Voice

WAVEが日頃気付いたこと、
現状報告その他

ブレずに

2016-05-09 11:50:23 | Weblog
何かに一生懸命になること。これほど心が健康な状態は無いと思います。私が大好きな正岡子規は激痛を伴う病気を患い、六尺の病床の中にあって夢中で詩歌の編纂に挑みました。それは多分、自分の仕事への情熱もさることながら、生きる苦しみから解き放たれるには「夢中になる」のが一番だったからでは無いでしょうか。

心に余裕を持ってから、何かに一生懸命になる、のはもしかしたら順序が逆なのかも、と思います。心が閉塞的になっているからこそ、何か小さなことでも良いから夢中になることが出来れば、それがやがて達成感になり、進むべき方向が見えてくる、ということもあると思います。
ではどうしたら夢中になるのか。1つの可能性は子供の頃に夢中になる経験をしたかどうかがあると思います。もちろん三日坊主でもいいのですが、「ギュッと集中してた」ことが少しでもあればいいんだと思います。
そしてそれは無意味なもので良いんだと思います。
その集中によって何かを得たとかではなく、ただ欲求のままに一心不乱になる経験を積むことが大切なのでは無いかと。

例えば、私の経験で言えば、ただひたすらティシュ箱に筋肉ムキムキのイラストをひたすら書き続け、家中のティシュ箱にいたずら書きしたり、チラシのポップをひたすらアウトラインだけなぞり続けたり、無駄極まりないことに平気で半日とか費やしていました。

今思えばなんであんなことやってたんだろう、と思うばかりですが、大人になった今、「採算を考えずに集中する」ことの大切さを感じます。
人間関係にしても「これだけのことをしたから、利益を得ないと損だ」「この人に私はこれだけ投資したんだから、見返りがあって然るべきだ」と言う考えで人と付き合うと、相手からもそう思われてしまう気がします。

もちろん資本主義に生きてる限り、収益を自分で得ないと生き抜いていけないのはもちろんなのですが、人生の醍醐味はより自分の心が豊かになる生活や考え、人間関係を作って自分の本分を全うすることなんじゃ無いかと最近思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの時の大人に

2016-04-29 09:03:52 | Weblog
最近、自分が子供の頃の大人たち(私が小中学校ぐらい)のことをよく思い出します。
私が小さい頃、クリエイティブな大人たちがたくさんいました。と言うとおしゃれな感じですが素性不詳、住所不定無職な大人達。だけどゼロから物を作り出せる、そしてそのクオリティーが非常に高い。そんな大人がいっぱいいました。その人達は(親も含めてですけど)「失敗は自己責任」「工夫する楽しさ」「自分から考え出すやり方」なんかを教えてくれました。教えると言っても、その背中を見てるぐらいで特にああしろこうしろと言われたわけではありません。今思えば本当に貴重な経験だったなあと思います。

今、その大人に多少近づけたかなあ、と思うことがあります。あ、もちろん住所もありますし、まがりなりにも職はありますけど…。私はずっと、小さい頃見た大人達の背中を追っていくのかもしれない、と思うのでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春を迎えて

2016-04-21 10:57:40 | Weblog
ブログの更新がなかなか出来ないほど、仕事が立て込んでおりありがたい限りです。
熊本の震災は、大変な現地の人々を思うともどかしい気持ちでいっぱいです。まずはライフラインがしっかり整い、一人一人が落ち着いてこれからを考えられるような環境が整うことを祈るばかりです。心からのお見舞いを申し上げます。

皆んなそれぞれが日夜仕事に、生活に一生懸命生きていると思います。もちろん色んな人がいて色んな人生があるわけですが、私は自分の今いる現状でまず出来ることを精一杯やる、というのが信条です。
線を1つ引っ張る、色を1つ塗る。コツコツ積み上げていくと一枚の大きな絵を描けるのと一緒で、人生を形作り、何か自分の生きた軌跡をそうした地道な努力が身を結ぶのはやはり忍耐力、地力だと思います。
もちろん途中で方向転換しても良いわけですが、軸となる心意気だけは同じです。自分の信じた道を真っ直ぐに進む。おかしいな、と思ったら立ち止まってよく考え、判断したら迷わず進む。間違っていたら潔く認め、また修正して歩き出す。それしかないのではないかと思います。それを「生きる力」と呼ぶんだと思います。

大変な状況、悲惨な出来事に置かれること、災難の只中、色々だと思いますが自分にできることの中で戦っている人全てに、エールを送ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もこの日が

2016-03-11 07:47:17 | Weblog
私は3月11日が来るたびに思うことがあります。
もし自然災害などが訪れて、家族と連絡が取れなくなっても、とりあえずまず自分が生き延びて逢えるように希望を持てるようにしよう、ということです。家族にもそうあってほしいなと思います。

そしていつもの日常はとても奇跡的なことの連続で、地震などによってあっけなく崩れ去るものなのだと言う事。本当に大切なものは何か、ということを常に考えて生きていないと、 いざ というときそれを見失ってしまうということです。

大切なものは何かというと、家族と一緒に過ごす時間だったり(遠くに離れて住んでいるなら電話とかメールでも良いんですけど)、自分の仕事に対する誇りとか仕事によって誰かが喜ぶ・助かるという責任感だったり、他人に対する優しさだったりそういう優しくふるまえる自分は恵まれているんだという意識だったり。

今日という日はただ単にニュースや新聞の伝えるだけじゃない、悲しい暗い気持ちになるだけじゃなくて何か大切なことを振り返る、そういった日にもしてみたいなと思うのでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぽかぽか陽気の合間に雨

2016-03-09 17:30:26 | Weblog
三寒四温とはよく言ったもので、昨日は汗ばむくらいの陽気でしたが一転して今日の雨は寒々しく、冬と春を行ったり来たり、という感じの天気です。
昨日、やっと確定申告を済ませてきました。今日にしようかとも思っていたのですが、この寒空の下税務署まで歩かなくて済んだ自分の幸運に我ながら偉い、とほめてあげたい感じがします。

確定申告を済ませると春だなあとホッとします。暖かくなってきた安心感、数字とのにらめっこの末提出できた達成感、そして去年一年間頑張ってきたよな〜という感慨が重なるからだと思います。

去年はイラストレーターとしてもすごく幅が広がり、いろいろなお仕事をやらせてもらいました。PCスキルももちろん上がりましたし、自分が作り出せるものもとても多くなりました。

今年は更に自分の生み出すものに磨きをかけて、より良いものを作っていける確実性、「職人」というにはおこがましいかもしれませんが自分の仕事をもっともっと自信を持って提供していけるようにしたいです。

来年度はさらに、人が思ってもみないような創造性あふれるモノづくり、ワクワクするようなチャレンジをたくさん行います。応援していただいている方々からの力をもらって、ますますパワフルに活動していきますよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花粉症についてとお仕事紹介

2016-03-02 08:59:54 | Weblog
このところ花粉症が始まったのか、くしゃみが多いようです。でも、例年より症状が軽いような気がしています。色々な要因が考えられますが、
/写觝邏箸鮠なくしている(睡眠時間の確保)
栄養のあるものをしっかり食べる
などが功を奏しているような気がします。
あと、私は時々トレーニングのし過ぎで体重を落とし過ぎてしまうので、平均より2、3kg落ちると、とたんに風邪をひきやすくなります。免疫力が落ちていると花粉症もひどいのかな、と思います。最近はあまり過激なトレーニング期間ではないので平均体重に近いのが体調が崩れない理由のひとつかもしれません。

<最近のお仕事>
この前やらせていただいた、似顔絵のお仕事。


デッサン調の似顔絵のご依頼は初めてで、かなり汗をかきました。画力が足りないのを何度も何度もやり直して形になりましたが、上手い人とくらべられちゃうといやはや・・・(^^;
でも着物のライン、シワの陰影は大好きなので、そのあたりへの愛はにじみ出ているかな(笑)あとセンスを持っている方の手の感じとかも、頑張って愛を注入してみたつもりです。

基本的な絵の勉強が大事なんだとつくづく思いました。ご注文いただき本当にありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナミラボ新商品「すいさい色鉛筆 ポチ袋&レターセット」紹介

2016-02-22 11:04:15 | Weblog
ようやくお披露目できますナミラボ新商品のご紹介です☆
「色鉛筆」というモチーフを先輩アーティストから提案していただき、作ってみたといういわばコラボ企画です。私はいつも植物などのモチーフをよく使うのですが人工的なモチーフ(車とか)をあまり選ばないので、今回の提案はすごく面白くてまた描く対象に広がりが出たような気がします。

ポチ袋、レターセットどちらにおいても今回は使いやすさを意識して、宛名の部分などに空白をうまく入れるところが難しかったです。

そのかいあって、今回はまた良いものができたかなと思っています。
「minne(ミンネ)」「tetote(テトテ)」「Creama(クリーマ)」
上記ハンドメイド作品販売サイトで販売中です☆各サイトにて「南姫」と検索してみてください。


同じモチーフのポチ袋
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今まで溜まってた分

2016-02-20 10:30:55 | Weblog
なんと今年に入って初の更新という、驚くべき時間差でのブログとなってしまいました。
もちろん仕事が忙しいのもあったのですが、最近、近況をFacebookの方にアップする事が多く、ブログにアップするのもすっかり忘れていました。
もしFacebookご存知の方はそちらで頻繁に更新しておりますので併せてお楽しみいただけたらと思います。

さて、色々なお仕事の近況はまた追ってアップするとして最近の個人的な趣味、はまっている事を載せたいと思います。
今シーズンの大河ドラマ、見事にハマってしまいました。真田家の歴史は元から興味があったのですが中々深く知る機会が無くて今回ドラマを見る事をきっかけに、色々な本を読んだりしています。
すると本当に興味深い一族だという事がわかり、今更ながら真田武勇伝を楽しんでいる1人です。

戦国時代と今の世の中は似ているところがたくさんあって、乱世の世に活躍した人たちの話には現代人も勉強になる事がたくさんあると思います。もちろん、歴史というのは勝者が作ったものなので真実とは違う部分がある事は承知の上ですが、どういう生き方を目指すべきか、という本質はいつの時代も変わらないように思います。

めまぐるしく変わる情勢はもはや天変地異と同じように、予測不可能なものです。ただ、その荒波の中で考え、最良の策を練って最善を尽くし、自分の信念に従って潔く生きるというのが何よりも大切なわけですね。あとは運を天に任す、というところまで自分にできる最高の状態まで努力したら、結果なんてものは関係ないのです。

自分の生き方をしっかり貫ぬく、ということについて色々勉強になるなあと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お仕事紹介

2016-02-20 10:27:14 | Weblog
かなりブログ更新が久しぶりの南姫です。
最近やらせていただいたお仕事の紹介をさせていただきます。

まずは、「ベビぷれ」という一歳を迎える赤ちゃんとその家族に送るプレゼントというコンセプトでグッズ販売を行っていらっしゃるサイト様のご依頼です。ペンギンのイラストと、サイトの看板イラストをやらせていただきました。キャラクターのデザインというのは普遍的なかわいらしさ、どの世代からも愛されるようなものが良いのですが、一方つまらない絵になってしまわないように工夫が必要で、デザインにとても苦労しました。

とてもイラストを引き立てていただき、サイトにご使用いただけて大変嬉しく思っております。ありがとうございます。

それから個人でオーダーいただいた作品郡。
お部屋に飾っていただくための似顔絵、娘さんの結婚をお祝いするボードイラストです。
どちらも私個人としても大変お世話になっている方々からのご依頼だったのでとても緊張しましたし、喜んでいただけるかお渡しするまでドキドキでしたが、どちらもとても喜んでくださりすごくほっとしました。

私のやっている仕事は、自分だけが楽しんで描けばいいというものではなく、やはりその仕事の向こう側に作品を楽しんでいただく方がいてこそ成立する性質のものです。その評価はとてもシンプルですがシビア。見た人の反応それこそがすべてです。似顔絵などはやり直しになることももちろん多いですし、チラシなどの販促物に伴う漫画やイラストなどはご依頼の意図に沿っているものでなければお仕事としてみなしていただけません。
だけど苦労してやったものだからこそ、人に訴えかける力があり、完成した時に私自身も手ごたえを感じるのです。

御縁に感謝しつつ・・・。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メリークリスマス

2015-12-25 08:54:49 | Weblog
今年も良い子にしていたんですが、やはりサンタさんは来なかった朝です(笑)まあ、大人なんで当たり前ですね。気持ちはいつまでも少年(少女?)なんですけどおかしいなあ。

ナミラボの注文にバタバタしておりました。それと先週からの色々な仕事や個人的な用事が立て込んでいましたがそれもどうやらひと段落。週末に大掃除をする予定ですが果たしてどこまで掃除できるか…。気力の及ぶ限り頑張って綺麗にして新年に備えたいと思います。

去年の今頃に使っていたメモ帳が出てきました。見返してみると本当に色々なことが書いてあって面白いです。振り返ると昨年末は福沢諭吉の「学問のすゝめ」にはまっていたこともあり、勉強熱がとても高かったようです。偉人の言葉とか、自分が日々考えたことでびっしり埋められていました。たった1年前に自分が思っていたことも、こうして文字で振り返ると案外忘れていた事実に気がつきます。

その頃は知人らと勉強会をしていたこともあり、貪欲に色んなことを学ぼうとしていたように思います。やはり人間アウトプットって必要なんですね。出そうとするからこそ入れようとする。あるいは入れるからこそ出したくなる、という事ですね。(あ、おトイレの話みたい)

そんなこともあり、久しぶりに図書館に本を借りに行きたくなりました。年末年始の貴重な空き時間に本を読んで、ここ最近怠けていた学び脳を揺り動かしたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加