市さんの自然との対話日誌

里山師、釣師を自称のオヤジが遠州の山間地に3千坪の山林を購入、自給自足を目指し田舎暮らし開始。魚釣、生き者達との対話

ユスラウメ

2017-06-19 06:29:19 | 山菜
 ユスラウメが赤くなって食べごろ。今年は昨年より少ない。サクランボだと思って食べている。ちょっと渋いが。
 

 他の果実は。
 ブルーベリー。これも昨年より実付きが少ない。娘も女房も期待している。ポリフェノールが目当て。
 

 サルナシ。たくさん採れそう。これはあまり人気がないが、オラは大好物。
 

 次郎柿。未だ収穫には先が長い。それまで実が生き残っているかな。
 

 ビワとポポーとクルミは未だ苗が小さい。

 アーモンド、サクランボ、ラフランス、モモ、リンゴ、ミカン、スダチは後家さんだったりで、実を付ける気配がない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自然薯元気 | トップ | 救いの雨 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。