埼玉のおじいちゃん社長不動産コンサル奮闘記

賃貸、売買、格安、不動産に関する最近物件情報や川口、蕨、戸田市を中心に物件情報の提供

7月25日(火)のつぶやき

2017-07-26 05:25:41 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近の自民党

2017-07-25 17:13:20 | Weblog

私は、会費を支払って、党員証も交付されている自民党職域支部の党員の一人ですが、このところの安倍政権のやり方にはちょっと強引すぎて、腹も立つことが多いのです。

森友,加計学園の国会招致問題にしても、断る一放で、世論がどうも、実際にあったのでないかと疑いはじめてからも2転3転して、朝日新聞の世論調査で支持率が33%まで下がって第2次安倍内閣発足以降で過去最悪となってから、急に手に平を返した様に、総理みずからの提案で国会招致を受けることになったのですが、見るに堪えない自民党の姿でした。

 NHK TVの第1日目の衆議院の国会中継を見ましたが,いつものように議員数に応じて各党の持ち時間が決まり、まず身内の自民党からの質問で始まり、限られた時間内で同じ事を角度を変えた質問をしても、同じ答えが返ってきたり、官僚の答弁も逢った事実は覚えているが何を話したか覚えていないとか、そんなことは申し上げた記憶がないとかとぼけた答えが続き、稲田防衛相罷免要求も総理にきっぱり拒否されました。

 いくら質問しても台本を読む大臣も多いし、野党が要求して休会中の国会が開かれているのだから身内(自民党)の質問は抜きにしてやればよいのに、仲間からの質問から始まって答弁者が慣れてきたところで、野党の質問を受けるようにするのは、ボロが出ない様にする作戦なのかとも思いました。

 それにしても森友、加計学園でごたごたして来た、間に去る6/30の朝日では元文化相の下村氏が加計側から200万の政治献金があったのに報告書には出ていないという事があり調査の結果、秘書室長が「11人の個人や企業から預かったもの」で、それぞれ20万以下であるため、収支報告書に記載する義務はないと説明しました。

又去る7/14の日経夕刊では「自民2回生の不詳相次ぐ」とのタイトルの元、武藤、宮崎、務台、中川、、大西、豊田氏の6人の顔写真付きの一覧表が掲載されましたし、菅官房長官や総理が丁寧に答弁して、信頼の回復をはかるといっても口先ばかりで、中身のない答えばかりでは聞くに堪えない時間の浪費の様な気がしてなりません。あの程度の言い訳でこの場切り抜ければよいと考えているのでしょうか?どうせ25日の参議院の質問の場合も同様に処理され官僚の答えと、前川前事務次官の答えは平行線のままに終わりました。野党はもう一度国会招致を要求してますが多分もう終わりだと思います。

 8/3に内閣改造をして人心の一新を図り、過去は言うまい未来に生きようとでも言う積もりで現政権は生き延び様と考えて居るようですが、それでもだめなら、解散総選をやれば、受け皿となる野党の準備が間に合わないから又自民党が復活すると早期解散説が早くも噂されている様ですが、そこまでして、自民一強を守って、安倍総理は長期政権記録保持者に成ろうとしているようですが肝心な日本の政治はどこを向いて、進むのか聞きたい気持ちで一杯です。

 一方アメリカでもトランプ大統領の人気も急落し、アメリカファーストをいつまで続けられるのか雲行きが怪しくなってきました。7/24のアイホンで海外のニュースを見れば、自分の所有するゴルフとは言え,クラブのカートで芝生を横切っている大統領の姿があり、ゴルフフアンからも飽きられたようです。いくら米国と仲良くしても、安倍総理はアメリカがどこまでも日本を本当に守ってくれると勘違いをしているのではないでしょうか?このままで、我が国の防衛は本当に大丈夫なのかと、国会遊びをしている議員たちに聴きたい気持ちで一杯です。北朝鮮は核実験を繰り返し核保有国の一員として当たり前の様に振舞っているのも解せません。

 ㈱市川不動産

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月17日(月)のつぶやき

2017-07-18 05:04:37 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公取懇親会に出て

