市さんの自然との対話日誌

里山師、釣師を自称のオヤジが遠州の山間地に3千坪の山林を購入、自給自足を目指し田舎暮らし開始。魚釣、生き者達との対話

タマアジサイ

2011-08-13 06:49:51 | 野草
 8月9日Aちゃんが来訪。2週間後の岩手釣行の打ち合わせ。夕飯は天ぷらパーティー。猿が一本だけ残してくれたダイコンで大根おろし。テンネタは御前崎産小物魚、肉詰めピーマン、カニカマのシソ巻き、ゴーヤなど。本当は山盛りもぎ立てキュウリを豪快にミソを付けてガブリとなるはずだったが・・・
 次の日、Aちゃんが3月退職後のめり込んでいる野鳥撮影を兼ねて、近くの林道をウォーキング。ただひたすら歩くのではなく、野鳥を求めながらのウォーキングは時を忘れる。あっという間の3時間弱。標高800mの車の通らぬ林道は心地よい。
 道端にきれいなアジサイが咲いていた。
 タマアジサイ(玉紫陽花)
 

 この蕾にアレだけの花を包んでいるとは信じ難い。
 

 こんな花も。名前が判らない。
 
 
 

 ヒメシャラが咲く頃に又来よう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加