ブログ de ビュー

映画や本、テレビ、ゲームの感想がメイン。作品の記事はカテゴリ「索引」から探せます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

魁!!男塾(映画)

2008-12-27 20:54:26 | 映画
(C)宮下あきら/集英社・「魁!!男塾」製作委員会 2007

今回の記事は『魁!!男塾』(2007年、監督:坂口拓)です。
原作は80年代後半に週刊少年ジャンプで連載された同名漫画らしいのですが、残念ながら僕は読んだことはありません。
これってコメディー映画ととらえていいんですかね?

■内容紹介 ※goo映画より
日本のどこかにあるという、武士道精神を継承し真の男を育てる私塾、男塾。
剣の達人・桃太郎、ド根性男・富樫、野生児・虎丸、そして軟弱男の秀麻呂らが入学してきた。
常軌を逸したシゴキと懲罰に耐え、血と汗と涙の塾生生活をともにする仲間たち。
そんなある日、男塾の乗っ取りをたくらみ、邪悪集団、関東豪学連が戦いを仕掛けてきたのだった。

男に成れ。

魁!!男塾

魁!!男塾


■感想
正直に打ち明けると、この映画はTHE BACK HORNの新曲が主題歌になっていたからという理由だけで観に行った映画です。
THE BACK HORNの「刃」はまぎれもなく名曲で、映画のテーマとも良くあった曲をよく作ったなーと思います。
「立ち上がれ 死んでも譲れないものがある。振り向くな 後ろに道は無い 突き進め」(♪THE BACK HORN/刃)
男にも、女にもやらなきゃいけない時がある!

それでは、映画の感想に移ります。

映画『魁!!男塾』は、「!!!」という印象の映画でした。
まったく感想になっていないのですが、とにかく!!!というイメージだったとしか言えない。
何やらすごい内容になってました。
男たちが集い、男の道を究めていくのが男塾とのことですが、何だこれは。変態的としか言えないぞ。
男気があれば、頭は悪くても構わない。なんてことはないでしょう。
いくらなんでも小学校の足し算くらいはできないと。
すごい内容です!
塾長もしゃべる度に窓が割れるという迷惑甚だしいおじいさんです。
迫力はあるけどね。
漫画のアクションを実写にする際、威力のあるパンチというのは比較的上手く映像化できるけど、目にも止まらぬパンチというのは映像化難しいんだなぁ。
猫パンチにしか見えないのが悲しいですね。

ちなみにこの映画、gooユーザ評価が8点でした。
低っ!
人のことは言えないですけど、世間の評価も厳しいな。

映画データ
題名魁!!男塾
製作年/製作国2007年/日本
ジャンルアクション
監督坂口拓
出演者坂口拓
照英
尾上寛之
山田親太朗
田中哲司
榊英雄
与座嘉秋
タケタリーノ郎
綾野剛 飛燕
佳本周也
三浦誠己
両國宏
島津健太郎
浜崎貴司
HIRO
平田薫
矢沢心
つじあやの
山田辰夫
中島知子
織本順吉
菅田俊
麿赤兒、他
メモ・特記原作:『魁!!男塾』(宮下あきら)
おすすめ度★★☆
(★は最高で5つです。★:1pt, ☆:0.5pt)

■Link
+⇒公式HP(Japanese)
+⇒魁!!男塾 - goo 映画

人気blogランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ←ランキング参加中。よろしかったらクリックお願いします。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空へ-救いの翼 Rescue Wing... | トップ | 地球が静止する日(映画) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
(笑) (萩 ますび)
2008-12-28 02:15:53
きゃはー!
まさか「魁」が
映画になるとは思っていませんでした
ある意味
映像化?!は難しいと思ってましたから
(やっぱ猫パンチになちゃうしね)
ichi-kaさんの評価
!!!うなずけます
俳優陣は結構
有名どころが出てますけどね
主題歌はよいですね
ますびさんへ (ichi-ka)
2008-12-28 22:14:35
コメントありがとうございます。
素早い攻撃って実際目にしたら案外と地味なのかも。特殊効果で実際に攻撃を消してみたりしたらなんのことだか分からなくなってしまいそうだし、映像化は難しそうですね。
THE BACK HORNの曲を良いといってくれてるのは、ファンとして嬉しいです。ありがとうございます。彼らは実力はあるんですがいかんせん知名度が。テレビに出ないからなー、バックホーンは。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

堀北真希の17歳の誕生日 (週間少年ジャンプの秘密)
... 以前、週刊少年ジャンプで連載されていた藤崎竜先生の封神演義を読んでいたの...