2017-07-17 11:08:57 | Weblog

去る6/14セルリアンタワー東急ホテル(渋谷区)で首都圏公正取引委員会恒例の総会後の懇親会にお招きを受けたので参加して参りました、昔仲間と話ができるので楽しみの一つにさえなっているのです。私が首都圏公正取引委員会の第一委員会委員に埼宅建から派遣されたのは、確か西暦2000年の事で埼玉県宅地建物取引業協会で法務研修委員長をしていた時の事で、県協会から他の2名の役員と共に、出席し2年間しか所属していなかった訳ですが、やめてからも毎年、今年も総会が何時、何処で開かれ、その後何時から懇親会を行う予定なので、都合が付けばご出席下さいと丁寧な通知を頂き、返信依頼もあるので、ついつい続けて参加して参りましたが、今年は例年と違って、一緒に仕事をした仲間が急に目減りしていてビックリしました。

 でも公取は依然として、誇大広告違反の取締が主目的で、今年から取り締まりが強化され、違反広告業者にはリクルート、アットホーム、CHINTAI、マイナビ、LIFULL,HOME'S,及びSUMMO等のインターネット広告の掲載を禁止しするという制裁措置が行われるようになりました。

 気になったのは、20年前に、保証人ドットコムと名付けて、水商売やパートで所得証明や源泉徴収票も用意できず、お部屋が借りれなくてお困りの方、当社をご利用下されば、規定料金さえお支払い下されば、源泉徴収票も保証人もご用意しお部屋捜しの応援をしますと、デタラメな広告を出し、本社が東京に有ってもいままで北海道の支店で雇用していた様に見せかける詐欺があり、私は委員会の後公取で取り締まれないものかと相談をしましたが、忙しかったからか、この問題は当委員会の問題としてそぐわ無いと却下されましたが、半年後警視庁生活科が摘発し詐欺事件として一件落着となりました。

 叉最近では、手数料、礼金無しという広告を平気で出す業者もいて、どうして法律で認められている適正手数料も取らずにその業者が営業を続けられるのか不思議です。きっと裏で消毒もしないで消毒済みのステッカーでごまかし1万5千円も取ったりする悪質業者もいるらしいし、手数料、広告料なしの代わりに違法な名目の収入源を作っているに決まっているのです。こんな業者を野放しにせずモニター制度もあるのだから、内偵してもらいたいものです。

 ㈱市川不動産

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月5日(水)のつぶやき

2017-07-06 05:11:48 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京都都議会議員選挙

2017-07-05 09:49:05 | Weblog

去る7/3の日経によれば、東京都都議会選(定数127)が2日、投開票された。小池知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」が自民党から、第1党の座を奪い、公明党などと合わせた小池勢力で過半数(64議席)を獲得。自民党は議席を半減し過去最低の水準になった。安倍晋三首相の政権運営に打撃を与えそうだ。と報道されました。

 叉7/3の朝日では、今回の都議会議員選挙では、小池氏から「古い議会と」と批判を浴び、-中略―加計学園の問題に加えて、6/23の告示の目に豊田真由子衆議院議員の暴行・暴言疑惑、同27日には稲田朋美防衛相の「自衛隊としてもお願いしたい」発言があり、更に同29日には、都議選の先頭に立つべき下村氏が加計学園幹部から現金を受け取っていた疑惑が発覚した。と報道されました。

 ―中略―阿倍晋三首相(党総裁)は3日午前、首相は官邸で記者団に「大変厳しい都民の審判が下された。深く反省しなければならい」と語った。―中略―下村博文幹事長代行は敗北の責任を取って、党都蓮会長を辞任する事を表明した。と有り、―中略―自民党役員会後首相も含めた一部の幹部で野党の加計問題等の対応を協議。「国会閉会中であっても、審査には応じざるを得ない」との認識で一致したという。と報道されました。

