マジカル・ミスってるツアー

MMT社
ビョンホンと賢太郎と山Pとするめイカ面達と水どうと猫の非常識の中の常識的日常(2017現在)

雲が描いた月明りとトッケビ

2017-07-13 13:51:41 | 映画・本・DVD・CD他
まず、初めに、韓国ドラマ[雲が描いた月明り]である。

主役は、[1988応答せよ]でテク役だったパク・ゴモム君。



いつも眠そうで、ヨーグルトの蓋も開けられない、お箸も上手に使えない、しかし天才碁士の役だった彼である。

身長も180センチ以上あるのに、あまりにガリガリに痩せている為、全然大きく見えない。

しかし、母性本能は、くすぐられてしまう、何とも謎めいた役であった。



その彼が、今度は王子様。

しかも、相当のツンデレ王子。

そして、おんぶも、だっこも軽々出来る。

むーーーーん、たまりません。






そしてもう一作。

yo-ちんからお借りしている[トッケビ]。



久しぶりの体がでかい爬虫類顔コンユの作品を見る。

こちらのドラマ、映像が誠に美しい。

話の内容も鬼や死神等出てきて、ファンタジー満載。


この二作品、昨年度の韓国ドラマなんたら大賞の候補作品で、トッケビが大賞を取ったとか。



まだまだ、韓国ドラマ捨てがたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食事作り | トップ | 江の島猫記07/16 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
当たりドラマ♪ (yo-ちん)
2017-07-18 16:02:09
・・・やっぱり、ツンデレよね。

いろんな時代や舞台、設定、俳優あれど、ツンデレ1番(笑)


「美しき日々」「宮」「花男」殿堂入りのツンデレたち 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。