ブログ de ビュー

映画や本、テレビ、ゲームの感想がメイン。作品の記事はカテゴリ「索引」から探せます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

劇場版 機動戦士ガンダム00(ダブルオー)-A wakening of the Trailblazer-(映画)

2010-11-20 22:19:00 | 映画
今回の記事は『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』(2010年、監督:水島精二)です。
大ヒットTVアニメ「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」の劇場版にしてシリーズ完結編。
個人的に主題歌がTHE BACK HORNだったことがポイントだった。

■内容紹介 ※goo映画より
西暦2314年。
私設武装組織・ソレスタルビーイングの活躍により、地球は一時の平和を謳歌していた。
だが130年前の木星探査船が地球圏に接近したことで、事態は一変する。
生体反応のない廃船だと思われた“それ”は、人類の存亡をかけた戦いの始まりを告げる存在だった…。
再び集結する、ソレスタルビーイングのメンバーたち。
さらに人類の水先案内人たるイノベイターへと進化した刹那は、新たな危機の中で、自らの進化の本当の意味と直面する。
そして明らかになる、イオリア計画の最終段階とは!?
「来るべき対話」とは、一体何なのか!?

最終決戦(来るべき対話)の始まり。それは、人類の目覚め──

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-


■感想
ガンダムシリーズは好きです。
観たことがあるのは、1stと呼ばれる初代、その続編のZ、その後はいきなり飛んでOO(ダブルオー)です。
3作した観たことないのですが機会があれば他のシリーズも見たいなぁとは思っています。
(tvkあたりで再放送してくれないかなー)

TVシリーズのガンダムOO(ダブルオー)も全話観ました。
1stシーズンも2ndシーズンも最初の展開はあまり好きにはなれなかったけれど、話が進むにつれ盛り上がりなかなか面白かったと思っています。
物語の語りは重く考えさせられ、世界が手を取り合っていくというTVシリーズが向かった先も良かった。
キャラクターの魅力も高かったですね。
一番好きだったキャラは初代ロックオンかな。
ダブルオーについてはレビュー記事も書こうかなと思っていたのですが結局書かずじまいのままでした。
かなり簡単ですが、上の数行にて代えさせてもらいます。

それでは映画の感想を。

劇場版ガンダムOO(ダブルオー)の主題歌にはTHE BACK HORNが抜擢されました。
…とは言っても実際は「閉ざされた世界」の短いバージョンがオープニングで流れただけでした。
何だか残念。
映画の世界観をより歌ってるのってあの後だと思うのにな。
エンディングに使って欲しかったという気持ちもあるにはあるのですが、あの物語の締め方だと「閉ざされた世界」の歌詞の重さは合わないかなーという印象もあるからな。

映画の内容は、うーむ、わかりにくり。
TVシリーズも難しい設定は多々あったのですが、映画はそれを超えています。それも別次元の方向性で。
ぶっちゃけTVシリーズと映画だと根底にある概念が違っているんじゃないかと思える。
また、いまいち盛り上がりにも欠けた気がします。
絵は確かにキレイで、TVシリーズの2年後という設定でお馴染みのキャラクターたちの成長した姿を見れるのはファンとしては嬉しい限りなのですが、ストーリーが残念なことになっている。
刹那とティエリア以外あまり活躍しません。
ティエリアが大体のいいところを持っていきます。
TVシリーズでは主役クラスだったロックオンアレルヤは完全にわき役と化してしまったようにしか思えない。
どうしてこうなったんだ。

2ndシーズンで成長の予感を感じさ、視聴者の期待をひっぱりにひっぱりまくった挙げ句、結局あまりパッとしなかった沙慈・クロスロード
映画では大成長するのかなーと思っていたのですが、結局パッとしないままなんですね。彼。
なんて悲しい宿命なんだ。
頑張れば主役を張れるキャラだと思うんだけどな、沙慈は。

ダブルオーのヒロインは誰なのか。
おそらくマリナ姫だと思うのですが、TVシリーズだとその扱いはヒロインっぽくなかった。
マリナ姫は劇場版では一番大人っぽく成長した姿が見れます。
映画のラストシーンを見る限り、やっぱり彼女がヒロインで合っていたんだなと思いました。
かなり衝撃的なラストシーンは驚いてしまった。
彼女、幸せだったのかな。

結末部分は謎だった。
あの花は何だ?
最後、刹那は金属生命体の星?へ行って、分かり合ってメタル化したってことなんでしょうか?
人はどんな存在とも分かり合えるってテーマは良いとは思うけど、あの終わり方はあまり好きじゃない。
人は進化しないといけないんですか。
ちょっとスッキリしない。

最後に。
映画はエンドロール後にもラストシーンが続きます。
そのラストシーンでダブルオーの物語は完全に完結させています。
ここまではっきり物語を締めたアニメって珍しい気もします。

かなり辛口感想を書き綴ってしまいましたが映画自体は普通に楽しめる内容だったとは思います。
物語を追い求める見方をすると「ちょっと薄い」という印象もあるのですが、ファンなら観ておいて損はないでしょう。
絵もキレイだし完結編だし。

映画データ 
題名 劇場版 機動戦士ガンダム00(ダブルオー)-A wakening of the Trailblazer- 
製作年/製作国 2010年/日本 
ジャンル アニメ/SF/アクション 
監督 水島精二 
声の出演 宮野真守
三木眞一郎
吉野裕行
神谷浩史
勝地涼
入野自由
中村悠一、他 
メモ・特記 「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」の劇場版
脚本:黒田洋介
主題歌:THE BACK HORN 
おすすめ度★★★☆
(★は最高で5つです。★:1pt, ☆:0.5pt)

■Link
+⇒公式HP(Japanese)
+⇒劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer- - goo 映画

■TrackBack Center(他の人の感想を見たい人はココで)
+⇒「機動戦士ガンダムOO -A wakening of the Trailblazer-」レビュー :映画レビュー トラックバックセンター

+⇒2010年映画レビュー記事一覧

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン ←ランキング参加中。よろしかったらクリックお願いします。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベン・ハー(映画) | トップ | アラビアのロレンス(映画) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ガンダム (Matthew)
2010-11-22 20:02:22
TVで見たこの映画のCMで、THE BACK HORNと入っていたので、「もしやこれは、ichi-kaさんがいつも書かれているバンドか?」と思っていたのですが、やっぱりそうだったのですね。
 
Matthewさん (ichi-ka)
2010-11-23 18:25:19
コメントありがとうございます。
そうです。映画ガンダムOOの主題歌を歌っているのはTHE BACK HORNです。
CMは見たことなかったけど、そうか「閉ざされた世界」が使われているんですね。知らなかったな。
結成10年を迎えたTHE BACK HORNをこれからも応援していきたい。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

映画 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer- (VAIOちゃんのよもやまブログ)
TVシリーズ(セカンドシーズン)終了後に映画化された機動戦士ガンダム00。先日DVDではありますがレンタルして鑑賞しました。映画のタイトルは「機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trail ...
「劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」 変わろうと思えば、人は変われる (はらやんの映画徒然草)
「機動戦士ガンダムOO」シリーズの劇場版で、セカンドシーズンから2年経過した世界