ice-coffee

ちょっとBlogお休みしております。
復帰時にはまたよろしくお願いいたします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「篤姫」44話

2008-11-02 20:21:22 | 大河ドラマ
「龍馬死すとも」

慶應3年11月15日(1867年12月10日)近江屋の2階で

とうとう坂本龍馬が暗殺されました。

一緒にいた中岡慎太郎も。

その時 おりょうさんは下関にいたようです。


薩土盟約  慶應3年6月薩摩藩討幕派西郷隆盛・小松帯刀と 
土佐藩公議政体派の坂本龍馬,後藤象二郎らの間に吉田屋にて結ばれたらしい~


大政奉還 慶應3年10月14日(1867年11月9日)Wikipediaより

慶応3年(1867年)10月9日に土佐藩が 将軍・徳川慶喜に大政奉還の建白書を提出し
それを受けて10月13日 慶喜は京都・二条城に上洛中の40藩の諸侯・重臣を招集し
翌10月14日 明治天皇へ上奏文を提出
10月15日(11月10日)、天皇は参内した慶喜に大政奉還勅許の沙汰書を授け、大政奉還が成立

なるほど~~~

龍馬が発案し それを土佐藩の後藤象二郎が煮詰めたらしい

二条城に召集された各藩の重臣の中に 薩摩藩上代家老・小松帯刀さんがいて 

慶喜に発言したのでした。。

龍馬は新体制での人事も考えていたらしい~~すごいな~

その案の中には小松帯刀はいるが 龍馬は役人は窮屈だといって自ら入れてなかった。
大きい人だわね。。




再来年の大河は【龍馬伝】

このあたりのことが出てくるでしょう~~楽しみですわん~

その時 小松帯刀がどれだけのポジションで表現されるか それも楽しみだわ。。 




吉田屋Wikipedia
 
坂本龍馬Wikipedia 
大政奉還Wikipedia
日本史の出来事一覧Wikipedia

家茂(松田翔太)のいなくなった大奥は寂しさに包まれていた。跡を継いだ慶喜(平岳大)は京にあり、薩摩長州との戦いに備えている。天璋院(宮崎あおい)は、主のいない大奥の危機をひしひしと感じていた。

一方、帯刀(瑛太)は西郷(小澤征悦)、大久保(原田泰造)とともに岩倉具視(片岡鶴太郎)の元にいた。岩倉は、幕府を武力で倒すべきと主張。それに同意する西郷と大久保に、帯刀は衝撃を受ける。帯刀は龍馬(玉木宏)から和をもって幕府を倒す大政奉還(たいせいほうかん)の策を聞き、その実行を決意。諸侯の集まる会議の席で、政治を幕府から朝廷へと返す大政奉還の意義を熱弁する。

慶喜が政権を返上するとの知らせが届いた大奥は動揺する。天璋院もどうして良いか分からない。そんな中、庭田嗣子(中村メイコ)が倒れ他界し、静寛院(堀北真希)は深い悲しみに包まれる。

帯刀は薩摩へと帰る数日前、龍馬と日本の未来について語りあっていた。しかし薩摩に帰った帯刀の元に届いたのは、龍馬暗殺の知らせだった。天璋院は勝(北大路欣也)から大政奉還の意味と、それに命をかけた龍馬の存在を知る。そして、ある決意を大奥の皆の前で語り始める…。

