市村明日美の。

茨城県東海村のこうやフルート教室の講師、市村明日美の、ちょっと思ったことなどを、ひそかに書いています♪

こめ。

2017-04-20 23:57:01 | 日々のこと

  実家で飼っていたくーが亡くなってから、5年ほど経ちました。

 くーは生まれた時から全く耳が聞こえない犬でしたが、すごくかわいかったなあ。

 で、実家で、犬が欲しいね、また、くーみたいにかわいい犬が。という話が、しばらく前から出ていました。

 こんな犬がいいね、と、家族全員一致していたのは、雑種!で、大きすぎたり小さすぎたりしない犬。

 そして、このたびご縁がありまして、2週間ほど前、この子が高野家に来てくれました!

 

  かわいいのです!!雑種の女の子です!真っ白は体、左目の周りだけが茶色です。

 

  子犬は大きくなるのが早いですが、本当に、見る見るうちに成長していきます。

 上の写真は、庭で蟻を追跡していることろです。

 お気に入りのイカのぬいぐるみやにんじんをかじったり、庭を転げまわったり。

 

 

 人間もちゃんと個体認識をしているようで、家族や私を見ると、小さいしっぽをぱたぱたぱたぱたして、耳をぺっちゃんこにして喜んでいます。知らない人だと、む?誰だ?という感じ。

 以前飼っていたくーも、同じくらいの大きさでうちに来ましたが、人間を人間として認識していない感じで、家族のことも、しばらくは、空気と同じ扱いでした。この子は、懐くのか?と、心配していましたが、10日くらい経つと、人のところに来て、ぺたん、と、人にもたれかかって座るようになったので、(人に向かって走ってきたりしっぽふったりはまだその後)おや、どうやら、仲良くしてくれているようだ、と、思いました。庭を走っていて夢中になると、前足と後ろ足がうまく連動しないのか、後ろ足が前足を追い越して、そのままごろんごろんと前に転がっていって、あれ?と不思議そうな顔をしていたり、こっちに向かって走ってきては止まれずにそのまま私に衝突するとか(私が内出血するほどの勢いで)、ちょっと離れたところにジャンプすると、距離を間違えるのか、途中でぼとっと落っこちたり、なぜだかお尻から着地したり、ちょっとドジなことをたくさんやらかす子でした。耳が全然聞こえないみたい!と、気づいたのはその後ですが、更に病院で、三半規管もおかしいということも分かり。いろんなおドジの原因はこれか!と思いましたが、本人はきっと、耳が聞こえていないことにも生涯気づくこともなかったようです。

 本当にかわいい犬でした。

 

 新しく来た犬は、「こめ」と、名づけられました。家族も私も、耳が聞こえる犬、っていうものに、なんとなく、まだ慣れなくて、時々、うわ、本当に聞こえてるんだこの子、と、びっくりします。

 こめは庭を走り回るのが大好きで、芝生の上は気持ちがいいのか、芝生の上で匍匐前進したり、エンドレスでころんころん転がっていたり、お花をかじったり。

 彼岸花の葉っぱなどは、ふさふさ茂っているのがうれしいのが、そこでごろごろ暴れるので、すっかりぺっちゃんこになってしまいました。今年は、咲くのかなあ…?

 元気に育ってほしいです!!

 

 今日の回文!!

 「米粉」こめこ。  

 

 そりゃあ単語ですね。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きのこ。 | トップ | レッスンの準備。 »
最近の画像もっと見る