市さんの自然との対話日誌

里山師、釣師を自称のオヤジが遠州の山間地に3千坪の山林を購入、自給自足を目指し田舎暮らし開始。魚釣、生き者達との対話

将棋

2017-07-01 05:06:09 | 
 藤井聡太4段のお陰で、空前の将棋ブーム。ニュースやモーニングショーなどで連日取り上げられている。こんなことは一度もなかった。嬉しい限りだ。

 雨が続くときは将棋盤を出して、駒を並べる例のやつ。昔は、あと2枚というところで何日も何日も考えてできなかったことを思い出す。今は角と飛車の位置を知っているので、それほど時間がかからない。それでも40枚全て並べるのに30分ほどかかった。
 

 いつも思うけど、将棋ゲームを発明した人はこんなことができることを知っていて、駒の動きや枚数を決めたのだろうか? 偶然なんてありえない。こんなに感動モノなのにこのことを解説した本などは見たことがない。


 藤井4段はプロも参加する詰め将棋解答選手権で3連覇中だという。無作為に掴んだ駒で即座に詰め将棋を作っちゃう芸をテレビで見せてくれた詰め将棋創作のスペシャリスト浦野 真彦8段とともに、頭の中を覗いてみたくなるほど、凄い。
 オラは9手詰めになると頭の中だけでは手に負えず、盤に並べながらああでもないこうでもない。
 

 でも凡人でよかった。苦労して解いた時の感動が手軽に得られる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホタルブクロ | トップ | ハンショウヅル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事