鎌倉に住んでる

うまいものを食べて飲んで、のんびり暮らしたい。

秋をさがしに八ヶ岳山麓へ

2016-10-29 23:30:00 | 日記

秋という感じが足りないので、

山のほうへいってみた。

新そばを食べたい、

というのがいちばん。

去年みつけた、

八ヶ岳のふもとのおそば屋さん。

明治時代の医院の建物を利用してある、

ちょっと注文の多いお店。

空き席を待つあいだ、

本がどっさり置いてある畳の部屋で、

ぼんやりしたり、

裏庭でトンボとたわむれたり。

南向きのあたたかな藪があって、

アマガエルやテントウムシも

日向ぼっこしてる。

小1時間、ようやくおそばにありつく。

揚げたゴロゴロ野菜と、ざるそば。

うまい!

こっちは正しく藤村式建築の津金学校。

やっと八ヶ岳がすかっとみえた。

紅葉はいま少し早い。

つぎは清里フォトアートミュージアム。

大原治雄「ブラジルの光、家族の風景」

これを観たかった。

戦前のブラジル移民の日常生活を

活写した写真。

開拓移民はそそられる。

こっちは近くの「三分一湧水」。

八ヶ岳の伏流水を、

真んなかに三角の石を置いて、

扇状地へ等しく流水させてる。

もっとまわりたいところがあったのだが、

このあたりですっかり暗くなってしまった。

それで甲府駅の近くで

腹いっぱいに「ほうとう」を食べたあと、

甲府城の天守台までのぼったり、

県庁の古い建物をぐるりとみてまわったり。

腹をこなしてから、

来た道を帰った。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 鎌倉文学館 | トップ | 横須賀ドライドック »