みれいの近郊生活(ITI)

寝不足による思考の鈍りや疲れによる動作の遅れで作業が欠落し正社員どころの話ではない。

動きが遅いことの弊害

2017年05月19日 | 雇用・仕事・生活費
「工場の仕事は誰にでも出来る単純労働」と思っている人もいるか
も知れませんが、わたしが働いている工場では数十秒のあいだにい
くつもの作業を行わなくてはならなくて外国人は1本約2秒でネジ
を締めているのが実情です。

人により身体能力や運動能力や動作に至るまでの思考が違うので、
動きが速い人もいれば遅い人もいるのですが、
動きが遅いと様々な不利な点(ハンディキャップ)があるようです。
▲遅い人が40秒でやっていたのを頑張って30秒で出来るようになっ
 ても、20秒で出来る速い人が見たら
ゆっくり・のんびり・ダラダラ
 とやっているように見える
かも知れません。
▲60分間と40分間の差は仕事の進め方などでいろいろと改善の余地
 がありそうですが、30秒間と20秒間の差を埋めるのには
動作の素
 早さとか速さ
を何とかしないとスピードアップは難しそうです。
▲スピードではなく賃金で調整しようとすると、速い人が時給1000
 円でやっている仕事を遅い人はその3分の2の時給でやるとした
 ら
最低賃金を下回ってしまい雇用契約として成り立たちません。
 これは稼動能力が低くて就労困難な状態です。障害者として就労
 するのなら手はあるのですが…。
▲付加価値の高い仕事やスキルが必要な仕事なら遅くても最低賃金
 や生活保護水準以上の収入が得られそうですが、遅くては量がこ
 なせず
期限(納期や締切)を守れなくて信用を失ってしまうかも知
 れません。
▲遅いのを残業してカバーしようとすれば残業代がかさみますし
 (何で遅い人のほうが高収入!?)、速い人でも1日10時間働くよう
 な繁忙期では遅い人はもっと
長時間労働になってしまいます。
▲動きが遅いと仕事だけが遅れるだけではなく、
 残業・休出の後の
休日を、速い人は楽しく過ごし
 遅い人は日常生活や家事に追われて終わるかも知れません。

動きが遅い人は人生が目減りしてしまうような…。


人気ブログランキングへ
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思うように思い通りに | トップ | NHKスペシャルで発達障害 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL