LINE 2

日本宇田川らんちゅう愛好会に席を置かせてもらいながら、会員の皆さんと一緒に宇田川英雄先生のらんちゅうを守り楽しんでいます

シュリンプ

2017年05月19日 | 金魚雑談
毎年、この時期から2ヶ月ほど湧かし続けるシュリンプ

何10腹も採る人、品評会を目指している人の購入缶数を聞くと正気の沙汰とは思えません。針仔の舟を覗かせてもらうと、底が赤く染まるほどビッシリと。稚魚の成長量や餌の同化率からして、どう考えてもほとんどのシュリンプが無駄に死んでるはず。たくさん放り込みたくなる気持ちは痛いほどわかりますが

我が家では毎年3腹程しか採り(採れ)ませんが、使用量はシュリンプ缶の5分の1くらいでしょうか。1缶あれば何年ももちますし、孵化率も全然気にしていません

下の写真は今年使っているシュリンプ(とエッグ)。サイズは0.5 mmくらいかな



実は今シーズン、ちょっと試していることがあります。下は今年の稚魚。孵化11日目ですが、孵化してからこれまでにシュリンプはスプーンに半分もやっていません。そろそろ小サイズのミジンコを食べられるサイズになってきたので、数日前からミジンコを入れてますが



数日続いた朝の冷え込みも明日から緩んでくるようで。しばらく手を付けられなかった2腹目にトライします
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タメさん池 | トップ | 今日は夏日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。