鎌倉に住んでる

うまいものを食べて飲んで、のんびり暮らしたい。

直木三十五のお墓

2017-03-04 23:30:00 | 日記

鎌倉から朝夷奈峠を越えて金沢文庫、

そこから海岸沿いに15km近くを歩く

いつも気になっていた

富岡にある「直木三十五の墓」という看板。

ちょうど観音さんの縁日で、

「芋観世音菩薩ご開帳」の幟が立っている。

しかし、里芋の煮っころがしが

ふるまわれるのは明日だった。

里芋のようにツルッと皮がむけて、

白くてすべすべの肌が出てくるというので、

女性の信仰を集めているんだそうだ。

そもそもは疱瘡除け。

「観音さん」と「芋」の関係はわからんかった。

芥川・直木賞の発表があったところやけど、 

芥川龍之介を知らない人はいないはずで、

直木三十五を知ってる人は、

どれくらいいるか。

そもそも直木三十五の作品は書店に売ってない。

青空文庫にたくさんあがってた。

青空文庫

この富岡の地で亡くなったそうだ。

新しい墓石に「故直木三十五之墓」とあった。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 伊藤熊太郎の博物画 | トップ | アブラボウズ »