                        「篤姫」HPより

44話  渡邊 良雄    23.5  「龍馬死すとも」  
43話  岡田健      24.5  「嫁の決心」
42話  佐藤峰世    26.3  「息子の死」
41話  渡邊 良雄    24.2  「薩長同盟」
40話  岡田健      28.1  「息子の出陣」
39話  松川博敬    24.7  「薩摩燃ゆ」
38話  佐藤峰世    26.1  「姑の心 嫁の心」
37話  渡邊 良雄    26.1  「友情と決別」
36話  岡田健      27.7  「薩摩か徳川か」
35話  上杉忠嗣    23.3  「疑惑の懐剣」
34話  佐藤峰世    26.4  「公家と武家」
33話  堀切園健太郎 27.7  「皇女和宮」
32話  堀切園健太郎 26.4  「桜田門外の変」
31話  渡邊良雄    24.6  「さらば幾島」
30話  佐藤峰世    25.8  「将軍の母」
29話  岡田健      24.3  「天璋院篤姫」
28話  堀切園健太郎 26.2  「ふたつの遺言」
27話  堀切園健太郎 26.0  「徳川の妻」
26話  渡邊良雄    24.7  「嵐の建白書」
25話  渡邊良雄    22.6  「母の愛憎」
24話  岡田健      25.7  「許すまじ、篤姫」
23話  岡田健      24.8  「器くらべ」
22話  堀切園健太郎 24.8  「将軍の秘密」
21話  堀切園健太郎 24.4  「妻の戦い」
20話  佐藤峰世    24.2  「婚礼の夜」
19話  佐藤峰世    24.6  「大奥入城」
18話  渡邊良雄    20.9  「斉彬の密命」
17話  渡邊良雄    23.1  「予期せぬ縁組」
16話  岡田健      22.4  「波乱の花見」
15話  岡田健      23.7  「姫、出陣」
14話  佐藤峰世    22.3  「父の願い」
13話  佐藤峰世    21.6  「江戸の母君」
12話  渡邊良雄    23.5  「さらば桜島」
11話  渡邊良雄    24.7  「七夕の再会」
10話  岡田健      23.8  「御台所の決心」
 9話  岡田健      25.3  「篤姫誕生」
 8話  佐藤峰世    22.4  「お姫様教育」
 7話  佐藤峰世    21.6  「父の涙」
 6話  堀切園健太郎 22.7  「女の道」
 5話  堀切園健太郎 24.0  「日本一の男」
 4話  岡田健      22.7  「名君怒る」
 3話  岡田健      21.4  「薩摩分裂」
 2話  佐藤峰世    20.4  「桜島の誓い」
 1話  佐藤峰世    20.3  「天命の子」


