ブログ de ビュー

映画や本、テレビ、ゲームの感想がメイン。作品の記事はカテゴリ「索引」から探せます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

甘い生活(映画)

2012-04-14 23:45:00 | 映画
今回の記事は『甘い生活』(1959年、監督:フェデリコ・フェリーニ)です。
巨匠フェデリコ・フェリーニ監督が豊潤な映像美学でローマの退廃的雰囲気を見事に描いた傑作。
作中のモノクロ映像の美しさたるやもはや芸術作品と呼んでも遜色ない極みに達している。
ただ内容は難しめ。
第2回午前十時の映画祭上映作品。

■内容紹介 ※午前十時の映画祭ウェブサイトより
作家の夢を捨て、ゴシップ記者のトップとなったマルチェロ(M・マストロヤンニ)。
彼はナイトクラブで出会った大富豪の娘とホテルで一夜を過ごし、取材で出会ったハリウッド女優(A・エクバーグ)と享楽的な遊びにふける。
そんななかマルチェロは、同棲相手とともに友人宅を訪れる。友人一家の知的な生活を羨むが、その友人は子どもをつれて無理心中してしまう。
絶望感に苛まれたマルチェロはまた狂乱に明け暮れることに……。

フェリーニの終わらない宴

甘い生活

甘い生活

甘い生活


甘い生活


■感想
今作は前回の『』と同じく巨匠フェデリコ・フェリーニ監督の作品です。ですが『道』とはかなりテイストの異なる作品だった。
『道』はしみじみと魅せるヒューマンドラマだったのに対し、『甘い生活』はかなり文学的・芸術的な印象が強く難解に感じた。
退廃的な生活へとふける主人公を淡々と綴ったストーリーは退屈だったとも言える。

映像はとにかく素敵だった。
ローマという街並みを有名スターや大富豪といった上流の人たちの視点で捉え、不健全で乱れているようなデカダンスティック(退廃的)な空気感で満たし撮られた映像は魅惑的です。
またラストシーンへと繋がる木々が茂った場所から海岸へと向かうまでのシーンの映像の美しさは特筆だった。前のシーンが淫らに遊びふけるという暗い感情のシーンだっただけに、夜明けの光に満ちた映像は不思議なほどに美しく映る。

映画が言わんとしていることはあまりよくは分からなかった。文学的過ぎて難しい。
ラストの打ち上げられた巨大な怪魚が腐り果てていく様を見つめる主人公は一体何を思ったのだろうか。また対岸の少女ヴァレリアの声がまったく聞こえぬまま去りゆく主人公の姿で締めたラストカットは何を意図しているのだろう。
とても深そうなのだけれど分からない。後付けの意味づけやら憶測も出来なくはないですがズレると恥ずかしいので今回はやめておきます。

これほど観終わった後に空虚な気持ちに包まれる映画はあまりないかもしれない。
不健全に乱れ遊びふけることは楽しいだろう。けど決して心は満たされない。そうした日々は前へと進むというものではなく後にも何も残らないことが心の底では分かっているからだ。
繰り返しますがこれほど空虚な気持ちに包まれる映画は少ない。
この後味の何ともいえない感じこそが名作と呼ばれる所以なのかもしれない。

今年初めに観た映画なのですが年明け早々ブルーになった。
映画にエンタメやストーリーの良さを求める人にはあまりオススメできない映画かもしれない。
けれど紛れもない名作であることは間違いなく、モノクロ映像の美しさは観ておいて決して損はない映画だと思います。

↓予告編・字幕なし
(予告編はイマイチだったのでムービークリップを貼ってます。有名なトレビの泉のシーン)


映画データ 
題名 甘い生活 
製作年/製作国 1959年/イタリア=フランス 
ジャンル ドラマ 
監督 フェデリコ・フェリーニ 
出演者 マルチェロ・マストロヤンニ
アニタ・エクバーグ
アヌーク・エーメ
バーバラ・スティール
ナディア・グレイ
ラウラ・ベッティ
イヴォンヌ・フルノー
マガリ・ノエル
アラン・キュニー
ニコ、他 
メモ・特記 第2回午前十時の映画祭上映作品

アカデミー賞:衣装デザイン賞(白黒)受賞
カンヌ国際映画祭:パルム・ドール(最高賞)受賞
NY批評家協会賞:外国映画賞受賞 
おすすめ度★★★☆
(★は最高で5つです。★:1pt, ☆:0.5pt)

■Link
+⇒公式HP(Japanese)※午前十時の映画祭特設ページです。
+⇒甘い生活 - goo 映画

+⇒第2回午前十時の映画祭レビュー記事一覧

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン ←ランキング参加中。よろしかったらクリックお願いします。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 道(映画) | トップ | レベッカ(映画) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事