市さんの自然との対話日誌

里山師、釣師を自称のオヤジが遠州の山間地に3千坪の山林を購入、自給自足を目指し田舎暮らし開始。魚釣、生き者達との対話

ニホンカモシカの溜め糞

2011-01-09 18:35:10 | 生きもの
 さすがにこの寒さでは、山荘の周りに毎夜現れていた正体不明の小獣も出現している形跡がありません。それでも朝方獣の聞いたことの無いわめき声がしたのでその方向に行ってみると、30m程下に黒い物体が走っていくのが見えました。又、山荘の上の方では溜め糞が積もっていました。
 

 楕円の糞はニホンシカも同じですが、ニホンジカは歩きながら糞をするので、たくさん積もることは無いそうで、それに対してニホンカモシカは同じ場所で糞をする溜め糞という習性があるそうです。
 糞のすぐそばにある多分ツバキ科の葉っぱと枝先が明らかに獣に食べられた形跡がありました。
 

 このような葉っぱや蕾は近くにたくさんあるのですが、なぜこの木だけ食べられているのかミステリーです。自然の中には分からないことがいっぱいあります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 約10日ぶりの川根の山荘は... | トップ | 百目柿で干し柿に挑戦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

生きもの」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。