シチリアに行きたい、、とモンタルチーノ

2008年6月14日~6月22日シチリアとモンタルチーノに行った旅行記です

2016年12月7日 アヴィニヨンからマルセイユへ ~女子練習

2016-12-24 15:15:40 | 旅行
お庭を眺めながら優雅な朝食。GPF観戦前の貴重なまったりタイムです。


エレガントな朝食会場です。まだ早いせいか(8時は過ぎてますが、、)私たち以外誰もいません。


素材の良さそうなものがずらりと美しく並べられています。


ジャムなど果物加工品の種類は特に豊富、甘さ控え目果実感いっぱいで美味しかったです。連泊して全種類制覇したかったなぁ。まぁ私にとっては一泊だからこそ泊まれる高級ホテルなのですが、、


朝から生ハムもいただきます。


絞り立て粒々グレープフルーツジュースと急にマイブームになったしっかりゆでたユデタマゴ。パンはどれでも美味しい。それから右上にある小さなバター入れ、かなり欲しいです。日本でどこかに売ってるかなぁ。。


さてお部屋に戻って出発の準備。今日も空が青い!


お庭にたわわと実っている柿はホテルのいろいろな箇所の素敵なディスプレイに活躍していました。


昨日仕入れたぬいぐるみたち。これはお土産じゃなくてスケーターさんへのプレゼント用。スケーターさんたちはぬいぐるみいらないんだろうとおもうのですが、素晴らしい演技をみせてもらうとスケートリンクに投げたくなっちゃうんです。ぬいぐるみたちのその後は寄付されるようなのでどこかで誰かが気に入ってくれればなぁ。
ちなみに右側がウサギの着ぐるみをかぶったクマ、こちらはカナダのペア、ジュリアンちゃんへ、ラベンダーのウサギは、、同色(紫)のクレイジーの方へです。プロヴァンス名物のラベンダーの香りもします。


さて名残惜しいホテルですがマルセイユへ行かなければいけないのでチェックアウトし、駅までのタクシーをお願いします。ホテルから近いアヴィニヨンサントル駅までとおもっていたのですが、当然のようにアヴィニヨンTGV駅までですよねと云われ、、はい!といってしまう気の弱い日本人です(笑)
待ち時間、最後の写真タイム。


ロウソク立てや花瓶、天使の極薄の白い陶器達が売っていました。お土産に欲しかったのですが旅の途中、割ってしまいそうなので断念。あっお高いってこともあり。。


まさに木製のツリー。これも欲しかったなぁ(非売品)


アヴィニヨンTGV駅までのタクシーは25ユーロ。スーツケースを考えれば全然ありでした。途中ローヌ川の木々が冬に朝日を浴びた景色がとても美しく、、朝散歩すればよかったなとちょっとだけ悔いの残るアヴィニヨン再訪でした。


TGVに乗ってマルセイユへ。30分ほどで到着です。


マルセイユ駅に到着。治安が悪いと云われるマルセイユ、いきなり人も多くなって緊張します。ここでスーツケースをもったまま写真撮るのは危険ということで写真を取らなかったので(←用心しすぎだったかも^^;)以前行った時の写真はこちら、美しいバルコニーをもつ駅です。
駅から旧港沿いにあるホテルまではタクシーで。途中ホームレスのような方がいっぱいいる場所もあり怖いところに着ちゃったかも、、とおもっていたのですがそのエリアを抜けると雰囲気が一気によくなり安心、さらに観光地っぽくなってきたところでホテルに到着。


チェックインしてお部屋に入れるのは13時ぐらいってところまではいつものやりとりで問題なかったのですが、何故かランチの予約のことを訊かれます。えっ、ランチの予約なんてしてないし、そもそもこのホテル、レストランないよね、と???しているとスタッフの方がなんと日本人女性スタッフの方を呼んでくれました。まさか日本人女性がいるとは思わなかったのでびっくり。しかもとってもナチュラルな感じの良い方。よくよく話してみるとなんと私が明日予約したレストランからの確認の電話がホテルにかかってきていてそのことだったのです。そういえばレストラン予約するとき滞在ホテル書いてたんだったorz..無事コンファームまでしていただけることになりました。


なかなかスタイリッシュなホテルです。


ツリーも可愛い。そしてきっとスケート仲間的な日本人にいっぱい会います。


さて、タクシーを呼んでもらいます。会場であるとオムニスポールへ行きたいと伝えると「これ観に行くのね~」って手をハの字にすいーすいーとさせた女性運転手さん、すごい気さくです。ちなみに会場までは迎車代を入れても15ユーロ、ホテル近くにタクシー乗場がありそこから乗ると更にお安かったです。治安がちょっと心配だったマルセイユ、ぼったくりとか怖いタクシーを心配していたのですが、どのタクシーもフレンドリー、しかもだいたい半端なお金(1ユーロ以下)はいらないとおまけしてくれることが多く逆に驚いちゃいました。
さて会場に到着!まずは、いかにもセキュリティって感じの強面の男性によるセキュリティチェック、早速ペットボトル没収されますorz...


まずは練習チケットの購入場所を探します。バルセロナのGPFでは予めネットで購入できたのですがマルセイユでは当日現地売りとのこと。まぁ今日は試合もないし大丈夫だろうと思っていたのですがそこそこ並んでます。もちろんほぼ日本人(笑)。2列に分かれて並んでいるので理由を聞くと試合の日の練習チケットを買う列とエキシビジョンの練習チケットを買う列に分かれているそう、、ってエキシビジョンの練習見れる!?それはまったく想定外だったのでテンション上がります!まずは下のようなカード状の日別の練習チケット(左から4枚)を買ってエキシビジョンの練習チケット(紫)列に並んで「待ちます」。「待ちます」というのは、なんと練習チケットの印刷が間に合っておらず、印刷できた分をバックヤードからもってきて販売、それが売り切れるとしばらく販売休止、、という状態だからです。なぜ初めから用意しない、というか何もカードにしなくてもいいのに、っていうかネットであらかじめ売っとけばいいのに、しかも1日目と3日目の色ほぼ一緒とつっこみ所満載。こんなに練習チケットが売れるとはおもってなかったのかな、日本人フィギュアファンパワーをどうやら甘くみてたな(笑)これからGPFを開催する運営者は事前にNHK杯とかでOJTすることを提案します!
私たちがすんなり買えた練習チケットもどんどん売り切れ状態になり、、みんな待ち状態。チケットオフィスのおばさまは頭かかえます。。
やっとエキシジョン練習のチケットがバックヤードから運び込まれてさぁ買える!と思ったらなんか1人で大量に買う方や別列の人まで買っていしまって、私たち達の番になって「2枚ください!」っていうと残っていたのは1枚のみ、すまなそうに「ごめんなさい、2,3分待って」って云われたので、しばらく待っていると、、とりあえず今日は今日と明日の分を先につくって販売する、明後日以降の分は金曜日販売するってことに。まぁごもっともですがため息。


気を取り直して会場へ。おもったよりこじんまりとしたどこからでも見やすそうな会場です。キスクラに近いジャッジ側ゴールド席の一番後席を陣取ります。リンク近いし見やすい!!改めてリンクフェンスの上にアクリル板なくてよかったと安堵。背もたれはないのですが意外と座りやすい椅子でした。


ダンス前半組の練習は間に合わず、後半組の練習がはじまっていました。美しいマディソン・チョック/エヴァン・ベイツ組です。


シブタニ兄妹。見やすいと思ったけどジャッジ側は中央に近いほど出っ張ったテレビカメラ席で死角もありそうなことも確認。


なんかアレックスかっこよくなってる。。


マディソンさん、かっこいい。会場内もふらふら歩いてて(笑)きれいでしたが意外と小柄だった。


もう一人のマディソン、ハベル/ダナビュー組。



さて女子の練習。この日はロシアン女子全員欠席でなんと2人だけの練習!


キュートなケイトリン。


ジャンプのかっとび度がすごくて近くで飛ばれるとおもわず後ずさり?してしまいそうなほどの迫力。NHK杯からすっかりファンになってしまいました。


そして安定安心の宮原さん。水色の衣装がキラキラしてきれいでした。いつものように調子良さそうです。がんばれさっとん!!


さて、いよいよ男子の練習がはじまります!
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年12月6日夜 アヴィニヨン | トップ | 2016年12月7日 マルセイユ ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
練習風景 (マンマ♪)
2016-12-26 23:04:14
TVでしか、見たことがありませんが、生は迫力があるんでしょうね。

ファンならではの視線を感じました !!

ぬいぐるみちゃんは、意味があったのですね。
知らなかった〜

練習の時は、席は自由なんですか?
見放題ですね
Re 練習風景 (icchu)
2016-12-30 23:53:49
ちょっとファン過ぎちゃってお恥ずかしい^^;
でも、生は迫力あります。スピード感すごいです。
席は自由なんでいろんな角度から見れて楽しいですよ♪

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。