市さんの自然との対話日誌

里山師、釣師を自称のオヤジが遠州の山間地に3千坪の山林を購入、自給自足を目指し田舎暮らし開始。魚釣、生き者達との対話

自然薯発芽

2017-05-19 06:01:28 | 山菜
 自然薯たちが徐々に発芽し始めた。
 
 板で囲って土を盛り上げたヤマノイモ、2本だけ発芽。
 

 短型自然薯のムカゴを育苗ポットに埋めたものはh約半分が発芽。
 

 定植。

 1年前に定植させた短型自然薯はよく見るとたくさん発芽していた。慎重に雑草を取り除き、マーキングをする。
 

 春先に植えた、短型自然薯の種イモも数本発芽している。発芽した苗は太くしっかりしている。今秋は収穫できる。
 

 雑草取りをしていたら、くぼみにじっとしているヒキガエルが。びっくりじゃ。
 

 自然薯たち、これから成長していくのが楽しみだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミニトマト やられた。 | トップ | 地面に咲く黄色い花達 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
情報ありがとうございます (浜北-O)
2017-05-19 07:51:12
やはり季節になると忘れずに芽を出すものですネ。
TRY中の板囲いのものが 更に発芽すると良いのですが・・ 今秋が楽しみです。
Unknown (市)
2017-05-20 05:38:26
 板囲いのものは、雑草も取りやすいし、何かとメンテがやりやすいということが分かってきました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。