市さんの自然との対話日誌

里山師、釣師を自称のオヤジが遠州の山間地に3千坪の山林を購入、自給自足を目指し田舎暮らし開始。魚釣、生き者達との対話

ウシアブ

2017-07-14 06:07:21 | 生きもの
 暑くなるとウシアブが五月蠅い。山荘へ着くと車の周りにブンブン集まってオラを大歓迎。
 そのうちどこかへ消えたと思いきや、夕方行水するとまたまたやってくる。よほど注意していないと体に張り付いているのが分からない。でもこやつ体がでかいわりに、吸血されても、その時はチクッと痛いけどそれだけで終わる。こやつの捕獲は虫取り網に限る。
 

 なかなかお顔は可愛いとは言えない。
 

 山ではこういうやつらとも付き合っていかねばならない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノウサギに短型自然薯の蔓を... | トップ | エゴノネコアシ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

生きもの」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。