何か変わったことはないか!                    英米のニュースを追う

学校から「いじめ」をなくそう。英米の「公設民営学校」( 行政も教員組合も限定関与 ) を活用、社会の監視下に !

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-02-12 11:48:16 | 日記、ニュース、いじめ、学校

ニュース、子ども、社会、英米、いじめ ( 2017年2月   [ 1] )

(英)   英国には現在14,890の伝統的公立学校と5,058のアカデミーがある。5,058校のうち4,103校は(伝統校からの)転換校、955校は(外部からの支援を受けている)信託支援校である。成績不良の公立学校は信託支援校として改善の途が開かれなければ閉校となる可能性もあり周辺の成績優秀な伝統公立校が支援したいのだが学校制度上アカデミーの法的位置付けを得ている学校のみしか支援が許されていない。支援禁止が自動的に「お役所仕事」で行われておりそのような政策は撤回されるべきであると地方自治体 (地方教育当局) の有力者が主張。支援が得られない成績不良校は将来の展望を持てないでいるという。

(BBC  2017. 2.9)

 

(米) 51,000人の生徒を抱えるアトランタの学校区で学校が独自に「警察官」を抱える学校警察官制度が始まった。68人を採用。これは司法研究所の資金による実験的試みであるが、市ではこれにより年間560万ドルをかけた警察官の配置が不要になるものの市長は学校安全が低下するのではないかと心配しているという。学校からの通報を受けて生徒の違法行為を社会的処罰に持ち込む通常の警察とは異なり学校警察官は教職員や生徒との日常的ふれあいの中で紛争の仲介やカウンセラーやソーシャルワーーカー的仕事も行う。

 (EDweek  2017. 2.7)

 

(米) 合衆国憲法第一次修正条項は表現の自由など各種人権条項を規定しているが高等学校生徒を対象とした最近の調査で91%という高い割合で支持されていることが判明した。2004年から始まったこの調査では当初の支持は83%でこの12年間で一番高いが、支持は無条件ということではなく、他人を傷つけるようなスピーチは45%、いじめに類するものはさらに低く、またそれがメディアに乗せられる場合にはさらに低くなっている。

(NYT  2017. 2.7)

 

(米)  連邦議会が制定した法律はその制定後60日以内に廃止することが認められているが連邦下院はオバマ政権下で制定された二つの法律の廃止を決定した。教員採用に関するものと学校の教育責任に関するものであるがいずれも連邦権限を超えるという理由に基づく。

(WPost  2017. 2.7)

 

(英)  慈善団体が10才と11才の子ども700人を対象に行った調査によれば、ほぼ三分の二の子どもが常時何かの悩みを抱えているという。家族や友達関係、学業成績についての悩みが最も多いという。

 (BBC  2017. 2.6)

 

(米) 学生奨学金の返済に関してほぼ4人に1人が関わっている大手奨学金サービサーが、連邦の消費者保護庁とワシントン州及びイリノイ州司法当局から、最近、不適正な返済手続きを適用している疑いで裁判所に提訴された。 奨学金返還業務を連邦政府から請け負っている会社は起訴事実を否定しトランプ新政権が消費者保護庁を規制するよう願っているが、一方で、返還が滞って悲惨な生活に追い込まれている者がいることも事実である。

(NYT  2017. 2.7)

 

(英)  アカデミー信託・・・アカデミーを運営する基金・・・・の半数以上・・・53%・・・が年間支出超過であるという政府の議会答弁。1校のアカデミーのみを抱えるアカデミー基金の数は前年比42%の増、複数のアカデミーを抱える 基金数は前年比25%の増であるが、いずれも単年度決算数値であり累積赤字のアカデミの数は全部で4%に 過ぎない、また赤字予算を組むことがないように政府は対応しているという。

 (BBC  2017. 2.1)

 

***************************************************************************

NYT ; ニューヨークタイムズ 、WPost;ワシントン・ポスト 、EDweek  週刊教育(米)、BBC;  BBC放送、TS ;  ロンドンタイムス、 DTel ; デイリーテレグラフ

 日付はニュース記事がWEBサイト等に掲載された日です。

 掲載写真は記事とは関係ありません。

**************************************

本ブログ旧版( 「子どもと親・社会 ; 欧米ニュースを追う ! 」 (2005年12月~20014年9月) ) は次のURLからご覧になれます。

http://blog.goo.ne.jp/itbsitbs/

**************************************

本ブログに退屈された方は下記URL動画をおしみください。

〇モロッコの蛇使い  https://www.youtube.com/watch?v=mekYbAcSbx4

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 特別企画 (2017.1 .22版)= 

=米国・カリフォルニア州のモデル・教職員に対する調査の例=

 いじめ防止対策が成功するためにはいくつかの条件だが、最も重要なことの一つは教職員が一致していじめ防止対策に協力するのかということである。カリフォルニア州では、教職員に次のような質問をし回答を求めるよう例を示している。

 

 ( 下記の質問について「常に」「ほとんど常に」「時々」「全くない」の4つの選択肢から合致するものを選択してください。)

 

<生徒に関して>

1. ほとんどの生徒は一体となって学校生活を送っている

 2.ほとんどの生徒はお互いに尊敬しながら接している

 3ほとんどの生徒は尊敬しながら先生に接している

 4.特別の配慮を必要とする生徒も他の生徒と一体となって学校生活を送っている

 

<教員組織に関して>

5. 私は教職員の一員として受け入れられていると信じている

6.私はこの学校にいて幸福である

7.教員は仲間を尊敬しながら接している

8.行政担当者は教員に尊敬しながら接している

 9.私はこの学校で支援されていると感じる

10.私は他の教員と一緒に食事することが楽しい

11.教職員間でのユーモアは相互の尊敬を失っていない。(他人を貶めるものではない。)

 

<学校共同体に関して>

 12.文化的多様性が校内に存することを人々は受け入れている

 13.性的多様性が校内に存することを人々は受け入れている

14.人種的多様性が校内に存することを人々は受け入れている

15.社会経済的多様性が校内に存することを人々は受け入れている

 

〇 本校での教職員、生徒集団、教職員と生徒集団との関係についてその雰囲気をよりよく知るために助けとなるようなコメントを付してください。もし適当と思われる典型的な例があればそれを記述してください

 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニュース、子ども、社会、英... | トップ | ニュース、子ども、社会、英... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。