住まいの修理専門 いちふじ 東京 横浜

私は元大工です 住まいの何でも修理38年
仕事はプロ 料金は便利屋価格です

床からの冷えを抑える 床下断熱材(吹付け発泡断熱)

2016-10-12 22:51:55 | その他の工事&補修

こんばんは 職人のふーさんです

築20年以上 経った 戸建住宅の場合

床の断熱がイマイチの家が多いです

真冬になると いくらストーブなどを炊いても

部屋の温度が それほど 上がりません  

チャップイ チャップイ(昔 流行った 古い言葉ですね)

20年以上の建物に限らず

比較的新しい建物でも

全体的に家の中が寒いと 感じてる方も 多いと思います

床下断熱に限らず 壁断熱 屋根裏断熱など

断熱材の入れ方に 問題が多いです

木造住宅の半分以上は

断熱材の入れ方が不適切と言われています

少しの隙間でも 断熱性能は 著しく落ちます

手抜きといえば手抜きですが

構造的に 無理があります

その無理を解消するために

吹付け発泡断熱方法が生まれました

しかし コスト的に大きく普及はしていません

しっかりした断熱効果を得るには

この発泡吹付け断熱方法が一番です

きょうは 八王子市にて

床下発泡断熱方法の研修に行って来ました

建物を本物の断熱方法でリフォームしたい

そう思われてる お客様が 最近増えて来ました

床下発泡断熱方法の参考画像です(完璧な断熱効果が得られます)

機械装置 一式は結構な金額になりますが

検討する値打ちはあると 思っています

日本の住宅は長い間

あいまいな断熱方法がまかり通って来ました

そろそろ 本物の断熱方法が来る 予感がします

お見積りは すべて無料 年中無休
お見積り&工事は お客様のご希望日にお伺いします
世田谷区代田4-16-1
調布市飛田給1-20-35

0120-440-991 夜9時までOK

営業エリア 都内22区(足立区を除く)
      東京都下 横浜市 川崎市

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウォシュレット取り外し&処... | トップ | フローリング補修 東京 大田区 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。