市さんの自然との対話日誌

里山師、釣師を自称のオヤジが遠州の山間地に3千坪の山林を購入、自給自足を目指し田舎暮らし開始。魚釣、生き者達との対話

小砂利を背負ったような奇怪な虫は誰だ

2016-10-01 05:22:37 | 生きもの
 ウッドデッキのところに数ミリの大きさのゴミが動いていた。
 

 よく見ると足も口もある。虫のようだ。
 

 こんな虫初めて見た。どんな類なのか全く判らない。


 今度はオラのズボンのところに奇怪な蛾のようなものが張り付いた。ミノガの仲間のようだけど、はっきりしない。
 

 奇妙な虫が時々出没する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キツネノマゴとアキノウナギ... | トップ | コジュケイの家族 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
何でしょう (th1911)
2016-10-01 18:14:04
netで「変わった虫」で検索してみましたがわかりませんでした。写真がかなりありましたが。該当するものがありませんでした。ブログの「教えて」に投稿してみてはいかがでしょう。もしかしたら新発見?
Unknown (市)
2016-10-02 06:24:07
 調べられる手段があれば何でも挑戦してみます。「教えて」は利用したことが有りませんけど、そういう手もあったんですね。

コメントを投稿

生きもの」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。