マジカル・ミスってるツアー

MMT社
ビョンホンと賢太郎と山Pとするめイカ面達と水どうと猫の非常識の中の常識的日常(2017現在)

志の輔らくご・目黒パーシモンホール

2017-10-18 09:24:34 | Weblog
昨日の目黒パーシモンホールでの演目





3時間ちょいと長い時間なのに、全然辛くない。

志の輔さんの言葉の魔法に今回もやられる。


「バールの様なもの」は、ラーメンズのネタの様な内容で、ma-ちん好み。

「バールの様なもの」とは、「バール」ではない。

つまり、ハワイの様な熱海だったり、山Pの様なリダだったり、女の様な男だったり・・・つまり、「~の様なもの」とは、それ自体ではない・・という隠居の話を鵜呑みにして、銀ちゃんは奥さんに「彼女は妾の様なもの」と大見えを切り、奥さんにバールの様なものでおでこを殴られる・・・と云う話。


今回のまくらで、選挙の話をしていた志の輔さん

志の輔「あのさあ、テレビの開票速報ってさあ、番組始まってすぐ[当選確実]出ましたとか云うじゃない。まだ5%しか開票されてないのに。変だよね。95%残ってるじゃん」


ma-ちんもそこ不思議でならなかった。いくら出口調査してたって全員にした訳じゃないのに、なんで即、[当選確実]が出るのだろう。

志の輔「でね、お友達の数学者秋山先生の聞いたことあるの。先生統計学が専門なんだって、でね、先生曰く[志の輔さん5%で99%決定するの。本当に。納得出ない?じゃじゃじゃ、分かるように例を上げるね。大鍋に味噌汁作って味見をどんぶりでするかい?
小匙一杯だろう。それと同じだよ]」

なんだか、納得した様なしない様な。

志の輔「でさあ、今回出口調査で聞かれたら、嘘答えてやろうよ。結果は同じだけど、テレビ局が慌てふためく姿面白いと思うよ」


もう、ずーーーと聞いていたい志の輔さんの話。

これじゃあ、チケット取れないのは仕方がないなあ。

最後は、ばばと二人、地方公演追っかけるか!!


ご馳走様。



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

小林賢太郎・カジャラ3 働けど働けど

2017-10-16 09:31:35 | 小林賢太郎・(有)大吟醸
賢太郎の公演日程でました。

2018年2月28日~3月11日 横浜 KAATホール

2018年4月11日~4月22日 東京 芸術劇場


チケット売り出しはまだですが、東京を取るには、またまた至難の業になるでしょうね。

yo-ちん、計画立てましょう。

働けど働けど、我が暮らし 楽にならざり ぢっと手を見る・・ってかっ!!




