ブログ de ビュー

映画や本、テレビ、ゲームの感想がメイン。作品の記事はカテゴリ「索引」から探せます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サマーウォーズ(映画)

2009-08-30 22:33:15 | 映画
(C)2009 SUMMER WARS FILM PARTNERS

今回の記事は『サマーウォーズ』(2009年、監督:細田守)です。
気弱な少年がひょんなことから世界崩壊の危機に立ち向かうことになるSF青春アドベンチャー。アニメです。
何かに一生懸命になったり、淡い恋心だったり、青春テイスト強めでキュンキュンします。

■内容紹介 ※goo映画より
小磯健二は少し内気で人付き合いが苦手な17歳。
数学オリンピック日本代表の座をあと一歩で逃したことをいつまでも悔やんでいる理系オタクだ。
健二はある日、憧れの夏希先輩からバイトを持ちかけられ、一緒に彼女の故郷まで旅行することになる。
バイト内容は、「ご親戚」の前で彼女のフィアンセのフリをすること。
しかし、仮想空間“OZ”のパスワードを解いてしまったことから、世界を揺るがすトラブルに巻き込まれてしまい…。

「つながり」こそが、
ボクらの武器。


サマーウォーズ

サマーウォーズ


■感想
※カッコ内空白はネタバレ反転とします。
映画『サマーウォーズ』を観てきました。
ここのところアニメ映画をやたら観ているような気がします。
やっぱり夏休みの時期なので子供も楽しめるアニメ作品がこの時期には多いからかな。

サマーウォーズは家族の温かみや懐かしさ、人との繫がりの大切さを根底のテーマとして描かれているのでストーリーは良かったです。
加えて「内気な少年」「憧れの先輩(片想い)」と王道の要素を含んだ青春ストーリーなので一般受けも良さそう。
巷の評判の高さも何となく頷けます。
この甘じょっぱいというか、何というか、胸のキュンキュンする感じ、好きだな。
ただしストーリー自体にそれほどの深みはないので、腰を据えて見ると言うよりは、シンプルにサクッと見れる映画なのだと思います。

キャラの魅力は高いです。
主人公の健二は純粋な心優しい少年の感じが出ていていいですね。
声は神木隆之介くんが演じているのですが、これが意外なほどマッチしています。
ヒロインの夏希先輩も可愛い。
しっかり者で芯の強い気丈な女の子という印象が強いんですけど、時々どこかぬけた(ほのぼのとした)印象を感じることも。
健二以上にいろんな一面が見れてホント、可愛い。
後半の見せ場も、夏希先輩(花札による大博打)、健二(暗算。…地味)と夏希先輩の方がかっこいいような気も。
でも一番いろいろな意味で驚かされて気に入ったのはカズマくんだったりします。
最初はてっきり女の子だと思っていたら男の子で、ゲームオタクだと思っていたら武闘派だったりと、意外すぎるところがツボ。

栄おばあちゃんも良かった。
流石はみんなに慕われているだけあり、どっしりとした人間の凄味というものを感じる。
厳しくもとても温かいこのおばあちゃん、大好きかもしれない。
それだけに後半の展開は「まさか!」と思ってしまった。
まさかこんなことになるなんて。
あんまりだと思ったけれど、(人に永遠なんてものはなく、いつかは別れのときがやってくる。
それはしょうがないことなのだと思う。
だからこそ今の人との繫がりは大切なのだと改めて思います。
それに、このおばあちゃんは多くの人に勇気を残した。
きっと大切な想い出としていつまでもみんなの心に生き続けることだろうと思う。


全体的に面白く楽しめた映画でしたが、ただ一点だけ解せない点がありました。
それは“OZ”の世界観。
これだけは何だか良く分からなかった。
僕はやったことないので良く分からないのですが、生活リンク型のオンラインRPGみたいな感じなのかなーと最初は思った。
けど生活の根幹部分を管理させているみたいだし、単純にゲームではない?
なのにバトルモードとかあったりするのでやっぱりゲームなのか?
それ以上にあんなにも大変な事態になるのに、管理組織による対策がなされない。
これ超危なくない?
そして何よりラブマシーン(AIプログラムか何かですか?)に対して、おびき寄せ、水攻めって一体何をしたんだろう。
とか、いろいろ考えてしまう。
けどアニメ作品でこんなことを考えてしまうのは頭堅い証拠なんだろうな。

