ブログ de ビュー

映画や本、テレビ、ゲームの感想がメイン。作品の記事はカテゴリ「索引」から探せます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Genius Party Beyond(映画)

2008-10-19 00:35:36 | 映画
(C)Genius Party Beyond

今回の記事は『Genius Party Beyond [ジーニアス・パーティ・ビヨンド]』(2008年、監督:前田真宏、中澤一登、大平晋也、田中達之、森本晃司)です。
気鋭のクリエイターたちが贈る短編オムニバスアニメ作品。映像は斬新ですけど…誰かこの映画の意味を教えて…。

■内容紹介 ※goo映画より
古代日本を彷彿させる神々の村を、ある日「巨大隕石」が揺るがす。(「GALA」)
月面都市を舞台に宝の地図が示す「巨人の島」を目指して MOONDRIVEする非常識アニメーション。(「MOONDRIVE」)
お母さんへの「ありがとう」の気持ちをこめて…。小さな男の子の夢冒険へ出発進行!!(「わんわ」)
外界を遮断し、ゆりかごの世界で一人「何か」を育てている少女…。(「陶人キット」)
内面世界を疾走し始め、遂に次元の壁を突き抜ける主人公・シンと彼と心を通わせる少女クウ。(「次元爆弾」)

創造力は超越する。―脳内麻薬体感アニメーション―

Genius Party Beyond

Genius Party Beyond


■感想
気鋭のクリエイターが贈る新しいアニメの世界。
5作品あるのですが、それぞれ感じる雰囲気が全く違っていて、監督さんの個性を感じます。
人が変われば世界も変わる。
それだけに、作品ごとに人の好みも大きく分かれそう。

映像は確かにすごいのですが、映画にストーリーを求める人はこの映画は観に行かない方が無難です。
どちらかというと、ストーリーよりも世界観ありきといった5作品だったので。
けれど気鋭のクリエイターが贈る見たこともないような世界は一度は見てみる価値はあるかもしれない。
(言ってることが何だか矛盾している…)

以下、個別の感想をさらっと書いておきます。

「GALA」
オープニングを飾るこの作品はいきなり想像を超えてきます。
これはいつの時代なんだというような不思議な世界。
そして、猫がでかい。
かなり意味不明に話が進んでいくのですが、最後まで見ると感嘆してしまう。
音楽と命の芽吹きを絡めて描いたこの作品は案外深いのかも。

「MOONDRIVE」
絵柄の好みは分かれそうですが、5作品中ではこの話が一番分かりやすく面白かったと思う。
絵柄斬新だなぁー。(中段一番目の画像がこの作品です)
キャラクターの声が意外すぎる。てっきり男だと思っていたよ。
お馬鹿なこの4人組、けっこう好きかも。

「わんわ」
MOONDRIVEも斬新だったけど、この作品はさらに斬新な絵柄。
斬新というより、挑戦と言ってもいいかもしれない。
こんな絵柄だけど、子供の悪夢の世界を描いたこの作品は5作品中で一番怖い。
赤鬼怖ぇ。
かつ一番温かい作品でもあった。

「陶人キット」
5作品中で一番リアルで荒んだ絵柄。
不健康そうな女の子が妙にリアルです。
あのロボット警官にNo more 映画泥棒のビデオ人間を彷彿させました。
それにしても、陶って何ですか? 悪霊? この世のならざる者?
佐野史郎さんが捜査官の声を演じています。

「次元爆弾」
中段2段目の画像の作品。
この映画こそまさに脳内麻薬アニメーション。
見た人をどこか分からない世界へ連れて行きます。
Let's トリップ。
誰かこの映画の意味を教えてください。
少女クウを演じているのは声優初挑戦の菅野よう子さん。
けっこう可愛い声をしていられます。

映画データ
題名Genius Party Beyond
製作年/製作国2008年/日本
ジャンルアニメ/アート
監督前田真宏
中澤一登
大平晋也
田中達之
森本晃司
声の出演高乃麗
江戸家小猫
古田新太
高田聖子
鈴木晶子
一条和矢
佐野史郎
水原薫
菅野よう子
小林顕作、他
メモ・特記制作:STUDIO4℃
2007年に第1弾作品公開
おすすめ度★★★
(★は最高で5つです。★:1pt, ☆:0.5pt)

■Link
+⇒公式HP(Japanese)
+⇒Genius Party Beyond [ジーニアス・パーティ・ビヨンド] - goo 映画

人気blogランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ←ランキング参加中。よろしかったらクリックお願いします。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 落下の王国(映画) | トップ | アルカナ途中報告 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事