ブログ de ビュー

映画や本、テレビ、ゲームの感想がメイン。作品の記事はカテゴリ「索引」から探せます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『アヒルと鴨のコインロッカー』(映画)

2007-08-30 23:51:30 | 映画
(C)2006『アヒルと鴨のコインロッカー』製作委員会


今回の記事は『アヒルと鴨のコインロッカー』(2006年、監督:中村義洋)です。
ストーリーにひとひねりありつつ、切ない後半の展開が心にしみいりました。
邦画の中でもそうとう良い部類に入る良作だったと思います。

■内容紹介
大学入学のために仙台へと引っ越してきた椎名。ボブ・ディランの『風に吹かれて』を口ずさみながら引越しの片付けをしていると、突然、声をかけられる。
「ディラン?」
悪魔めいた長身の男だった。
これが椎名と河崎と名のる男との出会いだった。

椎名は河崎の部屋に案内される。
河崎の部屋は椎名の部屋の隣だった。

「誰かが来るのを待っていたんだ。
まさか、ディランを歌う男だったとは思わなかった」
「はあ」
初対面であり、自分の歌声を聞かれたこともあり何となく気恥ずかしい。
「ディランの声は神様の声だ」
そんな調子で河崎は話を続ける。
「このアパートには外人が住んでいる。この部屋の隣の隣だ」
隣の隣というとこれまた椎名の部屋の隣ということになる。
「彼の名前はキンレィ・ドルジという。
ちょうど一年前の今頃から部屋に閉じこもりがちになったんだ。元気がなくなった」
ホームシックにでもなったのだろうか。
「元気を出してもらいたい。だから、プレゼントをしたい。
彼は辞書を欲しがっていた。面白いだろ? ひらがなも漢字も分からないのに、辞書さえあればどうにかなると思っている」
「それで」
河崎が言う。「俺は辞書をプレゼントしたい」
「広辞苑を奪ってやるんだ」
その言葉に椎名はギョッとした。
「一緒に本屋を襲わないか」

神様を閉じ込めよう

アヒルと鴨のコインロッカー



■感想
どうも最近は更新頻度が落ちに落ちてしまって、レビュー記事のアップも遅れまくっています。
実はこの映画も1ヶ月近くも前に観た映画です。
あまりにもアップが遅い、遅すぎる! と自己嫌悪になりつつも、本題の感想に入ります。

伊坂幸太郎の同名小説が原作のこの映画、僕は原作を読む前に観ました。
そして、予想をはるかに超える良質な出来に正直驚きました。
交錯する物語は見事としか言えないし、ここまで感動するとは思わなかった。

最初は大学生よりもよっぽど若く見える、素朴な青年・椎名(=濱田岳)のいたって平穏な大学生活が描かれています。
そこにどこか謎めいた青年・河崎(=瑛太)が登場してきます。
河崎の登場以後、物語はテイストを変えてきます。
極めて普通な椎名と、謎めいた、ちょっと常軌を逸しているともいえる河崎との掛け合いです。
ただし、この映画の見せ場はそこではなく、この河崎に隠された、とある秘密が最大の見せ場となっています。
この秘密を椎名が突き止めていくんですが…。
これ以上は言えません。見てのお楽しみということで。
そこにはとても切ない物語が隠されています。

椎名を演じる濱田岳のほのぼのとした自然体の演技が良いです。普通っぷりがたまりません。
そして物語のキー人物を演じた瑛太の落ち着いた名演技ぶりもすっかり魅了されました。

派手さはないけれど、きっと心に残る名作になるかもしれない映画です。
ストーリーは文句なし、おすすめの一作です。

帰りに思わず原作小説を買ってしまいました。
今回の内容紹介は大いにこの本が参考になってたりします。
この本、まだ読んでないですが読書レビューにもいずれアップします。
その時をお楽しみに。
(アップはいつになるかは恐ろしくて言えやしないので、気長にお待ちください)


映画データ
題名アヒルと鴨のコインロッカー
製作年/製作国2006年/日本
ジャンルドラマ/ミステリー/青春/エンタメ&ややシリアス
監督中村義洋
出演者濱田岳
瑛太
関めぐみ
松田龍平
田村圭生
大塚寧々
関暁夫
眞島秀和
野村恵里
平田薫
寺十吾
恩田括
キムラ緑子
なぎら健壱、他
メモ・特記原作:アヒルと鴨のコインロッカー(伊坂幸太郎)
おすすめ度★★★★☆
(★は最高で5つです。★:1pt, ☆:0.5pt)

■Link
+⇒公式HP(Japanese)
+⇒アヒルと鴨のコインロッカー - goo 映画

■TrackBack Center(他の人の感想を見たい人はココで)
+⇒「アヒルと鴨のコインロッカー」レビュー :映画レビュー トラックバックセンター

人気blogランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ←ランキング参加中。よろしかったらクリックお願いします。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『親不孝通りディテクティブ... | トップ | ハリー・ポッターと不死鳥の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マルコ)
2007-09-13 21:47:29
ただいま色々なブログを応援しています!
応援ポチッ!
とりあえず (ichi-ka)
2007-09-16 00:45:43
応援ポチで。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「アヒルと鴨のコインロッカー」 (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
おりしも大型台風が関東を直撃した朝。 ねえねの学校では、朝6時の台風警報が出た時点で、休講が決定した。 そんな日に、一緒に映画 『アヒ鴨』 を観に行っていたなんて・・・学校には内緒だ。
アヒルと鴨のコインロッカー DVD (★Shaberiba ★)
「本屋を襲わないか、隣の隣のプータン人に広辞苑をあげたいんだ」 しかし、彼が本屋からとってきたものは「広辞林」だった・・。
『アヒルと鴨のコインロッカー』 (・*・ etoile ・*・)
これは前から気になっていた作品。WOWOWで放送されたとき見逃してしまったのでDVDにて鑑賞。瑛太くんは好き(笑) 「大学に進学する為、仙台で1人暮らしを始めた椎名。隣室の河崎に声をかけられ親しくなる。河崎は何故かペットショップのオーナーは信用するなと言う。あ....
『アヒルと鴨のコインロッカー』/TV (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アヒルと鴨のコインロッカー」□監督・脚本 中村義洋 □脚本 中村義洋、鈴木謙一□原作 伊坂幸太郎(「アヒルと鴨のコインロッカー」創元推理文庫)□キャスト 濱田 岳、瑛太、関めぐみ、田村圭生、関 暁夫、キムラ緑子、松田龍平、大塚...
「アヒルと鴨のコインロッカー」 「区別」しようとする気持ち (はらやんの映画徒然草)
アヒルとは、人類が鴨を家禽として飼育していく中で作られた鳥だということです。 同