あなたが望む人生を生きるには、成功を収めるには、効果的な戦略が必要になります。

変化は物事が何を意味しているのかを理解し、それに対してどう行動するのか、揺るぎない決断をした瞬間に起こります。

塩分の取り過ぎに注意

2017-04-20 06:17:37 | 心と体
「塩分の取り過ぎに注意」を耳にすることがあると思います。




どのくらいの塩分量が適切なのかまとめてみました。




過剰な塩分摂取が高血圧症や脳卒中を引き起こすことはよく知られていますが、胃がんの原因になっていることはご存じでしょうか。




1950年代に東北地方で行われた調査によれば、1日の塩分摂取量が25グラムもあったそうです。




当時、日本人の死亡原因の圧倒的な第1位は脳卒中でした。




その後、日本人の塩分摂取量は徐々に減り、最近では約10グラムといわれています。




これに呼応するように過去50年間で脳卒中による死亡率も10分の1にまで減少しています。




また同じ時期、胃がんによる死亡率もほぼ5分の1になりました。




減塩は海外でも進められています。




北欧フィンランドでは国を挙げての減塩運動が行われました。




30年の歳月をかけて国民の塩分摂取量を平均6グラム減らすことができ、結果的に血圧が10ミリHgほど低下したそうです。




米国農務省は多数の調査データをまとめた上で、1日の塩分摂取量を食塩に換算して1日6グラム以下に抑えるべきだとしています。




これを実現するための生活の知恵をまとめておきましょう。




まず食品は、生の素材から自分で調理することです。




缶詰やレトルト食品を買う際は、ラベルで塩分含有量を確かめてください。




出来上がった料理にしょうゆやソース、マヨネーズなどをかけないこと、外食でそばやラーメンを食べるときはスープを全部飲まないことです。




1日12グラムぐらいが最適としているデータもあり、極端な減塩は避けたほうがよいと思います。




Mind Studyのホームページ


http://mindstudy.life.coocan.jp/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 肝障害に期待の新薬 | トップ | 食事会 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。