市村明日美の。

茨城県東海村のこうやフルート教室の講師、市村明日美の、ちょっと思ったことなどを、ひそかに書いています♪

きのこ。

2017-04-18 23:50:11 | 日々のこと

 今日は、暑くなるでしょう。5月並みとか6月並みとか。熱中症に注意とか。

 でも、普通に、寒かったですねえ。むむむむ。

 しかし、暖かくなっているのも確か。

 実家の庭も、本当に花だらけ。

 

 

  

 いたるところ、いろんな花が咲いて、すごくきれいです。

 植えたのもありますが、勝手にはえているものもたくさんいます。

 スイセンだらけの場所、チューリップだらけの場所、ムスカリだらけの場所、つくしだらけの場所、いろいろです。つくしは困りますが。

 で、昨日ちょっと実家に行ったら、ちょうど母が外にいました。

 庭をぶらぶらうろついていたら、おや?これは…

 

 アミガサタケだ!!

 って、言ってしまってから、なんで私はきのこの名前なんて知っているんだ?本当にこんな名前なのかこれ?と、思って調べましたが、やはり、そんな名前でした。

 母も庭に生えているのを気づいてたらしく、変な形だねえ、と言いつつ見ていました。

 これ、食べられるんですよね。でも、きのこは怖い。

 一昨日はオケラを初めて見ましたが、昨日はアミガサタケを初めて見ました。

 

 そういえば、小さいころ、ノートに自分で作った物語を、絵と一緒に書くのを、作っていたことがあります。小学校の低学年のころです。

 小さな頃なので、文章やストーリーも拙いのですが、何冊かあります。

 先日、謎なものを見つけました。

 

 主人公が、きのこちゃんという女の子です。

 空からキノコが降ってくるという村で、楽しく暮らしているようあのですが、冒頭、いきなり、お母さんがドクササコを誤って食べてしまうという衝撃的なシーンから始まります。

 ドクササコ!!!

 ドクササコって、毒キノコの一種みたいですが、毒キノコ、ではいけなかったのか?

 で、物語はそこで終わっています。(←え?!)

 幼い私、どういう話にしたかったんだろう。そして一体、どうしてドクササコ。

 ドクササコなんて、どんなキノコなのかも分かりません。

 きっと、キノコ図鑑か何か、見たのでしょうね。

 きのこちゃんのお母さん、どうか、無事に助かっていますように。

 あ、続きは私が勝手に書けばいいのか?

 

 友達にこの話をしましたら、

 「なんでドクササコなんだろうねー。それだったらむしろドクツルタケって書くよね」と、首をかしげていました。

 ドクツルタケ?!

 なんだそりゃ!

 友達の反応も、十分おかしい。

 

 キノコって、不思議です。何にもないところにいきなり生えてくる。

 光ったり、毒だったりする。なんで、光ったりするんだろう?毒はどこから来るんだろう?

 

 きのこは毒キノコもたくさんありますから、くれぐれも気を付けましょう。

 そもそも、自分で採ったキノコを食べる気には絶対になりませんが…。

 

 

 さてさて。新年度も始まって落ち着いてきた時期ですかね。吹奏楽のレッスン依頼を、ここ数日でたくさん頂きました!!

 きっと、新入生の生徒さんにも会えるんですね。

 がんばって準備するぞー!!!

 

 今日の回文。

 このキノコ(このきのこ)

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏日?! | トップ | こめ。 »
最近の画像もっと見る