市さんの自然との対話日誌

里山師、釣師を自称のオヤジが遠州の山間地に3千坪の山林を購入、自給自足を目指し田舎暮らし開始。魚釣、生き者達との対話

チンゲンサイの漬物

2016-01-31 14:06:02 | 山菜
 畑の残り僅かなチンゲンサイが雪をかぶり萎れ初めて、アウトになる寸前状態だったので、葉を摘み採って、塩漬けにしてみた。
 

 長い期間畑に放置したままだったせいか、葉が硬くて、噛み切りにくいけど、何とかお漬物としても、ラーメンの具としても重宝することがわかった。野菜の少ない今の時期の強い味方となりうる。


 ホヲキノタ山荘の室内には干しワラビや干しワカメなどが天井から吊るしてある。ワカメはすぐに戻るので、よく食しているが、ワラビは戻すのに時間がかかるので、なかなか減らない。お湯で茹でてベーキングパウダーを少し入れて、数時間放置してみた。結果、ふっくら柔らかくなるのを期待したが、そうはいかず、でも何とか食べれそうにはなった。ベーキングパウダーが効いたかどうかは定かではない。寒さで凍りかけた玉ねぎとともに。
 

 ワラビと玉ねぎと油揚げの煮物を作ってみた。
 

 早くワラビが出てこないかなあ。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近の野鳥

2016-01-31 06:49:31 | 野鳥
 御前崎にて。ウが潜水して魚を銜えて水面から顔を出すのを待ち構えて、カモメやウミネコが一斉に襲い掛かり、ウが銜えている魚を強引に奪い取る光景に見とれてしまった。
 

 桜ヶ池にて。
 キンクロハジロかスズガモか。
 

 マガモ。
 

 アオサギ。
 

 ホヲキノタ山にて。
 イカル。キツツキのような鳴き声をする。
 

 ノビタキかな。珍しいお客さんだ。
 

 ホオジロ。常連客。
 

 カケス。姿は良く見せてくれるけど、なかなかシャッターチャンスを与えてくれない。
 

 メジロ。枯草の中で緑が美しい。
 

 アオゲラ。このところ居ついてくれている。
 
 

 この時期、例年になく野鳥が多彩だ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スタッドレスタイヤ

2016-01-30 06:58:05 | 里山
 また大雪の予報が出ている。月曜日にホヲキノタ山に行ったとき、山荘へ上る私道は積雪数センチ状態。このくらいだと従来はタイヤチェーンを付けないとスリップして登れなかった。
 

 実は2週間前、とうとう意を決して、スタッドレスタイヤを装着したのだ。フロントの2本だけ。 4本ともなると、ストックしておくのもスペースがいるし、交換するのも大変。もちろん費用もかさむ。
 

 フロントだけでも4駆ですいすい。早くこうしておけばよかった。今まで、積雪はどうかな?道路は凍ってないかな?などこの時期、不安がいつも頭をよぎっていた。

 因みに、HIJET用のスタッドレスタイヤ、アルミホイール付きで1本¥12000。安い。

 でもなぜ、スタッドレスタイヤって滑らないのかな。

 いつも履いている長靴。
 
 写真上は履き古した長靴で、エッジが擦り切れて丸くなっている。これがまた山道や雪の上や刈り取ったススキの上などでつるつる滑るんだす。
 写真下は未だエッジが残っていて滑りにくい。

 こういうことなのか? でも過信は禁物だ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

シモバシラ ライトアップ

2016-01-29 06:28:08 | 野草
 先週、群生していた場所で積雪が多いところでは、シモバシラの姿はなくなっていた。杉の木が陰になって、積雪が少ないところでは未だ氷のアートが見られる。

 なかなか立体感が写真に出ないので、LEDライト2個をもって、ライトアップしながら撮影を試みる。横から、上から、裏から、いろいろやってみるけど、なかなかうまくいかないもんだ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 夜とか、薄暗い時とかにライトアップすると幻想的な写真が採れるのかもしれない。でもそうまで人工的な写真を撮りたいのではないんだ。ただ肉眼で見た儘が写真に撮れればいいんだけれど。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

雪上の足跡

2016-01-28 17:07:51 | 生きもの
 雪に生き物たちはだいぶ慣れてきたようだ。

 山荘の周辺は日当たりが悪くなかなか解けない。ウサギの足跡は無数。
 

 これは誰?人間の子供の足跡みたい。
 

 キツネかな?1直線。
 

 タヌキかな?よたよた。
 

 林道の下でニホンカモシカの親子。
 
 

 雪が降ると楽しいねえ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加