市さんの自然との対話日誌

里山師、釣師を自称のオヤジが遠州の山間地に3千坪の山林を購入、自給自足を目指し田舎暮らし開始。魚釣、生き者達との対話

御前崎のカワハギ&サヨリ釣り

2011-11-12 20:35:00 | 魚釣り
 久方ぶりに御前崎。
 9時家発、午前中はカワハギ狙い、午後はサヨリ狙いに決めた。
 土曜日とあって、貯木場は釣り人が多い。チヌ狙いと、疑似餌の釣り人が半々ぐらいか。一人だけカワハギを狙っている人がいた。小さいのが2匹釣れたとか。疑似餌ではワカナゴらしき30センチぐらいのが時々釣れていた。
 

 自分は胴付き3本針、餌はオキアミ。餌取りに悩まされる。スズメダイ、フグ、ウミタナゴ、ベラ、メジナ、キタマクラ、それに本命のカワハギは小さいのが2匹。
 

 おにぎり昼食後、サヨリ釣りに変更。投げロケット仕掛け。エサもコマセもアミエビ。ぜんぜん当たりが無い。ルアー釣りの連中が帰ったので、実績ポイントに移動。風向きも旨い具合に変わり、背中から受けるようになった。
 

 コマセ用ロケットにアミエビを入れるのに、専用グッズが重宝する。手が汚れなくていい。
 

 結局4時までやって、サヨリ2匹、イワシ3匹、ヒラアジ1匹。

 サヨリは32センチの良型だった。
 

 カワハギは小さいながらも肝は旨かった。帰りにスーパーで買ってきたタコ刺しもキモしょう油で食べたら絶品。 
 

 一応、本命が釣れたことに満足。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家山林道通行止め解除 | トップ | 百目柿の干し柿 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

魚釣り」カテゴリの最新記事