くらのうえ市丸歯科ブログ

お口の健康を守りたい

「う蝕,歯周病,欠損の発生をゼロにする歯科医院の構築」について講演しました。

2016年10月11日 | Weblog

ご報告が大変遅くなりましたが、8月27日(日)に、長崎県大村市の西望歯学会にて院長の市丸と衛生士の小川で講演をさせて頂きました。

虫歯や歯周病は口腔内の細菌が引き起こすバイオフィルム疾患です。
そのため、歯周基本治療、メインテナンスや予防的な歯科医療を行う事で、ほぼ完全にコントロールできるようになりました。
私たち、くらのうえ市丸歯科スタッフは、地域の皆様、遠方よりご来院いただいている患者様の幸福のために
齲蝕、歯周病、欠損、インプラント周囲疾患をゼロを達成することを目標に日々頑張っています。

院長の市丸より、そのような歯科医院を構築するためにはというお話を
私は歯科衛生士としてどのようなことを行うのかをお話させて頂きました。

参加された西望歯学会の先生方、そして衛生士の皆さん 真剣にお話を聞いてくださいました。
最後には衛生士さんより質問もしてもらえました。
いつもはほとんど質問がありません。今回、3名の方よりご質問いただき、その熱心さが伝わりとても嬉しかったです。

予防歯科を実践している歯科医院では、歯科衛生士の仕事量はとても多く、
患者さまへの説明、リスク検査、お口の中を把握する為の診査、そしてその診査の正確さも求められます。
そしてずっと健康を維持していくための、メインテナンスも患者さまの状況をしっかりと把握しなければいけません。
また、歯科医の介助、外科的な事への介助や器材管理など多岐に渡ります。
一人前になるのに5年はかかると思います。
しかしとてもやりがいのある職業だと思っています。

日々の診療で、地域の患者さまへはもちろん、削って詰めるが主体ではない、
予防歯科を歯科界にもどんどん広げていけるよう、微力ながら頑張っていきたいと思います。

この場をお借りしまして、西望歯学会の皆様
この度はこのような機会をお与えくださり、ありがとうございました。
また過分なるお心遣いに感謝申し上げます。

 

(医)くらのうえ市丸歯科 新鳥栖インプラント歯周病センター(佐賀県 鳥栖市)

TEL : 0942-81-5410       歯科衛生士 小川希和子

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衛生士の高橋が産休に入りま... | トップ | 診療時間の変更について »
最近の画像もっと見る

あわせて読む