ブログ de ビュー

映画や本、テレビ、ゲームの感想がメイン。作品の記事はカテゴリ「索引」から探せます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ウィンターズ・ボーン(映画)

2012-02-06 23:20:00 | 映画
今回の記事は『ウィンターズ・ボーン』(2010年、監督:デブラ・グラニック)です。
サンダンス映画祭でのグランプリ受賞をはじめ各地の映画祭で評判を呼んだインディーズ系クライム・ヒューマン・ドラマ。
残された家族を守るため、行方不明となった父を捜して危険な裏社会へと足を踏み入れていく少女の姿を描いた衝撃作。
主演はハリウッド期待の新星ジェニファー・ローレンス。

■内容紹介 ※goo映画より
ミズーリ州南部の山間に住む17歳の少女リーは、一家の大黒柱として、心を病んだ母親と幼い弟と妹の世話をし、なんとか暮らしを切り盛りしていた。
ある日、彼女は地元の保安官から衝撃的な事実を知らされる。
長い懲役刑を宣告されていた父親が、自宅の土地を保釈金の担保にして失踪したというのだ。
もしこのまま裁判に出廷しなければ、家が没収されてしまう。
リーはやむなく父親探しを始めるが、親族たちは一向に協力してくれず…。

家族のために 未来のために
彼女は大人になるしかなかった――


ウィンターズ・ボーン

ウィンターズ・ボーン

ウィンターズ・ボーン


■感想
※記事中のカッコ内空白はネタバレ反転です。

間違いなく名作と呼ばれる映画なのだろう。
しかしそれが自分の好みに合うのかどうかはまた別問題だ。
ストーリーも音楽も映像も良いものだったとは思えなかった。
けれどこの作品を悪い映画だったという人は恐らく1人もいない。

映画の中にはエンタメ度がゼロというモノも存在する。
この映画がまさにそんな映画であり、気軽に楽しめる作品では全くなかった。内容はかなり重く暗く、そして辛い。
もしこの映画を観たいと思っている方がいるのなら、それなりの覚悟が必要な映画だということを頭に入れておいてもらいたい。
(ちょっと脅かし過ぎだろうか…)

映画はとてもリアルにして暗く渇いたハードな内容だった。
張り詰めたシーンの緊張感の高さは相当なもので背筋に凍えるような痛みを感じるほどだ。
映画の内容は、生きるため家族を守るために貧しい寒村の裏社会へと否応なく足を踏み入れてしまうこととなる一人の少女の物語が描かれている。

主人公のリーはとにかくしっかりした娘で、責任感と優しさを併せ持ったとても強い女の子のように見えた。
どんなに厳しい現実を見せられようと、寒村の裏の部分を見せつけられようとも、決して取り乱さず落ち着いている。とても肝が座っているのだ。
しかしながら、そんな彼女の弱さが垣間見れるシーンも映画には入れられている。はっきりと分かるのは2シーン。
ひとつが森を売るか否かの決断を精神を患っている母親に求めるシーン。そしてもうひとつが沼に沈んだ父親の死体から両手の骨を切断するシーンだ。
前者はそれまで勝気だったリーが初めて弱い姿を見せるシーンであり、不安や悲しみを内に抱え、決して返ってはこない母親の回答を待つその姿に言いようのない憐憫を感じ、心を打ってくる。
後者はあまりにハードなシーン過ぎて動悸が急上昇すると共に背筋が寒くなるほどの嫌悪感でいっぱいになる。
おそらく映画最大の見せ場のシーンであり、裏社会の陰鬱さと残酷さの極みをあまりにも悲しい少女への仕打ちとして見せつけられるシーンです。
描写は限りなくリアルで圧倒されてしまう。それと共に胸の奥に生じた鈍痛がいつまでも残り続ける。

物語の核心部分はあまりはっきりとは語られずじまいなのでモヤモヤした気持ちが若干残る。
閉塞した裏社会の輪郭部分がある程度垣間見れたという程度だろうか。

主役のリーを演じているジェニファー・ローレンスの勝気な演技は上手かった。
ティアドロップを演じていたジョン・ホークスも良かった。(悪人と思いきやこの人が一番リーたち一家のことを思っていてくれたのかもしれませんね。

↓予告編・字幕なしオフィシャルHD版


映画データ 
題名 ウィンターズ・ボーン 
製作年/製作国 2010年/アメリカ 
ジャンル ドラマ/サスペンス/犯罪 
監督 デブラ・グラニック 
出演者 ジェニファー・ローレンス
ジョン・ホークス
シェリル・リー
デイル・ディッキー
ギャレット・ディラハント
ローレン・スウィートサー
アイザイア・ストーン
アシュリー・トンプソン
ケヴィン・ブレズナハン
テイト・テイラー
シェリー・ワグナー、他 
メモ・特記 PG12指定
原作:ダニエル・ウッドレル

インディペンデント・スピリット賞:助演男優賞(J・ホークス)・助演女優賞(D・ディッキー)受賞
サンダンス映画祭:審査員大賞(ドラマ部門)・脚本賞受賞 
おすすめ度★★★☆
(★は最高で5つです。★:1pt, ☆:0.5pt)

■Link
+公式HP(Japanese)
+⇒ウィンターズ・ボーン - goo 映画

+⇒2011年映画レビュー記事一覧

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン ←ランキング参加中。よろしかったらクリックお願いします。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エイリアン(映画) | トップ | 三銃士/王妃の首飾りとダ・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事