ブログ de ビュー

映画や本、テレビ、ゲームの感想がメイン。作品の記事はカテゴリ「索引」から探せます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エリザベス:ゴールデン・エイジ(映画)

2008-03-18 23:32:59 | 映画
(c) 2007 Universal Studios. All Rights Reserved.

今回の記事は『エリザベス:ゴールデン・エイジ』(2007年、監督:シェカール・カプール)です。
無敵艦隊を擁するスペインとの宗教戦争や女王の暗殺計画、そして禁断の恋など様々な試練と向き合いながらも黄金時代を築いていく女王エリザベスの雄姿を壮大なスケールで描いた大作歴史ドラマ。
ケイト・ブランシェット演じる凛々しいエリザベスがかっこいい。


■内容紹介
英国女王エリザベス。
国に全てを捧げ、一生を独身で通した女王。
彼女は《ヴァージン・クイーン》

プロテスタントの女王としてイングランドを治めるエリザベス1世。
彼女は揺るぎない信念で王の威厳を保っていたが、依然国内外でカトリックを信奉するものたちの謀略が渦巻いていた。
中でも、欧州全土をカトリックにする誓いを立てイングランドをも手中に収めようと息巻くスペイン国王フェリペ2世と、従姉のエリザベスが不義の子であることから正統な王位継承権が自分にあると主張するスコットランド女王メアリーの存在は脅威となっていた。

そんなある日、エリザベスの前に、新世界(アメリカ)から帰還したばかりの航海士ウォルター・ローリーが現われる。
「あなたは誰?」
「ウォルター・ローリーです」

ローリー卿はエリザベスに未知の世界の冒険譚や植民地計画の夢を熱っぽく語った。
彼は女王に媚びるばかりの他の男たちとは違った。

「彼は興味深い」

エリザベスはいつしかローリー卿に魅了されていく。
ローリー卿も知的で気高い女王に圧倒されるが、これが尊敬を超えた感情であることを感じていた。
“ヴァージン・クイーン”を貫き通していたエリザベスの心は揺らぎ始めるが…。

これは許されぬ想い――。

「自由に人を愛する――
私には叶わぬ願い」


そんな中、英国とスペインとの対立は徐々に深刻化していった。
スペインはことあるごとに英国に圧力をかけてきたが、エリザベスは決して屈しない。

「私はスペインなど恐れない」

「風と共にそのプライドは消え去るのだ」

「ならば、私は風に命じよう
嵐でスペイン軍を吹き飛ばせと!」

そして――。
1588年。スペイン無敵艦隊、英国へ侵攻。

敵は、外にも中にも──
そして私の心にも。


ELIZABETH: THE GOLDEN AGE

エリザベス:ゴールデン・エイジ



■感想
『エリザベス』(1998年、監督:シェカール・カプール)のその後の話を描いた今作。
エリザベス女王を演じたケイト・ブランシェットの存在感が素晴らしかったです。

この映画、エンタメ要素が低いので、人によっては退屈に感じることもあるかもしれません。
僕も退屈に感じた時間帯が一部ありました。
けれど、ケイト・ブランシェット演じるエリザベス女王は一見の価値はありです。
存在感がすさまじい。
堂々とした女王としての振る舞いには圧倒されてしまいます。
めちゃくちゃ性格きついですが、これぐらいじゃないとあの時代、女王としてやっていくことはできなかったんでしょうね。
また、映画ではエリザベスがひとりの女性として苦悩する姿も描かれています。
いくら気高い女王であってもひとりの人間であることには変わりない。
強い女性というイメージが強いエリザベス女王の、弱い面もしっかり描いていたのは良かったです。

しかし、やっぱり映画中で魅力的に映ったのは、エリザベスの気高くて凛々しい姿。
後半、スペイン無敵艦隊を前にして、自ら甲冑に身を包み、兵士たちの前で演説するシーンはとてもかっこよかった!
感動的でもあった。エリザベスの言葉に胸が熱くなります。

映画中に流れる、壮大な感じがする音楽も良かったです。
(↓で聞けます)




映画データ
題名エリザベス:ゴールデン・エイジ
製作年/製作国2007年/イギリス=フランス
ジャンルドラマ/歴史劇
監督シェカール・カプール
出演者ケイト・ブランシェット
ジェフリー・ラッシュ
クライヴ・オーウェン
アビー・コーニッシュ
リス・エヴァンス
ジョルディ・モリャ
サマンサ・モートン
トム・ホランダー
エディ・レッドメイン
アダム・ゴドリー、他
メモ・特記『エリザベス』(1998年、監督:シェカール・カプール、主演:ケイト・ブランシェット)の続編

↓受賞
2007年 アカデミー賞 衣装デザイン賞
おすすめ度★★★☆
(★は最高で5つです。★:1pt, ☆:0.5pt)

■Link
+⇒公式HP(Japanese/English)
+⇒エリザベス:ゴールデン・エイジ - goo 映画

■TrackBack Center(他の人の感想を見たい人はココで)
+⇒「エリザベス:ゴールデン・エイジ」レビュー :映画レビュー トラックバックセンター

人気blogランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ←ランキング参加中。よろしかったらクリックお願いします。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« URLチェッカー | トップ | ジャンパー(映画) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

エリザベス:ゴールデン・エイジ (いやいやえん)
一作目よりもだいぶ間があいてしまいましたが、主演は変わらずケイト・ブランシェットさんです。相変わらずの存在感。 後半ではスペインの無敵艦隊との戦争が待っていますが、正直ストーリーとしてはぶつ切り感が否めない。恋愛部分としては、侍女ベスとローリー卿を自...