一国の国産拠点 一国オート販売 からのお知らせです。

横浜のバイクショップ 一国オート販売 からのお知らせを発信しますので、お見逃し無くよろしくお願いします。

サビはトラブルの元です。

2017年02月24日 | 修理

 

 

 

 

 

最近、作業したお仕事の事です。。。

 

 

 

 

バイクの下に、、、

 

 

 

 

ガソリンがポタポタと垂れて、、、

 

 

とのお客様の訴えで、、、入庫です。

 

 

 

 

キャブレターのフロートバルブにゴミが挟まったりすると、、、ガソリンが漏れてしまうんですよ、、、

 

 

キャブレターのオーバーホールが必要ですよ。。。

 

 

などなど。。。

 

 

 

 

 

そして、、、

 

 

ガソリンタンクのキャップを外すと、、、

 

 

 

 

キャップはサビが酷くて、、、

 

 

 

 

ガソリンタンクの底を目を凝らして見ると、、、

 

 

 

 

内部もサビが発生していました。。。

 

 

ガソリンを抜いて、、、もう一度サビている底を確認すると、、、

 

 

 

 

水が溜まっていた様な形跡があり、、、

 

 

 

 

 

で、、、お客様は暫し考えていましたが、、、

 

 

修理をする事になりました。。。

 

 

 

 

 

修理の方針、方法は、、、

 

 

 

 

 

ガソリンタンクとタンクキャップ、フューエルコックは新品に交換して、、、

 

 

キャブレターを詰まらせる元凶のサビを排除し、、、

 

 

 

 

キャブレターは完全に分解して、、、洗浄、、、フロートバルブやガスケット類を交換して、、、組み付けです。

 

 

 

 

 

修理としては、、、

 

 

これで完成になり、お客様にお渡しいたしました。

 

 

 

 

 

 

 

ガソリンが漏れた原因ですが、、、

 

 

キャブレターを分解した時、、、

 

 

 

 

そーーーーっとフロートチャンバーを外して、、、ゴミなどの様子を確認したら、、、

 

 

 

 

サビの粉が底に溜まっていました。。。

 

 

サビの粉、、、たいへん小さいゴミですが、、、

 

 

 

 

フロートバルブの先端のガソリンを止める部分に挟まってしまうと、、、ガソリンが止まらず、溢れてしまって、外部に放出されて、、、今回のトラブルに発展いたします。

 

 

そのサビの元は、、、ガソリンタンクにありますので、、、ガソリンタンクの交換までさせていただきました。。。

 

 

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

このバイクのお客様は、、、中古車でお買い求めしたようで、、、

 

 

その時買ってすぐに、、、同じ様にガソリンが漏れてしまい、キャブレターを掃除して直して貰ったそうです。

 

 

が、ガソリンタンクまでは気にかける事無く、、、

 

 

そして月日は経ち現在に至り、また再発して当店に入院、、、修理になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というようなお悩みで来店されるお客様が、、、年間を通してみると、、、少なからずいらっしゃいます。。。

 

 

 

 

 

昨年の秋にも、、、リッターバイクでまったく同じ事象で来店されたお客様も、、、

 

 

この方は、、、買ってすぐにガソリンが漏れて修理をしてもらったが、、、またすぐに再発し当店が近いと言う事で来店、、、

 

 

で、点検すると、、、ガソリンタンク内にサビがあって、、、

 

 

ですが買ったばかり、、、という事で、購入した業者さんに戻られました。。。

 

 

 

 

 

中古車には、、、経年変化というものがありますが、、、

 

 

トラブルの原因になる部分ですので、、、選びたいですねえ。。。

 

  

 

 

 

ジャンル:
購入
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オイルシールは定期交換をし... | トップ | ガソリンタンクは呼吸している。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL