市さんの自然との対話日誌

里山師、釣師を自称のオヤジが遠州の山間地に3千坪の山林を購入、自給自足を目指し田舎暮らし開始。魚釣、生き者達との対話

ホヲキノタ山のキイチゴ達

2012-04-30 11:07:48 | 野草
冬に赤い実を付けるフユイチゴ。
春一番に下向きに花を咲かせたモミジイチゴ。
今はモミジイチゴに変わり、上向きに白い花を咲かせているニガイチゴが真っ盛り。
地表では白い花のクサイチゴに加え、黄色い花のヘビイチゴが見えはじめた。
他にエビガライチゴが自生するはずだけれど今のところつぼみすら確認できていない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニワトコの花

2012-04-29 07:42:34 | 野草
 ニワトコの木の花が満開。
 遠くから見ると、あまり目立たないが、
 

 近くで見ると、黄色い小さな花が密集している。
 

 昨年は実が多分鳥に食べられて、残らなかったけれど、今年は、たくさんの花が咲いたので、どうかな? 赤い実は果実酒にできるらしいので。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラーメン用チャーシュー

2012-04-28 17:09:12 | 
 ラーメンに入れて重宝しているチャーシュー(煮豚)、在庫がなくなってきたので、豚バラ肉塊を買ってきて、製作した。肉の値段はいつも77円~100円ぐらい。今回は95円だった。2ブロックで約1.2Kg仕入れた。完成品は脂肪が抜けて、0.8Kgぐらいになってしまう。
 フライパンで表面が焦げる程度に焼いてから、煮崩れしない様にタコ糸で縛り、3時間ほどカマドで煮た。
 

 味付けは毎度いい加減。しょう油、酒、みりん、砂糖、塩。スパイスは鷹の爪、ネギ、山椒、ショウガ、それと五香粉はいつもより少なめにして、先日Harさんが持ってきてくれた、色々を加えた。
 

 出来映えは、なかなかまろやかで、非常に美味い。八角の香りは少なく、万人向け。

 冬を越した唯一のキャベツを収穫して。
 
 

 キャベツは軽くて中はスカスカ、でも何とか食べれる。

 チャーシューは人に食べさせたくなったので、林業業者の知人AさんにTELしておすそ分け。冷凍してあったタラの芽の天ぷらと、コゴミの天ぷらも。

 因みにホヲキノタ山のコゴミはようやく芽が伸び始めた。
 

 静岡の人はコゴミなるものを知る人は少ない。Aさんも然り。こんな美味しいものを。
 喜んで持って行ってくれた。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

モミジイチゴとニガイチゴ

2012-04-28 10:45:32 | 野草
 同じように見えていたキイチゴ。よく見ると全然違う。

 モミジイチゴは花が下向きに咲く。
 

 確かに葉がモミジの葉に似ている。
 

 ニガイチゴは花が上向きに咲いている。
 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マムシグサ

2012-04-27 14:49:46 | 野草
 毒草のマムシグサの花が咲いたと言うのだろうか。形が整った。
 蛇が鎌首をもたげている姿かと思いドキッとする。
 
 
 幹がマムシの模様とよく似ている。
 

 こんな写真を撮って後散策していたら、鉛筆ぐらいの細い蛇(ヤマカガシの赤ちゃんか)が地面の小枝が積もっている間を縫っていた。今年初の蛇目撃。やだねー。

 小道を散策していると、ガサガサッと音がすることがしょっちゅうある。一瞬ゾッとするが、こんな時は大概トカゲである。トカゲは害虫を退治してくれるので有難い。
 

 超長い尾の親トカゲ。

 今の時期、生まれたての赤ちゃんトカゲも、ものすごく速い動作で動き回っている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加