市さんの自然との対話日誌

里山師、釣師を自称のオヤジが遠州の山間地に3千坪の山林を購入、自給自足を目指し田舎暮らし開始。魚釣、生き者達との対話

アナグマ、シカ、ハサミ虫

2016-10-25 09:53:59 | 


今朝のホヲキノタ山は気温9℃、寒〜。
生き物達は冬に備えて活動が活発になって来ている。
アナグマがついに山壮のところまで登ってきた。手当たり次第に土をめくって餌を探したあとが。
スダチの実が減っている。葉っぱや茎もかじられた。ニホンカモシカかニホンジカか。 慌てて、収穫。日本酒にも焼酎にも絞ってグー。
ハサミ虫が室内に侵入してきてたまらん。踏み潰したり、今朝はテーブルの上に置いておいた飲み残した水をぐっと飲んだら何か異物が、なにげに噛んで、慌てて吐き出したらハサミ虫だった。意外とまずくなく香ばしい味。
ヘビやヤマビルは出現しなくなっている。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 竹とんぼのような変な虫 | トップ | 見たテン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。