ら く が き ち ょ う

井戸端雀 いちみ が心にうかぶ よしなしごとを 描き散らす since 2005

絵本楽語家 ふくちゃん 来つく!

2017年05月13日 | つれづれ
 NPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師、絵本楽語家ふくちゃん こと、福島はるおさんを招いての「絵本で子育て講座」開催出来ました。
 あいにくのじゃぶじゃぶ降る雨にも関わらず、総勢37名(大人24名 小学生7名 乳幼児6名)の方に参加いただきました。
 ありがとうございます。

 会場の後ろの方には、子どもたちがゴロゴロ自由にくつろげるコーナーも用意しました。

 

 ふくちゃんが、絵本を読み始めると、くつろぎコーナーから子どもたちが前の方に移動します。
 ふくちゃんとのコール&レスポンスが始まります。



 絵本が、子どもと大人のコミュニケーションツールであるというのが、よくよくわかります。

 

 すべての子どもが、家庭で、家族と一緒に絵本を読むことができれば、平和な社会になる。
 そうなればいいなと、ふくちゃんはいろんな人に「絵本を読もう」と語りかけているのだとか。
 すばらしい!



 愉快なおもしろい絵本を読むだけがふくちゃんの得意技ではありません。
 今回のつくばでの講座に先立って、つくば中央図書館に電話して、いろいろ取材されたとのこと。
 つくば市民23万人のうち、図書館の貸し出しカードを所持している割合は何パーセントだと思いますか?
 なんと、18.7%だそうです。
 ふくちゃんデータによると、市・区レベルの図書館では30%ぐらいが平均的なんだとか。
 おや、意外なことに、つくばはカードの発行枚数が少ないんですね。
 街の本屋さんもだんだん消え、図書館でも本を借りないとすると、やっぱり……そうなの……?
 
 えほんや なずな 店主としては、ふんばってふんばってふんばらないとね!って思いました。
 
 ふくちゃん、どうもありがとうございました!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜の園 2017 | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。