 小池氏は6/1に自民党に離党届を出して都民ファーストの代表に就任、都議選では候補者の応援演説に走り回っていましたが、2日に投開票された都議選で「都民ファーストの会」が大躍進したのを見届けて、今度は「知事の職務に専心する」という理由で代表を3日付けで辞任し野田数幹元代表が再び帰り咲く意向を報道陣の取材に対して、明らかにした。様です。何と言う変わり身の速さかと驚きました。

 我々一般から見れば、やりたい放題、批判はされても、1党独裁の影に隠れて、今までは支持率が落ちて無いのは我我のしていることが国民から認められている証拠だ見たいに、やって来た横暴振りが選挙民から飽きられたのだと思います。国会議員や高級官僚でなければ、人間としてまともな生活も出来ないような日本国にして、何かと言えば税金ばかりを取り立てて、無駄使いをするような国会議員はもう沢山です。いっそのこと国会議員等は半数くらい減らしてしまえば良いのにさえ思います。

 (株)市川不動産

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月25日(日)のつぶやき

2017-06-26 05:13:14 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民法の大改革について

2017-06-25 13:24:11 | Weblog

昨今、民法が120年ぶりに改正されると騒がれていますが、消費者保護の制度が強化されると聞いています。何故我が国の所有権制度が諸外国の制度に比して特異なものであり、土地の上に建物の権利が別々に存在する国は少ないと言われているのにそうしたものを明確に公表して国民の賛否を問わないのか不思議でなりません。国民の目に付かないところで検討がなされ、突然変わったから従えと言われてもピント来ません。

 一咋年だったか、我々賃貸不動産業者に取っては、死活問題とも言えた賃貸契約更新について、更新料を取ったりすることが、違法かどうか争われ最高裁判所まで行った事は有名ですが、最高裁の判決ではあらかじめ更新条件が新規契約時に提示され、あまりに無謀な条件でなければ賃借人も納得の上契約したのだから、有効だとの判決が出てホットしましたが、あれがもし無効判決だったら、今だって日本中蜂の巣をつついたように大騒ぎしていたかも知れません。

 でも戦争の遺物としか言いようがない家主の正当性事由の存在が未だ認められ、問題の解決が複雑になったままになっていると思います。

 折角の改正時点ですから、この際賃貸借契約は全て定期借地借家権に統一して、これまでの普通賃貸借契約も期限が来れば定借契約に変更すれば期限が来れば必ず返すことがハッキリし、簡単明瞭に成ると思います。更新契約は無くなり全てが新規契約となればスッキリすると思います。

 (株)市川不動産

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月19日(月)のつぶやき

2017-06-20 05:05:50 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過去のアスベスト問題の再燃

2017-06-19 13:44:15 | Weblog

去る6/12のNHKのニュース番組で、過去にアスベスト使用の公営住宅が全国に2万2000戸にのぼることが、NHKの調査で始めて明らかに成ったと報道されました。

 このアスベストについては国土省が、防火資材として推奨し、全国の建築業者に使用するよう勧めたにもかかわらず、S63年に中皮腫・アスベスト疾患が発見されると、急に手のひらを返したように、国土交通省が建物を増改築する際の対策を義務付ける法改正を行いその費用は所有者持ちという指導を行いました。

 今回問題になったのは、推奨当時建築したUR=元住宅公団等=都市再生機構などの法人で、情報開示請求等を通じて調査した結果、吹きつけのアスベスストが使われた公営住宅は32の都道府県でおよそ8700戸に登るほかアスベストが使われていた公営住宅の数は全国ですくなくとも2万2000戸に登ることがわかったようです。

 現在は、物件調査でもアスベスト使用の有無を調査したり、改装するときもアスベストを包み込むよう指導したり、廃棄するには産業廃棄物として、特別に費用が求められるのには不可解です。

ところが今回は公営住宅の施工ですので、改修するとしても、税金を使うしかありません。今回の調査で訴えた患者さんには直接アスベストとの因果関係は不明と言い訳し、公務員は危険性を前もって通達したのだから、自分たちに責任は一切ない様な顔をするのが腹立だたしくて成りません。

 こんな事では幾ら税金をとられたって生活の向上なんて望めなくなり、情けない限りです。

 (株)市川不動産

コメント
この記事をはてなブックマークに追加