働いて働いてその後の暮らしについて、新聞記事を目にする。

男性は、図書館通いにいそしむ。

まず、朝一番に並んで良い席を確保し、全ての新聞を隈なく読む。

しかし、そこでイザコザが起きるらしい。

男A「皆待っているんだから、早く読んでくれ」

男B「早く読もうがゆっくり読もうが、私の勝手だろう」

男A「君はさっきから株の欄ばかり見ているじゃないか。常識的に考えて行動したまえ」

男B「私がどこを見ようと大きなお世話だ!!」

てな具合らしい。

しかし、図書館全てに起きている訳ではなく、東京辺りの図書館は勉強メインの学生がほとんどで、老人ホーム化しているのは、地方の図書館限定だそうだ。

男性は、行き場がないらしい。


女性達はと云うと、スポーツジムに朝から夕方近くまでいるらしい。

ジムの特典で、先着順で全てのコースに参加できる為、ヨガ、ハワイアン、バレエ、ダンス等等はめちゃくちゃ人気で、これまた、朝から並んで大騒ぎらしい。

って事は、列の途中で友達が入って着たりで、こちらも争いの種は絶えることはない。

いくつになっても、仲間を作り、その中でイジメは発生し、嫌な思いも多々ある。

それでも、仲間に入りたく、お風呂とサウナを使えれば、辛い事も我慢らしい。


は~~~、ため息しか出ん。


さてさて、働き盛りの賢太郎君は、どんなメッセージを残すのか、楽しみです。





コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

さつきのご飯

2017-10-12 11:30:49 | 
さつきである。

血便が常に出ている状態が続き、原因は痔である事は分かっているが、どうにか良くなる方法はないものか・・と考えた結果、餌を変えることを思いつく。

そして、かの有名な[シンプリー]を購入。

サーモンメインと云う事でこちらを取りあえず取り寄せて食させる。

初めから、食いつきがよく、わりわり食す。

おおっ!!こりゃあ、もしかして、ひょっとして調子いいか・・・と思っていたのは一日だけ。

次の日の明け方、大量に嘔吐。しかも四回も。

ぐったりして、何も食べず。水も飲まず。



こりゃあ、困った。

一日様子見て、ウエットタイプの今まで食べていたご飯を少し食べ始める。

その後、体調は戻ったが、[シンプリー]は一切食べなくなる。


maーちん家には高価なこちらの餌、江の島の猫達にたらふく食べて頂きました。

なんだか、微妙・・・。


さっちゃん、猫餌にすぐ飽きる。

毎日でも食べていられるのは、人間の食べている焼魚とかおさしみとか煮干しとかお煎餅とか海苔。

全然駄目じゃん!!


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

この季節の始まり

2017-10-02 14:00:40 | Weblog
10月になりました。

今年もあと3カ月。

この間、夏だったのに・・ね。

ゆっくり秋を満喫しよう・・と思うけど、うーーーん、秋アレルギーで鼻水が、パッキン壊れた蛇口状態。

急に風の香りやら、温度やら、湿度やら・・兎に角様々な変化に、鼻のみが敏感に反応する。

不思議な体だ。


鼻にティッシュをねじ込みながら、この時期恒例の、チクチクチクチクを開始。

先週のリサの水色の猫に触発される。



なんと、ばばも同じ事を考えていた。

やはり、母と娘、似ている。


マナミ「また、しょうもない、OKストア用パック作ってる」


こいつは、愚息だか、まったくma-ちんと似てない。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

楽しい事いっぱい

2017-09-25 10:00:41 | 映画・本・DVD・CD他
週末、銀座松屋にて[リサ]を見に行く。

今回は人間をメインにした陶器が主で、あっという間に見終わるが、グッズ売り場で大量の時間を有した。




ありとあらゆる物に、リザの可愛い絵が施されていて、ずーーーと見ていられる。

そして、全て欲しい・・・処ぐっと我慢してチケット入れを購入。

ばばは、普段使いのノート、来年の手帳、ブローチ・・他色々購入。


その後キムラパン屋にて昼食を取り、本日のメイン落語へ。




志らくと談笑二人が一気に見れるこちらは、誠にお得。

楽しゅうございました。


こちら、さっちゃん。

寒いから布団かけて寝てるの図


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

コードブルー3 最終回

2017-09-20 09:06:13 | 映画・本・DVD・CD他
「藍沢!!立て!!立つんだ!!」

のma-ちんの切望通り、瓦礫の中から自力で立ちあがった藍沢先生ではあったが、何だかくすっ!!と笑いが止まらないのは何故だろう。(時間を置いて考える処、演技が下手くそで緊迫感がまるでないから)




まあ、いいや。

瓦礫に埋まってしまったのは、藤川先生の方で、彼酸素マスク付け怪我してるのに、山Pより台詞がよく通る。

うーーーーーーぅぅぅぅぅ。

相変わらず山Pだけ、台詞がぐじゅぐしゅしていて、何を言っているのか聞こえない。

他の役者さん達が上手な分、「君本当に必要な存在なの?」と辛口になってしまう。

映画にもなるらしいけど、誰かきちんと山Pに助言して欲しい。

「下を向いてしゃべると、君の台詞はまったく聞き取れないんだよ!!」って。


それにしても、緋山先生役の戸田さん・・・成長したなあ。座布団3枚!!

ma-ちん家では、彼女の事を「スペック」と呼んでいる。

ちなみに、白石先生役新垣さんは「リーガルハイ」。



マナミ「コードブルー、映画になるんだって?母、よっちゃんと見に行くの?」

ma「微妙だなあ。字幕付いてないから」

マナミ「オレ、DVD待ち決定」


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

コードブルー3

2017-09-14 11:15:12 | 映画・本・DVD・CD他
今週の「コードブルー3」は、「コードブルー1」の黒田先生が腕を無くすシーンと同じ?


