あなたが望む人生を生きるには、成功を収めるには、効果的な戦略が必要になります。

変化は物事が何を意味しているのかを理解し、それに対してどう行動するのか、揺るぎない決断をした瞬間に起こります。

うつ病自覚、受診まで半年超35%

2017-07-12 09:42:11 | 心と体
うつ病の症状を自覚した人の35%は医療機関を受診するまでに半年以上かかり、そのうち46%は「頑張りや気の持ちようで解決できる」と思っていたことが製薬会社、日本イーライリリー(神戸)の調査で分かった。




うつ病と診断され、現在は社会生活に復帰しているか、復帰に向けて準備をしている20~60代の男女に昨年11月、インターネットを通じて質問し、計517人から回答を得た。




受診までに半年以上かかった181人に理由を複数回答で尋ねると「頑張りや気の持ちよう…」に次いで「性格の問題と思った」が35%、「疲労が原因で、少し休めば解決すると思った」が32%、「受診に抵抗があった」が28%と続いた。




診断前の認識を問うと、回答者の60%は「自分がうつ病になる可能性があるとは思っていなかった」と回答した。




周囲に伝えたかについては、配偶者にも伝えなかった人が11%、親に伝えなかった人が31%いた。




職場の人には43%が知らせていなかった。




回復に役立った周囲に人の行動では「普段通りに接してくれた」ことがトップだった。




Mind Studyのホームページ


http://mindstudy.life.coocan.jp/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子どものADHD | トップ | 不適切な使用目立つ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。