市さんの自然との対話日誌

里山師、釣師を自称のオヤジが遠州の山間地に3千坪の山林を購入、自給自足を目指し田舎暮らし開始。魚釣、生き者達との対話

自然薯掘り

2016-12-20 13:24:35 | 

自然薯掘りの極意を編み出した。
深く掘って行くと、中の土を取り除くのに苦労していた。人が入れるような大きな穴を作ればいいが、それも大変。
そこで、写真にある杭などを挿す穴を作るときに使う穴掘り器で自然薯の横を掘って行き、細長シャベルでイモの半身を剥き出していくと、体が汚れずに、比較的簡単に掘り出すことが出来る。

太いのを採ったどー。
ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国産豚バラ固まり | トップ | チャーシュー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良いお年を! (浜北-O)
2016-12-22 17:06:25
情報ありがとうございいます。
良い道具を見つけられたようで・ ・正月の3日とろろ用が準備できましたネ。
これで来年は楽して・・ 楽しめそう・・です。。。

今年もいろいろ大変お世話になり ありがとうございました。。
来年も楽しみにしておりますので 相変わらず宜しくお願いします。
良い年をお迎えください。
Unknown (市)
2016-12-23 06:49:00
 こちらこそお世話様でした。来年もよろしくお願いします。

 穴掘り器、難点があります。小さくても石があると、うまくいきません。今改良器を考案中です。

 まだまだこの冬、ヤマノイモゲットしますよ。

 ではよいお年を。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。