みれいの近郊生活(ITI)

‘問題を抱えていても出来る仕事’というのは‘非正社員でも出来る仕事’というのが実情。

明日の天気難しそう

2017年06月12日 | 職場に外国人が
中山 裕木子さんの著書『会話もメールも英語は3語で伝わります』
がダイヤモンド社から発売されているようです。
英語では主語+動詞+目的語の3語で伝わるようですが
日本語では主語を省略しても伝わる場合も多いと思います。
主語を省略した上で動詞(述語)や目的語がほぼ同じでも
(わたしは)「トイレに行く。」
(あなたは)「トイレに行く?」
のように使い分ける事も出来ます。

職場の工場で働いている外国人はというと、
外国人が別の国から来た外国人に話そうとする時に
「Can you speak English?」というオーソドックスな英語を使う人
も確かにいます。
が英語の通じにくい日本にやって来るというチャレンジ精神が旺盛
な人も少なくないので
「英語ペラペラ?」とか日本語を使う人もいます。
主語が省略出来ることも習得してきているようで、自分の意思を出
したい時には「ワタシ~」と主語を付けます。

その会話の相手のフィリピンからの実習生は
日本語で知人のことを話していました。
タガログ語(母語)や英語に加えて日本語でも表現出来る!。
それもネジを1本2秒で締めながら。


人気ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自己決定する人格は? | トップ | さくら道を通って »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

職場に外国人が」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL