しばのずしょりょう

読んだ本などの感想をひたすら書く所。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

匂いをかがれるかぐや姫

2007-10-31 23:59:59 | その他
匂いをかがれる かぐや姫 ~日本昔話 Remix~匂いをかがれる かぐや姫 ~日本昔話 Remix~
原 倫太郎 原 游

マガジンハウス 2006-11-22
売り上げランキング : 2271

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

原倫太郎作「匂いをかがれるかぐや姫」を読む。

「一寸法師」「かぐや姫」「桃太郎」の誰でも知っている3話の昔話を
翻訳ソフトを使って英訳し、その英訳文をソフトを使って、さらに日本語に
再翻訳したものを掲載した本。

いやー、くだらない。いやー、面白い。
めっちゃふざけてる本やねんけど、目のつけ所が素晴らしい。
ネットをしてて、たまに翻訳ソフトを使うことがあるけど、使うたびに
何でこんな意味不明な文章やねんやろう・・・と思うことが度々あった。
こんな面白い遊び方があるなんて思ってもみなかった。

一寸法師→少量法律助言者、かぐや姫→匂いをかがれるとすぐに、プリンセス、
桃太郎→桃タロイモって!!これを見てるだけでも、笑えてくる。
特に「かぐや姫」が面白かったかな。満月が何故か尻に訳されているので、
何だかとんでもないことになっていた。

ちゃんと翻訳されてるはずなのに、再翻訳すると全く違う意味になっているのが
面白い。擬音(どんぶらこ・・・とか)の訳され方も笑える。
聞き飽きた昔話が新鮮に感じるなぁ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 藩校早春賦 | トップ | ソロモンの犬 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。