Yahoo!テレビHP
演出チーフ:佐藤峰世
演出:渡邊 良雄  堀切園 健太郎  上杉 忠嗣  で今回の演出:渡邊 良雄

「篤姫」1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 
    15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 
    27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 
    39話 40話 41話 42話 43話
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋クールドラマ視聴率No.3 | トップ | なんやかんやドラマを見てい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
篤姫(11月2日) (今日感)
しばらくぶりのレビューです。
大河ドラマ 「篤姫」 龍馬死すとも (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
もう大政奉還ですか。 まぁ、時期的にはそうなんでしょうけど・・・。 展開がとても速いです。
篤姫・第44話 (ブルー・カフェ)
NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) (NHK大河ドラマ・ストーリー)宮尾 登美子,田渕 久美子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る 遂に龍馬退場・・・ってほど登場しませんでしたがね。こんなに龍馬が「軽い扱い」のドラマも珍しいなあ...
【篤姫】第四十四回 (見取り八段・実0段)
大政奉還幕府は政権を都に返し、一大名となる。公国の安泰のため徳川のお力を!小松帯刀の力説により、慶喜は大政奉還を決意した。しかし、岩倉・西郷・大久保など倒幕を目指していた人々の中では不満は大きく残り、朝敵として徳川を倒す方向に動き始める。そんな中、大政...
篤姫 第44回 大政奉還 (レベル999のマニアな講義)
『龍馬死すとも』内容慶喜(平岳大)が将軍となり、京にとどまり続けたため、将軍のいない江戸・大奥もまた寂しい限り。本寿院(高畑淳子)らが、何とか盛り上げようと必死ではあるが。。。。当の大見台所・天璋院(宮崎あおい)は、徳川宗家を継ぐ者として田安亀之助を呼...
篤姫44 西郷ドンもダークサイドに堕ちたのか? (ぱるぷんて海の家)
本日の篤姫、大政奉還とか薩土盟約とか船中八策などなど、おおよそホームドラマには似つかわしくない難しい言葉が乱れ飛んでおりましたなぁ。 ここにきて いきなり幕末史専門用語が飛び出すとは! 大奥などは篤姫を始め、大政奉還で国家云々よりも、「大奥が無くなれ...
篤姫#44 (MEICHIKUなんでもぶろぐ)
今回は「誰が主役なのか?」ということを感じさせた物語でした。激動の時代で次々と大きなことが起こるだけに、そのいずれもじっくりと描こうとすれば、それだけで終わってしまうだけに、「篤姫」らしい展開だと言うことも出来るが、それだけ史実では大きなことが集まった...
NHK大河ドラマ第44回「篤姫(竜馬死すとも)」 (よく考えよう)
今回の命題は「大政奉還」だ。 そして、それを受けて天照院が徳川宗家と大奥を守る決意をした事だ。
大河ドラマ「篤姫」第44回「龍馬死すとも」 (真田のよもやま話)
かなりのニコヤカさんで好感度も高かったんですけど、とうとう本日お別れですか、龍馬殿。龍馬死すとも、し、死すとも嗣子は死なず・・・かと思ったら、こちら様も?うわあ・・・いろいろ寂しくなるばかり。年も末だし世も末だみたいな悪寒がいたします。ヘクチッ{%顔モジ...
【篤姫レビュー】龍馬死すとも (必然的なヒストリー)
今回は坂本龍馬暗殺、庭田の死、大政奉還と盛り沢山の内容でした。前回、慶喜が15代将軍に就任したと思ったら、もう大政奉還ですか。何回も言ってますが、この展開の早さは何なのでしょうか?で、本題。大奥では何かのイベントが始まってました。本寿院が雑用をさせられ...
篤姫 第44回「龍馬死すとも」! (バレルオーク日記)
篤姫 第44回「龍馬死すとも」!<大政奉還!>「公方様のお姿が見えない大奥など、月のない夜も同じ事」寂しさに包まれていた大奥ですが、その存在意義には?が付きます。「伏見の寺田屋に・・」帯刀と龍馬に身に危機を感じましたが、このときは何事もなく両名とも無事で...
大河ドラマ:篤姫第44話「龍馬死すとも」 (山南飛龍の徒然日記)
帯刀と龍馬の為の回でしたね。ついに、坂本龍馬が暗殺されてしまいました。今作の龍馬は帯刀の目から見た龍馬という位置づけのようですから、龍馬の描かれ方は淡泊な印象もありますが、そのぶん帯刀との関係性という意味では面白く観られたように思います。一方の帯刀。武...
「篤姫」第44回 (日々“是”精進!)
第四十四回「龍馬死すとも」家茂の姿が消えた大奥は寂しさに包まれていた。跡を継いだ慶喜は京都にいて、薩摩・長州勢との戦に備えている。天璋院は、主のいない大奥の危機を感じる。一方、帯刀は西郷や大久保と一緒に岩倉のもとを訪れていた。幕府は武力で倒すべきと主張...
篤姫 第44回「龍馬死すとも」 (平成エンタメ研究所)
★篤姫最大の見せ場  天璋院(宮崎あおい)は静寛院(堀北真希)、本寿院(高畑敦子)らを前にして言う。  「私は大奥と徳川家を守る。形勢や人に流されることなく一命を賭して私は戦う」  これに答えて静寛院。  「母上様、私は徳川に嫁いだ身、母上様と共に戦う覚悟...
大政奉還か倒幕か!! (函館 Glass Life)
混乱の中、慶喜が15代将軍になりました。 念願の将軍就任ですね{/abanzai/} それもつかの間 妖怪・岩倉具視が切り出した武力による幕府追討{/v/} 驚いた小松帯刀ですが、まさか西郷と大久保まで同調 するとは{/cat_7/} 帯刀は武力行使を伴わない解決法を探っていた様です...
「篤姫」第四四話 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ~ドラマ編(仮))
倒幕と大政奉還と龍馬暗殺。 第四四話『龍馬死すとも』
篤姫 四十四話 (Simple*Life)
を見た。 慶喜が将軍になって、西郷と大久保は幕府を倒さねば この世は変えられないと思うようになってくる。 一方で、坂本と小松は将軍に朝廷へ政治の一切を任せるように 説き伏せることで、幕府との戦いを回避しようとしていた。 そこに西郷たちと小松たちの意見...
『篤姫』第44回「龍馬死すとも」 (strの気になるドラマ 気になるコト)
2008年『篤姫』第44回。。徳川慶喜第15代将軍就任。武力倒幕へ。それを止めようとする小松帯刀と坂本龍馬は、慶喜に大政奉還をさせようと。。気分がすぐれそうな庭田。。田安亀之助と面会する天璋院。。 倒幕を画策する岩倉。。 そして大久保。。 西郷は無言。 帯刀...
篤姫第44話「龍馬死すとも」 (さくら色通信)
篤姫見ました。今回の歴史的大事件は「大政奉還」。大奥の中の世界しか知らない篤姫達、大奥のご婦人方にとっては徳川家・大奥が無くなってしまうの?じゃあ私達はこれからどうなるの?もしかして戦が始まる?…といった感じで大事件でした。。。私的には篤姫と龍馬は大河...
篤姫~龍馬死すとも (うさうさ日記)
NHK大河ドラマ「篤姫」第44話~龍馬死すともああ、今回は龍馬だけではなく庭田さんまで・・・庭田さんあっさりでしたが。和宮は江戸に来てたった5年で親しい人がたくさん亡くなったんですね、こりゃぁ和宮にとっては「江戸なんて大嫌い」って思っても仕方ありません...