一国の国産拠点 一国オート販売 からのお知らせです。

横浜のバイクショップ 一国オート販売 からのお知らせを発信しますので、お見逃し無くよろしくお願いします。

えっくすていごひゃく、古いパッキンを剥がしておこう。。。

2016年10月16日 | えっくすていごひゃく

 

 

 

10月15日、、、今日は土曜日ですので、、、たくさんのお客様のご来店がありました。

 

 

毎度ありがとうございます。

 

 

 

 

 

新車、中古車の商談とか、、、タイヤ交換とか、、、リコール作業とか、、、今日もいろんなお仕事をいたしましたが、、、

 

 

 

 

 

次のお仕事、、、大仕事に移る前に、、、ちょっと時間が空いたので、、、

 

 

 

 

こちらの作業を少しだけ、、、進めておきます。。。

 

 

オーバーホール&車検整備用の部品はもう、、、入荷済みで、、、

 

 

 

 

外注作業に出している内燃機加工が戻ってくれば、、、早速組み上げなければならないんで、、、

 

 

その戻ってくる前に、、、

 

 

 

 

腰下の整備をいたします。

 

 

 

 

 

入庫時にエンジンはかかってはいましたが、、、腰上のオーバーホールのみ完了して、、、いざ試走、、、という段階で、クラッチが滑っている!なんて事にならないように、、、クラッチの点検をしようと思って、、、開けました。

 

 

そのクラッチ板は、、、

 

 

 

 

フリクションプレート、クラッチプレート共に、、、焼けや剥がれ、摩耗は見当たりませんでしたので、、、そんなに荒くは乗っていなかったのか? もしれません。

 

 

クラッチは、、、丁寧に使えばバイクの寿命の中で、、、無交換でいけちゃいますので、、、10万キロや20万キロぜんぜん大丈夫ですね。

 

 

でもでもこの車両はオフロード車ですので、、、心配で開けて見てみました。

 

 

 

 

 

ここを開けると出来る作業が、、、

 

 

 

 

カムチェーンスライダーの交換です。

 

 

 

 

新品と比べると、、、減ってなくは無い、、、ので、交換をしました

 

カムチェーンがすべる部分の材質は、、、ゴム?樹脂?が貼ってあるので、、、古いですからねえ、剥がれると大変なことになりますので、、、オーバーホールですので、交換いたしました。

 

 

 

 

 

そのカムチェーンですが、、、

 

 

 

 

切って、、、外して、、、

 

 

 

 

新品と比べると、、、

 

 

 

 

こんなにも弓なりになります。

 

 

右は新品、左が使用していたカムチェーンです。

 

 

この様に曲りが大きいっていう事は、、、ガタが出ている、、、って事になります。

 

 

後輪を回すドライブチェーンでも同じ様に比べると、、、減ってガタが出ているチェーンは弓なりが大きいですね。

 

 

 

 

 

 

 

新品のチェーンですが、、、ワッカになっていなくて、、、写真の様に切れていて、1個ジョイントが付いていました。

 

 

ドライブチェーンと同じ様に、カシメなきゃいけないようです。

 

 

 

 

 

 

 クラッチを元に戻して、、、

 

 

 

 

組み付け、、、クラッチのスプリングだけは新品に交換しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

古いパッキンを剝がすのですが、、、

 

 

 

 

パッキンが硬くって、、、なかなか剥がれません。。。

 

 

パッキンを剥がしたり、、、洗浄したり、、、こんな作業って意外と時間かかかるんです。。。

 

 

 

 

オイルシール、Oリングなどは新品に、、、

 

 

 

 

 

 

 

今日は、、、こんなところで、、、時間切れになりました。。。

 

 

 

 

 

 

 

また、つづきは、、、

 

 

 

 

 

 

 

http://www.ichikoku.com/

 

 

10月16日(日)

 

サイクルワークス店は、、、

ツクバサーキットで開催の走行会イベント  ライディングザンマイ  に参加、出店の為にお休みになります。

 

 

 

 

ジャンル:
購入
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フォークのオイル漏れ | トップ | カムチェーンを  カシメ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL