市さんの自然との対話日誌

里山師、釣師を自称のオヤジが遠州の山間地に3千坪の山林を購入、自給自足を目指し田舎暮らし開始。魚釣、生き者達との対話

次郎柿が早くも赤みを帯びてきた

2017-09-23 05:17:12 | 山菜
 ホヲキノタ山の次郎柿、昨年はまったく結実がなかったが、今年は小さいのがたくさん生っている。早くも赤くなってきた。この赤味は本物なのか。
 

 ヒヨドリにやられる前にキラキラテープと手作り偽ガラスで対策じゃ。この柿tの木には大樹になるのを見越してか、様々な蔓性の植物が巻き付いている。ヤマフジ、オニドコロ、オオツヅラフジ、などが。
 

 家山林道で、アケビを見っけた。
 
 つい採ってきたのはいいけど。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アサギマダラがやって来た | トップ | ホトトギスの花、微妙に色合... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山菜」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。