手を比べて「小さいね」と言う。

小さな人が戦国時代を勝ち抜き
天下統一を果たし、200年もの安泰な世の中の基礎を作った。

    

眠るのは一番奥まった高い場所

境内に溢れる「三つ葉葵」



日本中にお祭りされている東照宮は数限りなくある。

徳川家康は、まさに小さな巨人
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中華の新年会

2017-01-05 | 趣味・遊び
昨日、立川のホテルで新年会

中華の瑞麟



前菜から始まり、えびちり、牛の中華、海鮮炒め ○○
で最後はマンゴープリン



その間おしゃべりの渦
満腹でお店を出た後に気付いた
恒例の集合写真を撮らずに解散してしまった!

それでも、ロビーのコーヒータイムは忘れずに又おしゃべり

全員揃うのは1年先
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久能山東照宮初詣

2017-01-04 | 趣味・遊び
2日のバスツアーの目的は久能山東照宮でした。
日光東照宮の前に建てた東照宮を見たい、予々思っていた。

添乗員さんは「混んでいて待つかもしれません」と言っていたが
ケーブルカーの駐車場に入って「うわ〜〜!想像以上の混雑です!」
ハンドマイクでは「ただ今90分待ちです」

吹きっさらしの高台は行列の波だが、
ケーブルカーの姿は見えず、行列は進みが遅い
ようやく分かった事は、このケーブルカーは下り!
下った先に東照宮があった。



金ぴか!! 極彩色!



家康没後1年の1617年建築の久能山東照宮

狭い山あいに建ち階段状に密集状態



階段の急な事、足を滑らすと怪我程度では済まされない
みんな慎重に足を運ぶ

家康公のお墓は西向き



西向きの神庫は西日にピカリ!
西の極楽浄土好き(??)の家康公にはピッタリなロケーション



一足違いで日が沈んでいた。

帰りのケーブルも30分待ち
真っ暗な中闇雲に進む(そんな訳は無いが)ケーブル
ガイドさんの名調子が浮世離れしていたっけ・・

拝殿脇で引いたお神籤は、中吉
今年もつつがなく過ごせるかも・・

往復2時間の行列で、高速は渋滞
東名から中央道に回り新宿着9時半、大変な目に遭いましたが
晴れ渡る中、念願の久能山東照宮に行けて、
まずまずの年の始まりです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加