ブログ de ビュー

映画や本、テレビ、ゲームの感想がメイン。作品の記事はカテゴリ「索引」から探せます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

感染

2006-01-05 16:54:41 | 映画
今回の記事は『感染』('04年日本、監督:落合正幸)です。
深夜にtv放送されたのを見ました。
この映画、怖い。もうあらゆる意味で怖い…

内容紹介
経営危機に陥った病院。この病院では薬品、備品の類は不足し
医師や看護師も激務に追われ肉体的にも精神的にも疲弊していた。
そんな病院で未知のウイルスによる感染の恐怖が始まる。
そのウイルスに感染すると人は内臓から溶け始め、死亡する…

感想
最初にも書いたけどこの映画、とにかく怖い。
まず病院にいる入院患者が不気味で怖い。
病院に勤める医師や看護師も狂気じみてて怖い。
どこかおかしい人が多い。普通の人も怖ろしく思えてくる。
(こんな病院には絶対入院したくない…)
表現もグロテスクで気持ち悪くて怖ろしい。
そして人が精神的に追い詰められていく心理が本当に怖い。
この映画で描かれていることは全てが怖いです。
怖くないことは一つもないぐらい。
この映画は急にびっくりさせて怖がらせるというものではなく
(もちろんドキッ!!とするシーンもありますが)
心理面から攻めて怖くさせていく、という映画です。
見ている間、常に心に不安感を感じさせられて
ずっとドキドキしっ放しでした。
ミステリ的な要素も強く、気になる展開に釘付けになります。
後半に待ち受ける真相にも驚きます。
(一つ疑問に思うことが勝手に動くブランコの描写。
あれが一体何なのかは謎でした)
見終わった後、その日の夜に悪夢でも見そうな気がする映画。


『感染』
--映画データ-----------------------------------------
2004年日本
ジャンル:ホラー/サスペンス/病院
監督:落合正幸
出演:佐藤浩市
    高嶋政伸
    南果歩
    星野真理
    真木よう子
    佐野史郎、ほか
---------------------------------------------------------
 おすすめ度:★★★
 (★は5つ中)
 Jホラーシアター(ページ内の"感染"の扉から公式サイトへ行けます)
 goo映画へのリンク
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« OUT | トップ | 古畑任三郎ファイナル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事