マジカル・ミスってるツアー

MMT社
ビョンホンと賢太郎と山Pとするめイカ面達と水どうと猫の非常識の中の常識的日常(2017現在)

志の輔らくご・牡丹灯篭

2017-07-31 10:07:28 | 映画・本・DVD・CD他



久しぶりの志の輔落語である。

このところ、まったくチケットが取れない志の輔らくごである。

唯一取れるのがこちら、本多で行われる「牡丹灯篭」である。

今年で10年目だそうだ。

ma-ちんは2回目、ばばは6回目の演目である。

しかし、志の輔さん曰く

「多分、この先もこちらで、牡丹灯篭やると思います。大丈夫、来年の今頃は話忘れてますから、私がそうなんですから・・ね」


同じ話であっても、その時の体調やその場の雰囲気で、だいぶ変わる。

今回の志の輔さんは、とても歯切れがよく、楽しめた。

3時間ちょっとい云う時間が、あっという間に過ぎていく。

誰かさんの舞台と違って、食事をたらふく取っても、眠くなるなんて事は、一度もない。


やはり、上手なんだなあ。


ma-ちんの邪魔をするさっちゃん






ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時空を越えた邦画三作品 | トップ | 8月のさつき »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
行灯の油はいかが? (yo-ちん)
2017-08-03 16:45:42
あれ?さっちゃんのしっぽな、なんか前と違って 整ってない?

ポスターの文字が素敵。

・・・芸を極めるってすごいことだね。

噺家の話芸、口だけでチケット売れちゃうんだもんね。

美容師さんが手だけで身を立てるみたいに。

・・・口だけじゃねえよ!

・・・手だけでもねえよっ!!

ーーーだけど自分にない才能、尊敬します。

コメントを投稿

映画・本・DVD・CD他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。