029JupitaCu 058 RadioIsotope Lightning. Friday

暴走するメタフィジックス [||MetaPhysics||]

[シバルト]報復と破壊30

2017-06-19 12:58:02 | 本文
サイバーレンジ、これは、サイバー領域。
領域と謂うことは、ビジブル・見えると謂うことで、或る。

サイバー戦争が、この領域の争いで或ることは、
謂うまでも無い。

多くの人は、このサイバー戦争が、架空もしくは、想像、
そして、誰かが利用した、産物に過ぎないと感じるかも
知れない。

しかし、その中の想像とは、アイディア。
なんと、人が望んで止まない、思考の中に或る。


[ハーモニックテキスト]

多くの人は、自らの存在(ヨ)が、現実の緻密に或ると
暗黙的に信じて疑わないで或る。

しかし、多くの人々は、自らの思考の意味、即ち、
セマンティクスをTRUEに出来ない。
この現実。

繰り返すが、テニーコス。これは、あまり良い
セマンティクスでは、無い。

確か、1903年クローン・プランツやフェイル、アートフィシアル。
このテニーコスで、架空のネイティブストラットを思考の中に
構築するのが、アートフィシアル。
その領域のレンジは、未定義。

即ち『 I I I I I I am ….. Gemini…..7 . Un Un Un Un-militarized base…… 』


サイバーレンジとは、その入り口のセマンティクスに過ぎない。
あらゆる、サイバー CYBERと謂うセマンティクスが、
そこにペンシルされている。

知能即ちIQゼロとは、未知100%の事で或る。
思考の中で、未知100%に成った状態それが、知能ゼロ。
この状態が、如何なる、存在か?


ニコラステスラの背景放射では無いが、
これは、タイムドメインのセマンティクス。

グローバリッシュの世界情勢が、まるで、基数2の例えば、
America-France System(63) と English-German System(120)
の連鎖反応で変わるのに等しい。

これが、World NEWSの現状。
思考の中の未知の含有0.0000000000001(有界無限)でも、知能0と成る。
0事象で、全てが変わる。

このフィールドを利用するのが、これまた。
サイバーのアスペクトの1つ。

バイオ・サイバネティクス、これは、或る意味。
理解の最後の砦。
人々は、情報と謂う、オブジェクトを理解出来ずに、
情報の無い世界に逃避しているように見える。

従い、World NEWSにデマゴーグが舞い。
実直な人が、何も知らずに、ひたすら、
アブストラクションしている、現実が、
このKOCMOC、即ち、社会や世界と謂う事に成る。

これが、未知、即ち、知能ゼロでの所動。
現実の緻密から、著しく、遠い世界。


理解そのものは、サイレ。
この概念の基は、アイエンティア、
即ち、サイエンス。
では、セマンティクスの基は?


[クロスファイアーテキスト]

セマンティクス、それは、或る意味のエスタブリッシュメント。
それが、具現を成して、0972.5015.7660.5143.0747
これを交換台と謂う。

それは、実際には、ラスターグラフィックス。
このロングオーダーベクトルの基が、
ゼログラフィックスで或ることは、
謂うまでも無い。

ここには、当然、テキストで書いてある。
従い、これをラスターグラフィックスと謂うものは、居ない。
書く者は、当然、意味としてのセマンティクスを書いている。

が、しかし。
ゼログラフィックスとセマンティクスは、ほど遠い系で或る。
堅牢なシードが、ゼログラフィックス。
そして、意味やセマンティクスを含め、
変遷が思考と謂う事に成る。

これは、アルジェブラ・シュピーゲル

人々が、恐れて、止まないオブジェクト。
それを現在、テロリストと呼ぶが?
それは、単なる、アルジェブラ・シュピーゲル。

テロリストも、また、当然、セマンティクス。
変遷する思考そのもの。

これら、全てのトランジッションに踊らされて、
生きる、生存それは????

...................



Ω to Ω loop backは、それは、日常の思考。
或る意味、日常会話。
人は、日常会話のみで、存在している訳ではない。

ハーレンファイトそれは、ゼログラフィックスをシードとする。
テニーコスやアートフィシアルの問題は、
この感覚やセマンティクスをペンシルしたゼログラフィクスに
改変を挑む『 極めて危険な興味に或る 』

これが、シンセサイズ、即ち合成で、
現在のサイバーをアスペクトの1つで或る。

視界に或るオブジェクトの興味の連続性は、
存在するが、

人とは、逆進不可能な存在。

それが、INSTINCT


KOCMOCは、セマンティクス以外は、それは、
想像の産物、即ち、ユニコーンのように認識している
かも 知れないが。

テロリストのセマンティクを認識している、
段階で、既に、 セマンティクス以外の
領域を未知と看做して、おり。

もはや、知能ゼロで或る。


サイバーレンジそれは、人のネイティブストラットに
或る。ゼログラフィックスのようなもの
現実の緻密には、ほど遠いが、
ライトハウス程度には、成る。

サイバーレンジを遥か遠くの視界に置き。
そのエスタブリッシュメントは、
今後、どう進化を遂げるか?

その時に、人は、果たしてモニックできるので
或ろうか?




否定とは、ネイティブストラットの
ゼログラフィクスからの否定に他ならない。




未知の知覚は、必然。望まない者が、求める者では無い。
架空のサイエンスが、如何に愚かか?
相対として、本質を外れた文学が如何に愚かか?

そこには、緻密、そのものが無い。


世代を連鎖した、プロキシーヒュンミハウゼンが、
この視界から、社会と認識できる。



やはり、認識として理解、即ち。
モダンなサイレ。
この欠落により、人は容易に、シンセサイズをメイクセンスする。

それは、言語や知能によらない。

感覚による納得の社会や世界。



人々が INSTINCTから逃避して、刺激のプロパゲーションで生息しても、
クローン状の即ち、感覚と謂うなの情景の中に埋もれる。
ブラインド・セマンティクス。


これが、スパイゲル・アルジェブラ。
ゼログラフィクスが、益々、遠く成る。






CALL-SIGN-KATSUNOSUKE-KIKO

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  [シバルト]報復と破壊29 | トップ | [シバルト]報復と破壊31 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。