シリーズ3が始まってから、シリーズ1と2を見直しているma-ちんです。

今週の終わり方は、ヒドイ。

黒田先生の「現場安全確認が取れるまで医者は安易に現場に入るべからず」の教えが全く生きてないじゃないか!!

これでは、シリーズ化する意味がない。

脚本家が違うなんて理由では、まったく納得出来ないなあ。

最終回に伴い、大いに膨らませまいのは分かるけど、シリーズ3において現場で医者が駄目になるケースが無駄にあり過ぎ。

危機管理がまったく出来いない、おバカの集団じゃん!!

なんだかなあ~~。

もう少し威厳を持った医者を見たいよ。実際の話はいいからさあ。


シーズン1で藍沢先生が言った台詞

藍沢「外科医は一番じゃなきゃ意味がない。誰が2番3番の医師に自分の命を預けるんだ?だから俺は勝ち続ける」

藍沢!!コンクリートをひっぺはがして、自力で帰って来い!!

ma-ちんはそんな強靭な藍沢先生を切に願う。





コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ボブをやってみる

2017-09-12 10:53:48 | 
モトネタ



真似
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ボブという名の猫&9/10江の島

2017-09-11 11:53:38 | 映画・本・DVD・CD他
「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」鑑賞。

そして、yo-ちんから原本をお借りする。




世の中には、賢い猫がいるなあ。

映画の中のボブはめちゃくちゃ可愛い瞳で感情を表現していて、誠に演技上手。

猫が大好きで、猫の気持ちを自称理解できると思い込んでるma-ちんには、心がじんじん痺れる映画であった。


ハイタッチできるボブに、肩に乗ってくれるボブに、トイレで用をたすボブに、ハーネス付けてバスに乗るボブに、自転車の籠に乗るボブに・・・・存在するボブ全てに嫉妬と羨望の眼差しをおくる。


幸せのお裾わけありがとう。




猫の話ついでに、日曜日の江の島。

太郎と久しぶりに会う。

歯がまったく無くなり、餌を食べる事も難儀な状態、がりがりに痩せてしまっていた。



今年の冬が越せるだろうか・・・。

太郎の事を思うと涙が出てくる。

野良猫の性だが、それだけの括りでは、納得出来ない自分がいる。

この世の全ての猫が幸せに過ごせますように。

君達のお陰で、頑張れる人間がいる事を、ここに証明します。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

さつきと夫

2017-09-08 10:45:53 | 
結婚する時、夫に言われた事がある。

夫「ボクは、動物が嫌いだ」


ma-ちん、生まれてからずーーと猫・犬・兎・鳥・・・に囲まれて生活していたので、彼の言わんとしていた事が理解出来なかった。

一緒に生活し始めて「はは~ん。ペットを飼う事を拒否したんだ」と理解した。


なので、仕方ないから、家の回りをうろつくノラ猫にせっせと餌をやり懐かせ、少しづつ家にも入れの生活をおくっていた訳だが。

そんな夫が歳をとって性格が変わったらしく、飼い猫OKの意思表示を見せ、只今、さつきがいる。


昨夜・・。

さつき「なお~ん。なお~ん。なお~ん」

ma「さっちゃん、今、母ご飯作っているから、相手出来ないでしょ。マナミ兄に遊んで貰いなさい」

さつき「なお~ん。なお~ん。なお~ん」

ma「マナミ!!さっちゃん鳴いてるから、遊んであげなさいよ。あなたの猫でしょ!!」

マナミ「・・・(ばっくれて携帯をいじっている)」

さつき「なお~ん。なお~ん。なお~ん」

ma「さっちゃん、うるさい」


夫「さっちゃん、お父さんの処へおいで、さっちゃん」

さつき「なお~ん。なお~ん。なお~ん」

夫「母に怒られたの?そうかそうか。飯が不味いの?。そうかそうか。おんもに出たいの?。そうかそうか。またまぐろが食べたいの?そうかそうか。撫でて欲しいの?そうかそうか」


完全に過保護のカホ子状態である。


実父もよく、夜中にお酒を飲みながら、ちゃうちゃう犬のアリンダとお喋りしていたなあ。


父親達の哀愁の「あ」の字が、ちょっと見え隠れする9月の夜である。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加