ストーリーやキャラの魅力は良かったので、あまり深く考えずに楽しむのが一番いいのかも。

映画データ
題名サマーウォーズ
製作年/製作国2009年/日本
ジャンルアニメ/青春/アドベンチャー/SF
監督細田守
声の出演神木隆之介
桜庭ななみ
谷村美月
斎藤歩
横川貴大
富司純子
信澤三恵子
永井一郎
清水優
小林隆
桐本琢也
仲里依紗、他
メモ・特記脚本:奥寺佐渡子
キャラクターデザイン:貞本義行
おすすめ度★★★★
(★は最高で5つです。★:1pt, ☆:0.5pt)

■Link
+⇒公式HP(Japanese)
+⇒サマーウォーズ - goo 映画

■TrackBack Center(他の人の感想を見たい人はココで)
+⇒「サマーウォーズ」レビュー :映画レビュー トラックバックセンター

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン ←ランキング参加中。よろしかったらクリックお願いします。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は選挙 | トップ | HACHI 約束の犬(映画) »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (Matthew)
2009-09-01 02:10:27
この映画、2度見に行って、2度とも面白かったです。
人と人とのつながりにおいても、最新のものと、昔ながらのものとの両極端の世界を、上手に描いた作品だと思いました。

この夏、観た映画の中では、一番面白かったです。

何気に、カズマ君自身とキング・カズマ、両方お気に入りです。
待ち (萩 ますび)
2009-09-02 21:16:13
こんばんは!
前評判通り、期待できそうですね
残念ながら、私の近くでは
9月中旬に公開予定
楽しみに待ってます
コメントありがとうございます (ichi-ka)
2009-09-05 14:20:37
>Matthewさん
どこか懐かしい感じのするものと、仮想世界という先端の技術を上手く一緒に描いていましたね。
やっぱりカズマくんがツボだった人はけっこういそう。

>ますびさん
前評判も実際に観た人の評判も高い作品です。
実はそこまで高いのが僕としては少しだけ不思議に思うのですが、実際に高いのだからそうとうに良い作品だったに違いないです。
9月の公開、楽しんできてください。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

サマーウォーズ■「戦い」ではなく「戦い方」の映画 (映画と出会う・世界が変わる)
この映画では戦いが描かれる。栄おばあさんを中心とする一家と健二が戦う相手はサイバースペースの中の怪物である。バグのようなものであり、この相手には人格のようなものはない。従って、この戦いには「正義対悪」のようなものはない。むしろ、身内の中に悪があり、その...
『サマー ウォーズ』 (Matthewの映画日記?)
                  気になっていた『サマーウォーズ』、観に行ってきました。 あらすじは 小磯健二は少し内気で人付き合いが苦手な17歳。数学オリンピック日本代表の座をあと一歩で逃したことをいつまでも悔やんでいる理系オタクだ。健二はある日、...
サマーウォーズ (とにーのブログ)
この作品はかなりオススメ度が高いです! アニメと言えば宮崎駿しか観たことがなかったのですが、泣けて笑えて恐ろしくて楽しくて、アッと...
サマーウォーズ / 86点 / サスガ日本のアニメはレベルが高いっすね! (ゆるーく映画好きなんす!)
こういうアニメを観て育った子供達は、悪い子になるわけがないと思うのです! 『 サマーウォーズ / 86点 』 2009年 日本 120分 監督 : 細田守 脚本 : 奥寺佐渡子 【満足度】 ★★★★★★★★☆☆(86点) 少し、こどもっぽ過ぎるかな~っつーと
「サマーウォーズ」 あんたならできる (はらやんの映画徒然草)
口コミで次第に観客を集め、単館公開ながらロングランとなった「時をかける少女」の細